【地味に旨い】アカイシモドキはアカイシガニに見た目も味もそっくりな蟹

アカイシモドキ魚介類

「アカイシモドキ」という名前の蟹(カニ)をご存知でしょうか。

海の生き物で、食べれます。

アカイシ”モドキ”という名前はそもそも「アカイシガニ」というカニが存在し、そのアカイシガニに似ているから「モドキ」の名前が着いているというわけなのですが・・。

なんとも微妙な由来を持つカニと言えますね。

見ての通り体の大きいカニではなく、食べられる身はあまり詰まっていませんでした。

今回は初めて触れるカニ「アカイシモドキ」について、食べた感想や、そもそもアカイシモドキがどんな生き物なのか、調べたことを書いておきます。

スポンサーリンク

アカイシモドキはどんなカニなのか

アカイシモドキは「甲殻類十脚目短尾下目ガザミ科シワガザミ属」に類する海の生き物。

簡単に言えば、甲殻類で一般的なカニ (蟹)の仲間です。

まず食材としてどうなのか?というところから確認していきたいと思います。

食卓で目にしないマイナーな蟹

アカイシモドキは市場にあまり流通しないカニと言えます。近所のスーパーマーケットなどで見かけることはまずないでしょう。

広く流通しないのは何故なのか。

まずは名前。「モドキ」という言葉は、食材としてネガティブな印象を受けがち。さらに、食べられる身の少なさも大きな原因だと思われます。

大人の男性の手のひらと同じくらいの大きさのカニで、可食部分はほとんどありません。身を期待して甲羅を割っても虚しい結果に終わるでしょう。

大きく成長した個体であれば、一杯でようやく一人分のパスタの具材くらいにはなるかもしれなません。そんなレベルです。

しかし、ほんの少し取れた身を食べてみると、甘みがありとても美味でした。味はとても良いカニなのに・・。

甲殻類は、エビもそうですが、とても美味しい出汁が出ますよね。このアカイシモドキも例外ではなく、食べられる身が少ない分、甲羅を割って出汁をとり味噌汁でいただきましょう。雑炊とか最高ですね!

”玉子カニ”は根強い人気を持つ珍味

成熟したアカイシモドキが食材として不人気であることは既に書いた通りです。アカイシガニも同様に、海産物としての知名度は低いでしょう。

しかし、「玉子カニ」という珍味は別。

玉子カニとは、小ぶりの「アカイシガニ」がそのままカリカリになった、おつまみに最適な乾き物です。

丸ごと食べることができて、いかにもカルシウム豊富そう。

アカイシガニと変わらない美味しさを持つアカイシモドキでも、玉子カニを作れるでしょうね。

「アカイシ”モドキ”」の由来

このカニ、名前の由来は超シンプルです。

まず、別の種類で「イシガニ」ってのがいます。石のように硬いのでそんな名前なのですが、その赤色バージョンが「アカイシガニ」というわけ。

で、さらにその「アカイシガニ」に似ているのが、今回紹介している「アカイシモドキ」なのです。

本当にそのまんまですね。

ちなみに、「アカイシガニ」には、体表に細かい毛が生えているらしいのですが、「アカイシモドキ」はツルツルなのが特徴だそうで、今回僕が頂いたカニもツルツルだったのですぐに判別することができました。

生物学から見るアカイシモドキ

ところで、このカニの後ろ足が少し変わってます(下の写真の赤丸部分)。

明らかに前の足と形が違うけど、カニってこんなでしたっけ??

と思って調べたところ、これは「ガザミ科」に属するカニ達の特徴のようです。

「ガザミ科」の代表的なカニである「ガザミ(別名ワタリガニ)」は、カニのくせに長い距離を移動する(泳ぐ)という特徴があるらしいんですよね。

この「アカイシモドキ」の後ろ足の特徴はまさに、泳ぐための形なのです!

あとついでに書くと、カニは「十脚目(エビ目)」という生物学上の分類に属するのですが、そう、名前の通り足が10本ということでして、つまりカニのハサミは「手」じゃなくて「足」が進化した形なんですよね。

蟹(カニ)の甲羅はなぜ硬い?

素朴な疑問ですが、カニの甲羅が硬いのはなんで?って思ったことはないでしょうか。

答えはシンプルに「身を守るため」なのですが、それにしても、我々人間と同じ遺伝子を持っているのに、硬い殻に覆われているのは、よくよく考えるとちょっと不思議です。

人間にも、爪とか硬い部分はありますよね。生きていく上で必要であれば、人間の皮膚が硬くなるという進化の可能性もあったのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました