マゾイとクロソイの違いとは?激似すぎる魚の見分け方を解説

スポンサーリンク
マゾイ(キツネメバル(狐眼張))魚介類

先日、クロソイに関する記事を書きましたが、とてもよく似ている魚で「マゾイ」というのがいます。

マゾイは標準和名を「キツネメバル(狐眼張)」と言うけど、通名である「マゾイ」の呼び方が一般的かもしれません。

こっちはクロソイ↑
マゾイ(キツネメバル(狐眼張))
こっちがマゾイ(キツネメバル)

これは見分けつかんでしょ・・・。むしろ同じ魚でしょ(違)

今回はマゾイとクロソイの違いを紹介しつつ、見分け方のポイントを解説していきます。

結論から書くと、マゾイとクロソイの違いは「顔の涙骨という場所にトゲがある/ない」で見分けます。

涙骨にトゲが・・・、

  • ある→クロソイ
  • ない→マゾイ(キツネメバル)

「涙骨って何?」ってなると思うので、両者の違いと見分け方をさらに詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

マゾイとクロソイの違いと見分け方

マゾイとクロソイの共通点として、両者とも「メバル科メバル属」に分類される魚。

近縁種であるため、形が似るのも当然と言えば当然。

しかし厳密にはお互い別個の生物です。

マゾイとクロソイの違い

当たり前の話ですが、マゾイは「キツネメバル」という種、クロソイは「クロソイ」という種である、という違いがあります。

つまり、両者は生物学的には別の生き物でありながら、近縁種であると言えます。

例えて言うなら、われわれ人間(ホモサピエンス)と「ネアンデルタール人」の違いみたいなものでしょうか。

遺伝子とか専門的なことは分かりませんが、学術的には「別々の生き物」とされているということ。

消費者レベルで、判別を間違うと何か実質的な被害があるのか?というと、漁業関係者でもない限りそれほど問題ないように思います。

味も仕入れ値も似ているので、料理に使う場合も両者まとめて「ソイ」と呼んでしまうケースもあります。

でも何か気持ち悪い気もするので、見分け方をしっかり解説していきます。

マゾイとクロソイの見分け方

クロソイとマゾイの違いは「涙骨」という部位のトゲのある/なしで簡単に見分けることができます。

具体的には、以下の赤丸部分に注目します。

クロソイの涙骨(トゲがある)

上の写真はクロソイですが、口の方に向かって(下に向かって)顔に沿うように3本のトゲがあるのがわかるでしょうか?

これがクロソイの特徴。

ちょっと絵的にはわかりづらいかもですが、実際に見たり触ったりすればすぐ分かるレベルのはっきりとしたトゲです(下の写真の通り)。

涙骨にトゲ”あり”のクロソイ

対するマゾイはこちら↓

マゾイ(キツネメバル)の涙骨(トゲがない)
マゾイ(キツネメバル)の涙骨

マゾイは、涙骨の所にトゲがありませんね。

なるほど!これは一目瞭然!

加えて、クロソイはマゾイよりも大きくなる魚ということも覚えておくと良いかもしれません。知らないと本当に見分けがつかない魚たちです。

ちなみに、メバル属には黒メバルをはじめ、見た目の似た魚がたくさんいて混乱しがち。

スポンサーリンク

マゾイ(キツネメバル)はどんな魚?

クロソイが体長60センチくらいまで大きくなるのに対し、マゾイは45センチほどとやや小さめ。

北海道南部から本州に広く分布し、大衆的な魚と言えるでしょう。

しかし市場ではクロソイよりもやや値が張る印象(養殖、天然の違いもありますが)。味も、マゾイの方が良しとする傾向が強いように思われます。

とは言え、両者の差は値段も味もほとんど差はないでしょう。

マゾイは秋から冬にかけて交配して春〜初夏頃に出産します。

このサイクルはクロソイとほぼ同じ。卵巣内で卵から孵化した小魚を出産するタイプで、これもクロソイと同じみたいですね。

生息域は水深50〜100メートルの岩礁域で、これもクロソイと重なります。

身体的特徴を見てみましょう。

まずは安易に触ると容易にケガする背びれのトゲトゲ

マゾイ(キツネメバル)の背びれ

尾びれに近い方の背びれは実はフニャフニャ↓

マゾイ(キツネメバル)の第二背びれ

と思いきや、尻びれ↓には鋭いトゲが隠れています。

マゾイ(キツネメバル)の尻びれ

尾びれは柔らかいですが・・。

マゾイ(キツネメバル)の尾びれ

腹ビレには尖った部分が・・。

マゾイ(キツネメバル)の腹びれ

でかい胸ビレ。

マゾイ(キツネメバル)の胸びれ

そして鰓蓋(えらぶた)は鎧のようにトゲトゲがあり危険。

マゾイ(キツネメバル)の鰓蓋(えらぶた)

正直、ヒレなどの特徴もクロソイと瓜二つです。

逆に、別の種だと気づいた人たちが凄いですよね。

マゾイは正式には「キツネメバル」

冒頭で書いた通り、マゾイの標準和名は「キツネメバル」。

しかし、普段の呼び方ではほとんど使われてないように思います。

魚は地方それぞれで呼び方が変わるので、筆者の住む関東の市場ではあまり使われないのかもしれません。

「マゾイ」の語源について軽く触れると、マゾイの名前には「ソイ類の代表的なもの」との意味があります。

マゾイの「マ」は「マダイ(真鯛)」と同じ使われ方ということ。「真(マ)」。

蛇足ですが、「マダラ」の「マ」はマゾイやマダイの「マ」とは違いますからね。諸説ありますが、マダラの意味は「斑(まだら)」ってことらしいですよ。

「ソイ」の意味は「磯魚(いそうお)」という言葉がいろいろ転訛して「ソイ」となったらしいです。昔からとても身近な魚だったということかもしれませんね。

「キツネメバル」はその名の通りキツネのような顔付きからってこと?似てなくない?と感じますが、もともとは英名の「Fox Jacopever」を単に訳しただけじゃないかと言われてたりします。

(じゃあ欧米の人にはこの魚がキツネに見えたってことか・・?)

それとも「Fox」にまつわる何かしらの由来が、欧米にはあるのでしょうか・・。謎です。

どなたかご存知でしたら教えてください。

仲間いっぱいメバル属

マゾイやクロソイも属する「メバル属」にはたくさんの仲間がいます。

単に「メバル」と呼ばれる3種(クロメバルアカメバル、シロメバル)や、タケノコメバル、ウスメバル、高級魚のアコウダイ(メヌケ)もメバル属です。

そして、キツネメバルがいるのでまさかとは思いましたが、いました「タヌキメバル」。

市場などではこれらは一緒くたに「マゾイ」として分類されるようですが、学術的には別の魚となります。

クロソイやマゾイの寄生虫

クロソイから発見した寄生虫を「クロソイに取り付いたガチもんの寄生虫」の記事にて紹介しています。

クロソイとマゾイは形だけでなく生態も似ていることから、同じような寄生虫に取り憑かれることが多いでしょう。

注意すべき身近な寄生虫であるアニサキスの寄生を発見したことは、幸いにも今までありません。

しかし、キジハタに寄生していた「リリアトレマ・スクリジャビニ」らしき生き物は、マゾイにも寄生している可能性アリです。

寄生虫の中には人体へ無害な種類もいますが、アニサキスのように食中毒を引き起こす種も存在するので十分に注意が必要です。

マゾイとクロソイは激似すぎる

最後におさらいです。

クロソイは涙骨にトゲがあり、マゾイ(キツネメバル)にはありません。

ちょこっと調べただけでも、「マゾイ」にはキツネとタヌキがいて、、、と、生き物の世界を学術的に見ると本当に奥が深いですよね。クロソイとマゾイの違いにしてもそう。

ただし、料理人目線で考えると、どちらも同じ美味しい魚で甲乙付け難い存在です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました