【平べったい魚?】ヘダイ(平鯛)の名前から考える魚の形

魚介類

「ヘダイ(平鯛)」とは、マダイと同じ「タイ科」の海水魚。

聞き慣れない名前だという人は多そうですが、海釣りや食材として、ヘダイと触れ合う機会は世の中に一定数あるでしょう。いつの日かバッタリ出くわすかもしれませんよ。

とは言えマイナーな存在であるのは事実。

ヘダイは、味も歩留まりも非常に良いのですが、認知度が低い為に味のポテンシャルに見合わず、お手頃な価格設定で市場に並んでいる場面をよく見かけます。

味が良いのに、認知度が低く、値段も安い。

何がマイナスポイントなのかと考えたら、名前でした。

「ヘダイ」と聞くとなんだか間の抜けた名前に聞こえてしまいます。

漢字では「平鯛」と書き、口が「へ」の字のようだからとか、平べったい魚だからだとかの説がありますが、どうしても「屁」を連想してしまうのは僕だけではないのでは。

そう考えると、顔つきまで三枚目というか、コミカルな顔に見えてくるから不思議なわけで、もっと良い名前はなかったのでしょうか??

そもそもの「ヘダイ(平鯛)」の意味についても深堀りする必要がありそうです。

スポンサーリンク

ヘダイ(平鯛)は平べったい?魚の名前と形の話

しつこいですが、「ヘダイ(平鯛)」と命名するしか選択肢はなかったの?

標準和名はその魚の代表的な名前となるので、とても重要なはずです。あきらかに「ヘダイ」の名は失敗である気がしてなりません。

そこで、勝手に「ヘダイ」に変わる名前を考えてみました。

決め方は簡単で、ヘダイの地方名の中から良さそうなものをピックアップするだけ。

ヘダイに限らず、日本において魚に複数の名前があるのはごく当たり前のことであり、その多くは地方名です。

日本では、同じ魚なのに地域が変わると違う名で呼んだりするのです。

ともあれ、「ヘダイ(平鯛)」に変わる素敵な名前を勝手に選んであげました。

ヘダイよりも「シロダイ」の方が良さそう

以下はヘダイの地方名一覧です。

カイズキンダイギンダイコキダイシロダイ
シロチヌスサデスッポセジンセタイ
セダイソウシキダイチバーツリゴイヒエダイ
ヒラアジヒョウダイヘイジマルヘイジダイヘイズ
ヘイタイヘイタロウヘズヘタイヘヂヌ
ヘマイヘラマナジマナセマンダイ

全国津々浦々の地方名をかき集めて50音順で並べ替えました。

この中で一番無難な名前に感じるのが、個人的には「シロダイ」じゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。

タイ科の魚には「キダイ(黄鯛)」や「クロダイ(黒鯛)」など、色が名前に入る種がおり、その流れで「シロダイ(白鯛)」が良いかなと。

少なくとも「ヘダイ 」よりは良い名前であるように個人的には感じます。

そもそも、「ヘダイ(平鯛)」の意味である「平べったい魚」ってよく分かりません。

「平べったい魚」に適した種はたくさんいる

平べったい魚はたくさんいます。

など。

ヘダイよりも平べったい見た目の魚ばかりです。

このような事実からも、「ヘダイ」の名前に首を傾げてしまうのです。

ヘダイ はクロダイ(チヌ)の近縁種

さて、ヘダイ改め「シロダイ(白鯛)」と呼ぶならば、対をなす魚は「クロダイ(黒鯛)」しかいないでしょう。両者同じタイ科の魚で近縁種です。

白と黒で、なんか縁起が良さそうじゃないですか。

クロダイとシロダイ(ヘダイ)の見た目がそっくりだとは思えませんが、扱い慣れてないと見間違えてしまうことがあるのかもしれません。

そこで、シロダイ(ヘダイ)とクロダイの相違点と共通点を考えてみました。

こっちはクロダイ

クロダイ(チヌ)との違い、共通点

  • 一般的に、ヘダイの方がクロダイよりも美味しいと言われる
  • 食材としては、ヘダイの方がやや珍しい。
  • 内湾に多く住むクロダイに対し、ヘダイの多くは「やや沖合」に生息。
  • どちらも全国的に広く分布している魚。
  • 産卵期は両者ほぼ同じ(春から夏)。
  • 両者、雄性先熟(成長するとオスからメスへ性転換する)の特徴を持つ。

クロダイに比べ、ヘダイの方が体に丸みを帯びていますし、体色も違うのですぐに見分けることができるでしょう。

また、口の違いも特徴的で、クロダイの方が尖っていて、クロダイの方が体は大きくなります。

クロダイの食性が悪食である(何でも食べる)のに対し、ヘダイはもっとおとなしい食性であることも知られています。

そして大事な点は、両者、体のフォルム(形)が似ているということ。

決して、クロダイに比べてヘダイの方が平べったい、ということはありません。

味の良いヘダイはどう料理する?

今回は、「ヘダイ」という名前について散々文句を書いてみましたが、「フィットしていないなぁ」と感じる名前の魚は他にもたくさんいます。

しかし、名前は名前でしかないのも事実。気にしすぎは損かもしれませんね。

名前はヘンテコですが、味の良い魚であるというのもまた事実ですから。

ヘダイは、新鮮なものならやはり刺身がベスト。マダイと近縁種ということで、味は間違いないでしょう。

クロダイよりも味が良いことが多いですが、似たような感じというのが正直な印象ですね。強いて言うなら、ヘダイの方が脂がのっていること多い気がします。

クロダイと同じく、火を通しても硬くならないので、煮付け、塩焼き、ソテーや唐揚げでも十分おいしいですよ。

ヘダイ改め「シロダイ」でどうでしょう

もっと評価が高くても良いヘダイは名前で損をしている気がしてなりません。

「シロダイ」という地方名をそのまま標準和名にすれば良いのに・・・。

ところで、ヘダイの寿命を調べたけど結局分かりませんでした。

クロダイは20年近く生きるものも存在する長寿の魚ですが、ヘダイもやはりそれなりに長生きするのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました