鯛の鳴門骨(なるとぼね)とは??縁起物をがっつり観察してみて分かったこと

鯛(真鯛)の鳴門骨(なるとぼね)市場のお魚たち

鯛、いわゆる真鯛(マダイ)を三枚におろす時、身の中にある不自然に硬い部分に包丁が当たって、切り進めなくなることがあります。

それは「鳴門骨(なるとぼね)」ができた真鯛に遭遇したからかもしれません。

あるはずのない場所に骨があって包丁が引っかかってしまうのですが、何かというと、中骨(魚の体の真ん中を通っている骨)の一部が隆起したように、硬くて丸い”しこり”状の物体ができているのです。

つまりこれが鳴門骨。

”しこり”というより、”奇形化した骨”という表現の方が正しいかもしれません。

中骨の一部が肥大化したかのようにしっかりと骨と一体化し、包丁で削ぎ落とすのはまず無理なレベルの硬いモノです。

鳴門骨の存在こそ、鳴門海峡の厳しい海で育った天然物の真鯛の証拠だとも言われていて、養殖の真鯛には存在しないと言われているのですが・・・。

とにかく考えるほどに不思議な鯛(真鯛)の鳴門骨について、今回は掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

鯛(真鯛)の鳴門骨(なるとぼね)とは??

鳴門骨を知らない人は、今までの説明を読んでも「???」だと思いますので、さらに詳しく書きます。

ちなみに身を削ぎ落として骨だけ(中骨のみ)にした真鯛の画像がこちら。鳴門骨の存在がよく分かります。

こうして見るともはや奇形化した骨ですね。生まれた時からこうであるかのようにガッチリ骨と一体化してますが、幼魚に鳴門骨はなく、成長とともに肥大化するようです。

2個できている個体もいます。

一体どうしてこんなことになってしまうのでしょうかね。

鳴門骨の正体とは

鳴門骨の成り立ちは瀬戸内海の鳴門の急流に原因があるとされています。

鳴門の海を泳ぐ真鯛は、急潮の為に骨が疲れて尻ビレ近くの血管棘が肥大化するというのが通説です。

つまり鳴門の急流の影響で、骨が変形してしまったと考えられています。

しかし、「他の産地で育った真鯛にも見られる」とか、「オーストラリア近海で獲られるゴウシュウマダイにも同様の特徴が見られる」とかいう話もあり(詳しくはこちらの外部リンク参照)、実は正確な原因がよく分かっていないというのが現状

養殖真鯛には存在しないと言われますが、鳴門骨ができる原因が育った環境にあるのなら、養殖か天然かは実は関係ないのかもしれません。

鳴門骨の確率、傾向

鳴門骨のある真鯛に出くわすのはレアケースと思う人もいるでしょう。

もちろん、真鯛は各地で漁獲され、正常な状態である(鳴門骨のない)個体がほとんどです。

しかし、僕はけっこう何度も「鳴門骨マダイ」を目の当たりにしています。九州あたりの産地の真鯛を捌くと、6〜7くらいの割合で鳴門骨のできた個体と遭遇するような感覚でしょうか。季節は関係ありません。

僕が今まで見てきた範囲の中ではありますが、鳴門骨の特徴を思い浮かべると次の通りです。

  • 鳴門骨は、必ず「中骨の尻びれ付近」にある。
  • 鳴門骨の大きさは様々。
  • 鳴門骨がある真鯛の年齢(大きさ)も様々だが、若魚の鳴門骨は小さい。
  • 鳴門骨が2個連なっている個体もいる。
  • 血鯛(チダイ)では未確認(鳴門骨は真鯛だけ?)。

こうして特徴を上げてみると、少し不思議だと感じる点もあります。

鳴門骨の不思議

  • そもそもなぜ「真鯛」だけ?
  • 鳴門骨ができる場所がどの個体も同じという不思議
  • 外見はいたって普通な不思議

今まで僕は真鯛以外の魚で鳴門骨を見たことがありません。鳴門の海は真鯛だけのテリトリーでもないでしょうに、不自然な気がします。

加えて、鳴門骨を発見する体の場所がいつも同じ(尻びれ付近)。なぜなのでしょうね。

あと、骨折するくらいなら、もうちょっと外見がくたびれていても良さそうな気がします。例えば尾ビレが穴だらけとか、片目に傷があるとか・・・。

外見はいたって健康で綺麗。

全て僕が見た個体の範囲での話だけど、ピンポイントで真鯛だけ、しかも体の特定の部位で外見は無傷ってのが、どうも違和感があるのですよね。

鳴門骨の鯛に遭遇した時の対処

鯛(真鯛)は本来、包丁でさばきやすい部類に入る魚です。

包丁で扱いやすい形してますし、ウロコも取りやすいですし。

しかし、「鳴門骨(なるとぼね)」には注意が必要で、既に書いたように包丁がそこで止まってしまい、さらに、原因が分からなければ時間を無駄にしてしまうでしょう。

対処は、多少、身は削れてしまいますが、包丁の角度を変えながら、鳴門骨の突起をなぞるように切り進めるしかありません。

また、鳴門骨の存在を頭に入れておけば、少なくとも時間を無駄にすることはないですよ。あとは慣れることですね。

鳴門骨を観察して分かったこと

鳴門骨に関する情報を検索すると、「骨折したことによる骨の肥大化」との説明をたまに見かけますが、僕の個人的な感想は骨折とは違うのではないか?と思います。

先ほどの写真を見る通り、骨自体は不自然な曲がり方はしていないからです。しかも(僕が見た限りでは)必ず同じ場所に鳴門骨はありました。疲労骨折であるなら、他の部位にも見られそうなものですし。

それと、今回しみじみ観察して分かったのは、鳴門骨はまるっきり”骨”の感触でした。逆に他の骨との違いこそ見つけられず、成分は骨と同じだと思います。

とにかく、宮崎あたりの真鯛だと高確率で鳴門骨の真鯛と遭遇しますよ。

その他の真鯛の特徴を紹介

さて、鯛(真鯛)の鳴門骨について、多少の不完全燃焼感は否めませんが、謎は謎のままなので、他の特徴も軽く紹介しておきます。

当記事でやたらと「鯛」と言っていますが、これは「真鯛(マダイ)」のことを指しています(詳しくはこちら)。

以前の記事で紹介したクロダイチダイと近縁でタイ科を代表する魚であり、単に魚の「鯛(タイ)」と言えば普通はこの真鯛のことを指します。

上の写真は宮崎で獲れた40センチくらいの中サイズ程度のもので、成長すると大きいものは1メートルくらいになります。

高級魚としてもはや一般常識の部類。広く流通していて年間を通し市場に並んでいる魚の一つです(少ない時期はもちろんありますが)。

真鯛は、我々日本人には昔から馴染みの深い魚なので、結構うんちくや雑学がいっぱいありますね(以下、簡単に紹介します)。

肖り鯛(あやかりたい)

日本では、タイ科でもないのに〇〇鯛って呼び名の魚が多くて、そんな魚のことを「肖り鯛(あやかりたい)」と言います。例えば、アマダイ、イシガキダイ、キンメダイ、メダイ等々

なぜ、「肖り鯛」なのか。なぜ「鯛」の呼び名を使うのか。それは魚によって微妙に意味合いが異なります。

  • 魚=鯛(タイ)みたいな認識で使われている。
  • 鯛(タイ)のように有名になってほしいって思いを込めて名付けられた、まさに“あやかるケース。
  • 鯛のように美味しいので。鯛と似たような味がするという理由から。

とにかく正確には真鯛と近縁でもないのに〇〇鯛って名前の魚、かなり多いですが、これらは「肖り鯛(あやかりたい)」ってことなんですね。

鯛(真鯛)に関することわざ

有名な魚である真鯛は、古くからのことわざなんかにも使われます。

例えばこんな感じ・・・。

ことわざ意味
魚は鯛(うおはたい)魚のなかでは鯛が最上であるということ。比喩的に同種類の中の最上をもいう。
蝦で鯛を釣る(えびでたいをつる)わずかな元手や労力で大きな利益を得るたとえ。略して「えびたい」ともいう。
腐っても鯛(くさってもたい)優れたものは、痛んでもそれなりの値打ちがあるというたとえ。
鯛なくば狗母魚(たいなくばえそ)よいものがない時には、それよりも劣っていても代わりのもので我慢するより仕方がないというたとえ。「狗母魚」は、かまぼこの材料となる魚で、鯛がなければ狗母魚を使うしかないという意から。
鯛の尾より鰯の頭(たいのおよりいわしのかしら)大きな集団の最後についているよりも、たとえ小さな集団でもその先頭に立つほうがいいというたとえ。
鯛も一人では旨からず(たいもひとりではうまからず)どんなにおいしいものでも、一人で食べるのではおいしくない。大勢で食べる食事のほうがおいしいということ。
河豚にも中れば鯛にも中る(ふぐにもあたればたいにもあたる) 運の悪い時には、安全であるはずのものでも害になることがあるというたとえ。毒のある河豚は中毒の危険があるが、毒のない鯛でも害になることもあるということ。

引用元:ことわざ辞典

たくさんあります・・・。

昔から人々に馴染みのある魚だっていう証拠でしょう。

しかも良いイメージで使われる事がほとんどなので、それだけ好かれている魚って事なんですね。

ちなみに「たい焼き」も、形は真鯛そのものですよね。正確なところは分かりませんが、これもおそらく「肖り鯛」って事なんでしょうか??

謎の鳴門骨、実は「縁起物」

鳴門骨って、実は縁起物だとされています。タイノエの記事でも触れていますが、「鯛の九つ道具」ってのがありまして。

今度、鳴門骨の鯛を手にしたら、骨を綺麗にして集めてみようかと考えています。

鳴門骨に関して詳しい人がいたら、ぜひ色々教えてもらいたい・・。

タイトルとURLをコピーしました