ヒメダイ(姫鯛)が姫っぽくないけど大丈夫か?ゴージャスな名前の由来を調査

魚介類

大きな目が特徴である海のお魚「ヒメダイ(姫鯛)」は、料亭や寿司屋で消費される高級魚です。

味の良さ、刺身におろした時の身の美しさ、それに「姫」という名前の聞こえの良さが、高級食材としての人気の高さへと繋がっています。

残念ながら一般家庭からすると、出回ることのあまりない珍しい魚と言えるでしょう。

しかし、刺身になる前、つまり生きている時のヒメダイの姿は、決して「姫」っぽくはないと感じる人が多いと思います。

何の脈略もなく「姫」なんて名前を使わないでしょうから、何かしらの理由はあるはずですが・・・。

ひょっとして、大きな瞳が可愛いとかそんな理由なのでしょうかね。

とにかく、今回は「ヒメダイ 」について、どんな魚なのか詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

高級魚「ヒメダイ(姫鯛)」とは?

ヒメダイ(姫鯛)とは?

見た目がそれほどゴージャスなわけでもなく、「姫」という名前はちょっと大げさな気がしてしまいます。

いったいどんな魚か調べてみました。

鯛の仲間じゃない

ヒメダイ(姫鯛)は「鯛」の名を持ちますが、タイ科の仲間ではありません。「スズキ目フエダイ科」に属します。

タイ科の代表格と言えば、誰もが知っている「マダイ」で、ヒメダイとマダイは全く無関係。

それでも共通した「鯛」の字を使うのは、ヒメダイが有名なマダイにあやかってのことでしょう。

ちなみにフエダイ科には、アオダイ属のアオダイウメイロ、ハマダイ属のハマダイ(アカチビキ)ハチジョウアカムツなどが存在し、ヒメダイ属のシマチビキなどは近縁種です。

暖かく深い海に住む高級魚

ヒメダイの大きな目は深海魚の特徴ですが、生息域は100m以深ということで、深海魚の定義としては微妙なところです。

大きな目が可愛いので「姫」と名前がついたのでは?という発送は安易でしたが、それでもなかなか愛くるしい見た目の魚ではありますね。

フエダイ科の多くは暖かい海に住む種が多いです。

ヒメダイも同様で、八丈島などの東京のしょ島部、鹿児島や沖縄に多く生息します。

なぜ?「ヒメダイ」の名前の由来【考察】

ところで、ヒメダイになぜ「姫」という名前が使われているかは、残念ながら謎らしいです。

魚の名前の由来にはパターンがあり、

  • 見た目:例)目が大きくて可愛い。等
  • エピソード:例)昔、〇〇姫が好んで召し上がった。等
  • 言い間違い:例)黄目鯛がいつの間にか「ヒメダイ」に転訛。等

などの分類に別れます。

ヒメダイの由来に関する情報はないので、想像するしかありません。

海の深くに住む魚としては、成魚で50㎝は小ぶりな方かと思いますし、顔も、やはり大きな瞳が可愛いと言えなくもなさそう。

ということで、「見た目」から付けられた名前である線が、無くはないかもと思えてきました。

あるいは、ヒメダイの目は黄色です。「黄目鯛(キメダイ)」が転訛して「ヒメダイ」とか、結構それっぽいかも。

ヒメダイの別名(グルクンマチ、ホンチビキ、オゴダイ)

ヒメダイの別の呼び名も紹介しましょう。

まずは沖縄での呼び名「グルクンマチ(クルキンマチ)」が有名。

沖縄では本種を含むいくつかの魚を「マチ類」と呼んでおり、ヒメダイの他、アオダイ(ヒチューマチまたはシチューマチ)やハマダイ(アカマチ)などが「マチ」に分類されています。

和歌山や広島では、「チビキ(血引き)」の名が使われ、「ホンチビキ」、あるいは「チビキモドキ」などと呼ばれています。

「チビキ」の名前は面白くて、「ハチビキ」という魚に代表されるように、いくつかの「科」をまたいで、別名や標準和名として魚の名前に付けられています。前述のシマチビキやハワイチビキもその中の一つです。

また、主に関東で「オゴダイ」とも。こちらもメジャーな呼び方で、標準和名の「ヒメダイ」と呼ぶか、人によって分かれるところです。

他にも「アカトンボ」や「アカキコイ」など地方によって様々な呼び名がありますが、「姫」という呼び名に関する手がかりは皆無でした。

ヒメダイの食べ方(刺身がベスト)

冒頭でも少し触れましたが、ヒメダイは刺身でいただきたい魚です。

味も絶品ですが、切り身の美しさが際立つ魚です。

刺身の場合、鮮度が良すぎると噛みごたえがやや強く、甘みはあまり感じられませんが、1日〜3日くらい寝かせると甘みが増します。食感もまろやかになりますよ。

また、焼いても煮付けても間違いなく美味しい魚です。

刺身だと皮は硬いですが、ソテーして食べる時は、その皮が逆にパリッと美味しいアクセントになるでしょう。

ヒメダイの名前の由来は結局分からなかったので、ご存知の方がいたら教えてください。

タイトルとURLをコピーしました