【漢字】魚に神で「鰰」の読み方は?答えは超意外な“あの魚”!

白身魚

日本には「魚の神」がいることをご存知でしょうか。

それはハタハタのこと。

なぜ魚の神かというと、ハタハタを漢字で書くと「鰰」になるからです。

「鰰」という漢字を分解すると「魚」と「神」。何やらただ事じゃない雰囲気。一体どんな逸話を持つのか非常に気になるところです。

というのも、ハタハタという魚の見た目はいたって普通で、むしろ、か弱い幼魚のような姿が名前とのギャップを感じさせるからです。

ハタハタの名前にまつわる話を調べてみました。

漢字で「魚の神」と書くハタハタの意味とは?

ハタハタは、秋田をはじめとした東北地方で有名な海のお魚。

産地では郷土料理にも使われる伝統的な食材でもありその歴史は古いです。

例えば「しょっつる」や「ぶりこ」。全国的にも有名なハタハタを原料とする加工品で、ハタハタは知らないけど加工品の名前を聞いたことある人はいると思います。

「魚の神」と呼ばれるくらいですから、きっと壮大な物語があるはず。

食材としてメジャーなハタハタが「神」とは、一体どういうことなのでしょうか?

神話!?「ハタハタ」の名前の由来

第一印象、「ハタハタ」はハワイ方面のネーミング法則と通づるものがあると感じました。

例えばシイラのハワイでの呼び名「マヒマヒ」とか。

しかし、名前に関してハワイとは全く関係ありません。

「ハタハタ」は、昔の日本での雷の擬声語、つまり現代で言うところの「ゴロゴロ」とか「バチバチ」のようなニュアンスなのだそう。

秋田などで雷が多発する11月頃によく獲られるハタハタ。「雷」との印象付けがそのまま名前になったとする説が有力です。

では、なぜ「魚の神」なのでしょうか?

北日本ではその昔、雷光を「霹靂神(はたたがみ)」と呼んでいたそうです。雷神つまり霹靂神(はたたがみ)と関係の深いハタハタに、「鰰」の漢字が当てられたとする説が、まず1つ。

2つ目の説は雷神と関係なく、ハタハタの体の模様が「富士山」に似ていたことからめでたい「鰰」の字を当てたとするもの。

体の模様の話はともかく、ハタハタは雷と密接な関わりがあるようですね。「鰰」とは別に「鱩」と書いてもハタハタと読ませるそうですし、「カミナリウオ」の別称もあるとか。

雷の時期に多く獲れる理由は、ちょうど11月頃がハタハタの産卵時期と重なるためです。

もともと深海に住んでいるハタハタは人の目にはあまり触れません。しかし、産卵のために浅い海の岩場へと移動してくる性質を持っているため、雷の多い11月に大漁になるということのようですね。

ハタハタ伝説!戦国武将とも関係が!

ハタハタは「サタケウオ」とも呼ばれます。

関ヶ原の戦い以降、常陸の名族「佐竹氏」が秋田へと国替えとなった後に、秋田でハタハタがたくさん獲れるようになったとの言い伝えがあり、もともと水戸で獲れていたハタハタが佐竹氏を慕って秋田にやってきた、という伝説から付いた名前だとか。

小さくてか弱い魚に見えるけど、神だの戦国武将だの、ハタハタの名前は壮大なロマンがいっぱいでした。

ハタハタの食べ方や注意すべきこと

そんなロマンたっぷりの魚も、美味しい食用魚であることを忘れてはいけません。特に加工品が有名であることは冒頭で紹介しました。詳しくは「ハタハタの食べ方」の記事にて紹介しています。

ハタハタを食べる時に気をつけたいのが、寄生虫の存在です。こちらも「ハタハタにつく寄生虫」の記事で詳しく解説しています。

「神の魚」はハタハタ以外にもいる

ハタハタの他にも、神と呼ばれる魚は存在します。

  • 漫画「将太の寿司」で、白い斑点のあるシブダイが「神の魚」とされていた。
  • 漫画「ゴールデンカムイ」で、鮭(サケ)を「カムイチェプ(神の魚)」と紹介。
  • アイヌの人はオオオカミウオを「チップカムイ(魚の神)」と呼ぶ。

他にもありそうなので、気が向いたら探してみます。

日本は魚にまつわる伝説が豊富で、「地震をおこす大鯰(おおなまず)」や「全長10Kmもある赤えい」の話など、妖怪とも言えそうな話は多いです。

街や村レベルでも、「〇〇池のヌシ」のような話は、きっと無数にあることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました