鯛の寄生虫「タイノエ」の処理方法【魚の口にいる寄生虫に遭遇したら】

市場のお魚たち

魚をさばいていたら、魚の口の中に大きめのダンゴムシまたはエビらしき生物の死骸がありました!

助けて!!

鯛の口の中に

謎の虫みたいな生き物が住んでました!

これなんですか!?

・・落ち着いてください。それ、タイノエという寄生虫です。

繰り返します。鯛の口の中にいる変な虫は寄生虫のタイノエです。

マダイチダイなどのタイ科の魚、しかも天然モノの個体からよく出てくるヤツですよ。

さあ、ということで今回はタイノエを紹介していきましょう。

僕も職業柄、何度か遭遇してます。

その寄生スタイルがかなりエグいということで、気になる処理の仕方や、安全性について書いていきます。

まず最初に、タイノエの安全性と見つけた時の処理方法を紹介しておきます。

  • タイノエの安全性:人間には無害!寄生されてた魚およびタイノエ本体も食べれます!
  • タイノエの処理:つまむなどして取り除きましょう。

見つけたらつまんで取り除くくらいの対処で良く、また、誤って食べてしまっても(火は通しましょう!)問題はありません。

結構大きいので、最初に見たときはビビってしまいますが、どんな生き物なのかちゃんと分かっていれば、急に登場しても焦らずに済みますよ。

気になる方は続きをどうぞ。

スポンサーリンク

鯛にいる寄生虫「タイノエ」の詳細情報と処理方法

まぁまぁの大きさなので既に見えてる

タイノエは、タイ科の魚(マダイ、チダイが多いと思う)の口の中に寄生し、宿主の体液をチューチュー吸って暮らす寄生虫です。

タイノエの処理は?安全性について

繰り返しますが、見つけたら取りましょう。そのままだと見た目が悪いのでね。

そして、ちゃんと火を通していれば、仮に食べてしまっても大丈夫です。タイノエが取り付いていた「宿主」である魚も、もちろん食べて大丈夫ですし、味も変わりありません。

タイノエ本体を積極的に食べに行く人もいるくらいです。

ちなみに僕は食べたことないので、おいしいかどうかは不明。

タイノエとウオノエの違い

大きく分類すると、「ウオノエ」といういわば「大分類」の中にタイノエは存在します。

魚の餌(ウオノエ)」のうち、タイに寄生するので「鯛の餌(タイノエ)」というわけですね。

他に、「フグノエ」や「トビウオノエ」などシリーズ化されているみたいで、その生態はまだ不明な点も多いとのこと。

タイノエの寄生方法

口の中はせまいので宿主の舌を食べるなどして除去し、空いたスペースに居座るという「ちゃっかり者」だという・・。

魚を正面から見たところ(・・・・おるわ
魚の頭を落として、内臓側から(後ろから)覗いたところ。タイノエは普段、こうやってキツキツスペースで暮らしているという図
チダイの大きさに対しての、このサイズ感。

寄生虫といえば、アニサキスとか有名(こちらは危険性あり)ですが、タイノエにはニョロニョロ感がないですよね。

そう。タイノエは等脚目(ワラジムシ目)に属していて、つまりダンゴムシやフナムシとかと同じ仲間なのです。しかし、その生活方法は寄生虫そのもの。

その他の寄生スタイル

ウオノエの種類によっては、寄生する場所も口の中とは限りません。エラに付いたり、下の写真のようにあからさまなやつもいるみたいです。

あからさますぎでしょ
出典:wikipedia

名前の由来

上でも書いた通り、タイ(鯛)の餌だから「鯛の餌(タイノエ)」。餌と思わせて狙った宿主に食わせ、まんまと口の中に侵入するという作戦のようです。

丸々としておいしそう??

鯛の福玉、おめでタイ??

タイノエはその昔、「鯛の福玉」などと呼ばれて珍重されていたという情報が。

どういうことかと言うと、真鯛には、鳴門骨をはじめとした「鯛の九つ道具」と呼んで縁起が良いとされる体の部位があります。

それは主に細かい骨など(魚の形をした骨とか)なのですが、実はこのタイノエもその「九つ道具」の一つに数えられるらしいのです。

実はおめでたい寄生虫だったという話。

タイノエに遭遇しても焦らず冷静に!

タイノエは、人間に害のない寄生虫であることがわかっていただけたかと思います。

このサイズで魚の口の中に入るってことは、人間に置き換えると常に握りこぶしを口に入れているようなもの。

大胆だという見方もできるし、海の世界に広がる混沌とした生態系の一端を垣間見たかのよう・・・・とかどうでも良くてとりあえず鳥肌がすごい。

タイトルとURLをコピーしました