【キジハタ】病気?寄生虫??謎の黒ゴマが魚の身をむしばんでいた

魚介類

キジハタ(アコウ)を捌いて3枚におろしたら、身に黒いゴマのようなポツポツが・・・。

病気? 寄生虫?

気持ち悪いので調べてみた内容を書いておきます。

スポンサーリンク

キジハタに病気?寄生虫?謎の黒ゴマの正体

キジハタ(アコウ)は「スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族マハタ属」に属し、高級魚です。

鮮度はイマイチですが、外見からは特別変わった様子は見受けられません。

ウロコを取り、3枚におろしてフィレにしても何も気づかず・・。

しかし、皮を引いてみてギョッとしました!

ポツポツと黒い斑点のようになってる!

黒い点をアップで良く見てみると、単純な「丸い形」ではない様子。

これは、病気ではなく寄生虫でしょう。

しかし、一体どんな寄生虫なのか・・・。

寄生虫「リリアトレマ・スクリジャビニ」??

「キジハタの寄生虫」で調べてみましたが、情報が少なくて特定の寄生虫を見つけることはできませんでした。

その上で、断定はできませんが、怪しいと思われるのが「リリアトレマ・スクリジャビニ(Liliatrema Skrjabini)」という覚えづらい名前の寄生虫。もしくは、その仲間。

この「リリアトレマ・スクリジャビニ」は、生物学では「扁形動物門(へんけいどうぶつもん)」の「吸虫綱(きゅうちゅうこう)」に属す生き物です。

詳しい知識がなくても、「吸虫」の字を見れば、なんとなくイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

吸虫とは、「ジストマ」や「二口虫(にこうちゅう)」などの通称で呼ばれる寄生虫の一種の総称で、人間に寄生する「横川吸虫」が、吸虫では有名なところです。

その吸虫のひとつである、「リリアトレマ・スクリジャビニ」は、「クロソイ」に寄生していた個体が研究で明らかになっているらしく、今回、キジハタの身の中にいる生き物と、特徴が酷似していました。

キジハタの寄生虫は人体へ影響ある?

とりあえず、今回遭遇したキジハタの寄生虫は「リリアトレマ・スクリジャビニ」かも?

という結論を出したのですが、そもそも人体へ影響があるのか気になるところ。

もし、「リリアトレマ・スクリジャビニ」であるとするなら、人体への影響はありません。

しかし、正体の断定ができないので、食べない方が無難。

もし食べるのであれば、黒いポツポツをピンセットなどで取り除き、さらに加熱した上で食べれば良いと思います。

「リリアトレマ・スクリジャビニ」はどんな生き物?

せっかくなので「リリアトレマ・スクリジャビニ」について、さらに詳しく調べてみました。

この生き物は、鳥類を最終宿主とする寄生虫で、人間には寄生せず、人が食べても食品衛生上の問題はないとされています。

漁業関係者などからは、見た目のまま「黒ゴマ」と呼ばれるとか。

クロソイにみられる黒いポツポツは、「シスト(囊子[のうし])」と呼ばれるサナギのようなもので、一見すると卵のような形を成すシストの中に、幼虫がいるという構造になっています。

しかし、シストは「卵」とは違います。殻のようなものに包まれていますが、中で幼虫が暮らしています。

もう一度、キジハタの寄生虫を良くみてみましょう。

シストではないような気がするのですが・・・。

アップで見ると、黒ゴマのような形とは全く違います。シストの中から幼虫が出てきているのでしょうか?

アニサキスのように線状のものが、たくさん集まっているように見えなくもない。

ちなみに、「リリアトレマ・スクリジャビニ」は、口の部分が百合(ユリ)の花びらの形をしているそうです。そのことから、名前に「Liliatrema」の文字が使われているとか。(ユリの英語は「lily(リリー)」)

今回見つけたキジハタの寄生虫は「リリアトレマ・スクリジャビニ」か、もしくはその仲間だと思いますが、詳しい情報が分かったら記事を更新していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました