食用魚「ハタハタ」の寄生虫がヤバイ!?その種類と注意すべきポイントを解説

ハタハタとは、秋田をはじめとした東北や山陰地方、そして北海道などでよく食べられるメジャーな海水魚。

見た目は小さくて何てことないのですが、名前を漢字で書くと「鰰」。つまり「魚の神」になるなど、興味深い逸話を持つ魚でもあります。

食用魚としては加工品にされることが多く、干物や魚醤、卵が有名。

そんなハタハタには、寄生虫がついていることがあり食べる時には注意が必要なので、今回はハタハタの寄生虫について、注意点を交えながら紹介していきます。

スポンサーリンク

ハタハタの寄生虫はどんなやつ?

ハタハタのような小魚にも、寄生虫がつくことがあります。

食べる頻度が多かったり漁獲量が多い魚というのは、どうしても相対的に寄生虫が目立つもの。

むしろ、ハタハタに限らず食用とされているすべての魚には、ほぼ寄生虫がいる可能性があることを覚えておきましょう。

ちょっと気持ち悪い話になってしまうのですが、寄生虫には食中毒を引き起こす厄介な生き物もいるので、食べ物にどのようなリスクがあるのか把握して安心して魚料理を楽しみたいものです。

ハタハタにいる寄生虫「カイアシ」と「ウミチョウ」

ハタハタについている寄生虫でよく見聞きするのは次の種類

  • 寄生性のカイアシ類
  • ウミチョウ

特に、「寄生性のカイアシ類」は高確率でハタハタに取り憑いています。

「寄生性のカイアシ類」もウミチョウも、魚の体に吸着して宿主の体液を吸うスタイル。つまり体の一番外側に寄生しています。

両者とも同じような寄生方法(魚の体表に取り付く)で、体のサイズも数ミリ程度と小さく、人間の目には同じように見えることもある為か、どちらも「ウオジラミ」と言う名前で呼ばれたりします。(しかし生物学的にはこの2種は異なる生き物)

気になるのは、カイアシやウミチョウに寄生されたハタハタを食べることによる影響ですよね。

安心してください。

上記2つの寄生虫は、人体には無害です。仮に生のまま食べても影響はないとされています。熱処理すればなお安心。

アニサキスも寄生する可能性がある

ハタハタにいる寄生虫で、カイアシ類とウミチョウ以外で言えば、アニサキスの寄生も考えられます。

このアニサキスには注意が必要。

ハタハタでアニサキスに当たったという話は聞いたことはありませんが、アニサキスはどの魚でも寄生しうる生き物です。

アニサキスのいる魚を人間が食べると食中毒を引き起こす可能性があるので、熱処理や冷凍処理などの対策が必要となります。

シュードテラノーバ

ハタハタには「シュードテラノーバ」という寄生虫がいる場合もあります。

シュードテラノーバはアニサキスとよく似た寄生虫で、「アニサキス症」を発症する寄生虫。

アニサキスとの違いは「シュードテラノーバとアニサキスの違い」の記事でも詳しく書いていますが、要約すると以下の通り。

  • アニサキスのように渦巻状にならない
  • アニサキスよりも大きい
  • アニサキスより色黒(アニサキスは白か透明)

熱処理、冷凍処理でアニサキス同様に死滅します。

ハタハタを生食する場合は十分に注意しましょう。

干物などの加工品も寄生虫の注意を

冒頭でも触れましたが、「ハタハタ」という名前を漢字で書くと「鰰」となり、この理由は「ハタハタの漢字(魚+神=鰰)」の記事でも解説しています。

名前からも分かる通りある種の特別な魚であり、東北など寒い地域では食用としてメジャーな存在でもあります。

ハタハタの食べ方の豊富なバリエーション」の記事でも紹介している通り、ハタハタには刺身をはじめ様々な食べ方があります。その全てにおいて寄生虫には注意が必要と言えるでしょう。

干物だからと言って安心はできません。

特に一夜干しでは寄生虫がまだ生きて潜んでいる可能性すらあるのです。必ず加熱調理してから食べるべきです。

気持ち悪いからと敬遠せず、寄生虫の種類や特性を知り食中毒リスクをコントロールして、多種多様な魚たちと付き合っていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました