魚の神とは?漢字「鰰」は意外なあの魚だった

スポンサーリンク
魚介類

日本には「神の魚」がいることをご存知でしょうか。

それはハタハタのこと。なぜ、魚の神かというと、ハタハタを漢字で書くと「鰰」になるからです。

「鰰」という漢字を分解すると「魚」と「神」。何やらただ事じゃない雰囲気をの名前は、一体どんな逸話を持つ魚なのか非常に気になるところ。

ハタハタの見た目はいたって普通で、むしろか弱い幼魚のような姿が名前とのギャップを感じさせます。

魚の神話の世界をご紹介します。

スポンサーリンク

漢字で「魚の神」と書くハタハタの意味とは?

魚の神と書いて「鰰」。読み方は意外すぎる「ハタハタ」。

こんな漢字を名前に持つ魚には、きっと壮大な物語があるはず。

ハタハタと言えば、秋田をはじめとした東北地方で超有名な食材です。

例えば「しょっつる」や「ぶりこ」。全国的にも有名なハタハタを原料とする加工品。

食材として有名なハタハタが「魚の神」とは、一体どういうことなのでしょうか?

調べてみたら、期待通りでした。

神話!?「ハタハタ」という名前の由来

「ハタハタ」という名前は、ハワイ系のネーミングと通づるものがあると感じます。

例えばシイラのハワイでの呼び名「マヒマヒ」とか。

しかし、実はハワイとは全く関係ありません。

「ハタハタ」は、昔の日本での雷の擬声語、つまり現代で言うところの「ゴロゴロ」と同義だと言われています。

北日本ではその昔、雷光を「霹靂神(はたはたがみ)」と呼んでいましたが、これがハタハタという名前の由来だとする説があります。

ハタハタの名前に「鰰」という漢字が使われるのも、「霹靂神(はたはたがみ)」を由来とする説があるからでしょう。

「魚」に「雷」で「鱩」と書いても、読みはハタハタ。やはり雷に関係のある魚のようです。

でも、なぜ雷と関係があるのでしょうか。

ハタハタは食用として秋田で特に珍重され、その秋田では不思議と雷が多発する11月によく獲られており、「雷」との印象付けを語られてきた魚なのです。

なぜか、雷の時期に現れるハタハタ。

そのカラクリは、ハタハタの産卵時期が、秋田で雷の多い11月と重なるということ。

もともと深海に住んでいるハタハタは人の目にはあまり触れません。しかし、産卵のために浅い海の岩場へと移動してくる性質を持っているため、不思議と雷の鳴る11月に大漁となったということのようですね。

ちなみにハタハタの地方名には「カミナリウオ」なんて呼び名もあり、まさに雷の時期に獲られた魚であろうことがうかがえます。

ハタハタ伝説!戦国武将とも関係が!

ハタハタは同時に「サタケウオ」とも呼ばれるそうです。

これは、関ヶ原の戦い以降、常陸の名族「佐竹氏」が秋田へと国替えとなった後に、秋田でハタハタがたくさん獲れるようになったと言われ、もともと水戸で獲れていたハタハタが、佐竹氏を慕って秋田にやってきた、という伝説から付いた名前だとか。

小さくてか弱い魚に見えるけど、神だの戦国武将だの、ハタハタの名前は壮大なロマンがいっぱいでした。

ハタハタの食べ方や注意すべきこと

そんなロマンたっぷりの魚も、美味しい食用魚であることを忘れてはいけません。特に加工品が有名であることは冒頭で紹介しました。詳しくは「ハタハタの食べ方」の記事にて紹介しています。

なお、ハタハタを食べる時に気をつけたいのが、寄生虫の存在です。こちらも「ハタハタにつく寄生虫」の記事で詳しく解説しています。

最後に、秋田を筆頭に人気食材であるハタハタは、通信販売のラインナップも豊富ですので、良さそうなものをいくつか紹介しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました