【地味ウマ蟹】アカイシモドキをご存知ですか?アカイシガニとその偽物の話

スポンサーリンク
アカイシモドキ魚介類

「アカイシモドキ」という名前の蟹(カニ)をご存知でしょうか。

海産物。食用ガニです。

アカイシ”モドキ”という名前は、そもそも「アカイシガニ」と呼ばれるいわば「本家カニ」のニセモノ的存在、つまり「モドキ」という、なんとも哀れなネーミングを持つカニなのです。

まず、本家であるアカイシガニでさえ知られざる存在ですが、今回はその偽物の話。

毛ガニなどのカニ界の超メジャー選手ではなく、あえて知る人ぞ知る「アカイシモドキ」について、食べた感想や、そもそもアカイシモドキがどんな生き物なのか、調べてみました。

スポンサーリンク

アカイシモドキはどんなカニなのか

「アカイシガニ」ではありません。「アカイシモドキ」です。

アカイシモドキは「甲殻類十脚目短尾下目ガザミ科シワガザミ属」に類する海の生き物。

簡単に言えば、甲殻類で一般的なカニ (蟹)の仲間です。

まず食材としてそもそもアリなのか?というところから確認していきましょう。

マイナー蟹「アカイシモドキ」

アカイシモドキは市場にあまり流通しないカニで、近所のスーパーマーケットなどで見かけることはまずありません。

広く流通しないのは何故なのか。

まずは名前ですね。冒頭でも触れましたが、「モドキ」という言葉は食材としてネガティブな印象を受けがち。加えて、食べられる身の少なさも大きな原因だと言えるかもしれません。

大人の男性の手のひらと同じくらいの大きさのカニで、可食部分は決して多くありません。

手足よりむしろ甲羅側に食べどころがあり、カニ味噌も意外と多くはいっていました(個体差あるかもしれませんが)。

味は?というと、甘みがあってかなりおいしい!!

食感も身が少ないかわりに繊維が細かく、上品な印象を受けました。

世の中、まだまだ美味しいものってあるものですね。

甲殻類は、とても美味しい出汁が出ます。

このアカイシモドキも例外ではないので、甲羅を割って出汁をとり、味噌汁でいただくと最高。

”玉子カニ”は根強い人気を持つ珍味

アカイシモドキは食材としてはマイナーで、本家のアカイシガニも同様です。

しかし、「玉子カニ」という珍味は別。

玉子カニとは、小ぶりの「アカイシガニ」がそのままカリカリになった、おつまみに最適な乾き物です。

丸ごと食べることができて、いかにもカルシウム豊富そう。

アカイシガニと変わらない美味しさを持つアカイシモドキでも、一口サイズのものを使えば、玉子カニ”モドキ”を作れるかもしれません。

「アカイシ”モドキ”」の由来

アカイシモドキ、名前の由来は超シンプルです。

まず、「イシガニ」という種類のカニ。その赤色バージョンが「アカイシガニ」で、さらにその「アカイシガニ」に似ているのが、今回紹介している「アカイシモドキ」なのです。

名前付けの法則は見た目や特徴などから来ていることが多いです。

ちなみに、「アカイシガニ」には、体表に細かい毛が生えているらしいのですが、「アカイシモドキ」は逆にツルツルなのが特徴。

両者を見分ける重要なポイントになっています。

生物学から見るアカイシモドキ

ところで、アカイシガニをよく見ると、後ろ足が特徴的(下の写真の赤丸部分)。

「明らかに前の足と形が違うけど、カニってこんな感じだっけ?・・・」

・・・と思って調べたところ、これは「ガザミ科」に属するカニ達の特徴のようです。

「ガザミ科」の代表的なカニである「ガザミ(別名ワタリガニ)」は、長い距離を移動する(泳ぐ)特徴があり、この「アカイシモドキ」の後ろ足の特徴はまさに、泳ぐための形なのです!

泳ぐカニ。なかなかイメージしずらいですが、「遊泳脚」とよばれるこの足を使ってぎこちなく泳ぐ姿が、まさに「ワタリガニ」の名前の由来となったのでしょう。

ついでに書くと、カニは「十脚目(エビ目)」という生物学上の分類に属し、その名の通り「足」が10本ということ。つまりカニのハサミは「手」じゃなくて「足」が進化した形なのだそうです。

蟹(カニ)の甲羅はなぜ硬い?

素朴な疑問ですが、カニの甲羅が硬いのはなぜ?って思ったことはないでしょうか。

物理的な攻撃から身を守るため。という答えでは少し説明不足です。

実は、海の中に存在する、おびただしい数の細菌から身を守ることが重要な役割だそうですよ。

考えてみれば、海の中では様々なミクロな生物がいて、それらは体にしょっちゅう触れてしまいます。

中には、タンパク質を分解したりするような細菌もいるので、カニの甲羅はそういった脅威から身を守るのにも必要というわけですね。

それにしても、人間と同じ遺伝子を持っているのに、硬い殻に覆われているのは、よくよく考えるとちょっと不思議です。

カニの甲羅は、傷がついたり割れたりすると命取り。時間が経てば修復しますが、傷から細菌が入り込んで病気になってしまいます。

足の長いカニの種は、海底の岩などで自らの体を傷つけまいとした進化の結果、との説もあるんだとか。その説によれば、足の先の爪が細く硬いのも、同じ理由だそうですよ。

人間にも、爪とか硬い部分はありますよね。生きていく上で必要であれば、人間の皮膚が硬くなるという進化の可能性もあったのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました