マダイやチダイの口に住む「タイノエ」とは?【鯛の寄生虫】

スポンサーリンク
魚介類

マダイをさばいていたら、

口の中に大きめのダンゴムシみたいなの入ってました!助けて!

落ち着いてください。それはタイノエという生き物です。

親指大の虫のような見た目をしていますが、マダイチダイなどの口の中で、取り付いた魚から養分を得て暮らす寄生虫なのです。

今回は、タイノエのユニークな寄生スタイルや、処理の仕方、安全性について書いていこうと思います。

まず最初に、取り急ぎタイノエの安全性と見つけた時の処理方法を先に書いておきます。

  • タイノエの安全性:人間には無害!寄生されてた魚およびタイノエ本体も食べれます!
  • タイノエの処理:つまむなどして取り除きましょう。

見つけたらつまんで取り除くだけで良いです。

誤って食べてしまっても人間には無害。ただし、タイノエを食べる時は火を通すべきです。

結構大きいので、最初に見たときはビビってしまいますが、どんな生き物なのかちゃんと分かっていれば、急に登場しても焦らずに済みますよ。

スポンサーリンク

鯛(マダイやチダイ)の寄生虫「タイノエ」とは?

まぁまぁの大きさ

タイノエは、タイ科の魚(マダイ、チダイが多いと思う)の口の中に寄生し、宿主の体液をチューチュー吸って暮らす寄生虫です。

タイノエの処理方法と安全性

タイノエの処理方法は、見つけたらつまんで取り除くだけ。そもそも人間には無害な寄生虫です。

火を通していればタイノエを仮に食べてしまっても大丈夫です。タイノエが取り付いていた「宿主」である魚も、もちろん食べて大丈夫ですし、味に変化もありません。刺身で食べても平気です。

中には、タイノエ本体を積極的に食べに行く人もいるほど。

ちなみに筆者はタイノエを食べたことないので、おいしいかどうかは不明。

エビっぽい味らしいですよ。

とにかく、チダイやマダイに取り付くタイノエは人間には害のない寄生虫です。

見た目のインパクトは大きいけど、遭遇しても焦らず処理しましょう。「つまんでポイ」でOKです。

ただし、寄生虫の中には食中毒を引き起こす種類もいるので、魚介類を食べるときは、鮮度には十分気をつけてください。

タイノエの寄生方法

タイノエは、いかにしてタイに寄生するのか?

まず、餌として宿主に食べさせるなどして口内に侵入します。

タイ(鯛)の餌だから「鯛の餌(タイノエ)」というわけですね。

口の中はせまいので宿主の舌を食べるなどして除去し、空いたスペースに居座るという「ちゃっかり者作戦」で寄生完了。

魚を正面から見たところ

タイノエが寄生している様子を奥から見た様子が下の画像。

見る人によってはキモいと感じるかもしれませんので、グロ画像に耐えられる方は画像リンクをクリックの上ご覧ください。

宿主であるマダイの顔と大きさ比較が分かるように並べてみました。

寄生虫といえば、アニサキスも有名(こちらは危険性あり)ですが、タイノエには寄生虫にありがちなニョロニョロ感がありません。

タイノエは等脚目(ワラジムシ目)に属していて、つまりダンゴムシやフナムシなどと同じ仲間。しかし、その生活方法は寄生虫そのもの。

左の腹が大きいほうがメスか?

タイノエを見つける時、上の写真のように大小2対の個体と遭遇するケースが多いです。おそらく”つがい”なのでしょう。

大きい方は卵を持っていることがあります(つまり大きい方がメス?)。

ちなみに、タイノエは天然物のマダイに取り付く寄生虫だと言われ、タイノエが寄生していれば養殖物ではない可能性が高いです。

タイノエの仲間いろいろ

タイノエという生き物の正体はなんなのか調べてみると、タイノエは「ウオノエ」といういわば「大分類」の中に存在するという位置づけ。

魚の餌(ウオノエ)」の中の、タイに寄生する「鯛の餌(タイノエ)」というわけですね。

等脚目(ワラジムシ目)の仲間であることは既に書いたとおり。

他に、「フグノエ」や「トビウオノエ」などシリーズ化されているみたいで、その生態はまだ不明な点も多いとのこと。

ウオノエの種類によっては、寄生する場所も口の中とは限りません。エラに付いたり、下の写真のようにあからさまなやつもいるみたいです。

あからさまに寄生するウオノエ
出典:wikipedia

ある日、クロダイを捌こうとしたら、いました。

わかりますか?

差し詰め「クロダイノエ」といったところでしょうか。

完全に擬態ですね。意図してなのか。まだまだ謎の多い生き物です。

タイノエは縁起物「鯛の福玉」

タイノエはその昔、「鯛の福玉」などと呼ばれて珍重されていたとか。

つまり、真鯛には、マダイの鳴門骨をはじめとした「鯛の九つ道具」と呼んで縁起が良いとされる体の部位があります。

それは主に細かい骨など(魚の形をした骨とか)なのですが、実はこのタイノエもその「九つ道具」の一つに数えられるらしいのです。

実はおめでたい寄生虫だったのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました