“ボラ”といえば○○!!だけどそれだけじゃないボラの魅力

白身魚

ボラと言えば、高級食材“カラスミ”の原料となる海水魚です。

しかしそれ以外にも食べどころは多いですし、どうやら歴史も古く色々なエピソードを持つ面白い魚のようなので、今回はカラスミ以外のボラの魅力について紹介していきたいと思います。

ボラのなかなかユニークな特徴。それは・・・、

  • 実はボラ本体も旨い
  • 珍味中の珍味「ボラのへそ」
  • ボラの顔面はまるで「ゆるキャラ」
  • 実は出世魚。ボラから生まれた有名すぎる慣用句の数々
  • 不思議な生態。ジャンプしたり外洋に出たり

ボラの生態や食べ方まで幅広く調査してみました。

ボラのおもしろい特徴や魅力の数々

ボラは世界中に分布する海水魚で、日本国内でも全国的に水揚げされます。

そして歴史が古く、様々なエピソードを持つ魚でもあります。

ボラの食性は”土ごとエサを食う”というもの。

生息域は海だけでなく河川にまで及び、しかも汚染にも強いというタフなヤツ。

しかしその生命力の強さが仇となり、汚れた環境で育つ”臭い魚”と認知されて久しい、ちょっと残念な魚でもあります。

実際、手軽な川などで釣ったボラが臭かったというのはまぁまぁ聞く話です。

釣ったらすぐに首を折って海水に5分ほど浸して血抜きをしましょう(その後すぐ氷水へ)。ウロコを摂って皮を引けば、臭いはだいぶ気にならないと思います。

そして、一番大事なのは川のボラではなく海のボラを食すこと。川のボラが全部臭いわけではないけど海のものが美味で一般的です。冬に脂の乗った個体は「寒ボラ」と呼ばれて珍重されるほど美味。

ボラの刺身

その昔、ボラは高級魚でした。また、汚い川や海も少なかったので臭い魚との認知はあまりされていなかったようです。

そんなボラを美味しくいただけるのは、やはり刺身。

鱗と皮は硬いので引いて食べます。色が変わりやすく、捌いてすぐに(熟成せずに)食べる方が良いと感じます。

昔は大衆魚で今や高級魚であるアイナメのような魚もいればボラのような逆のパターンもあり、カラスミは別としても、ボラ本体は非常に安く売られていることも多い印象です。

安く手に入れたボラは、単純に塩焼きでも良いと思います。捌いていて嫌なニオイのしないものは、皮つきのままでもOKです。

ちょっと臭いが気になっても、こんがり焦げ目がつくほど焼けば美味しくいただけるでしょう。または、バターソテーなどでも良さそう。

同じく嫌なニオイのしないボラは、アラから良い出汁が出て煮物にも最適です。

生姜や味噌を使うことでも、匂いが気になる時は有効。

もう一つの珍味【ボラのへそ】!

「幽門」と呼ばれる、胃の近くにある内臓器官も、珍味とされる部位です。

通称「ボラのへそ」

ボラの食性は、海底の砂ごと根こそぎ餌を食うという特徴があるので、泥を処理するための幽門も、筋肉が発達していて美味しいのです。

鮮度の良いものは軽く炙った程度の生で食べますし、塩焼きや炒め物でも良いでしょう。

コリコリとした食感で生臭さもないながら、1匹に1つでしかも小さいので、まさに珍味と呼ぶにふさわしい「ボラのへそ」も、ぜひお試しください。

七変化!出世魚ボラの名前

盛りだくさんなボラの魅力は食べるだけではありません。

ボラは出世魚。

出世魚のことはサゴシスズキの記事でも書いていて、成長によって違う呼び名を持つ魚のこと。

なぜ名前が変わるの?というと、漁師さんや料理人が魚の成長度合いによって取り扱い方を変えるので、分かりやすく名前を変えていたということだと思います。

ボラの場合、

関東 – オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド

関西 – ハク→オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド

高知 – イキナゴ→コボラ→イナ→ボラ→オオボラ

東北 – コツブラ→ツボ→ミョウゲチ→ボラ

出世魚としての横軸と地方名の縦軸が重なって、だいぶ多くの呼び名を持つ魚であることが分かります。

ボラが日本各地で古くから親しまれていることの裏返しとも言えるでしょう。

ボラの顔はまるで「ゆるキャラ」

ボラは非常にひょうきんで愛らしい顔をした魚。

なかなかのゆるキャラ感。

カラスミとか抜きにして、この時点で魅力的な魚じゃありませんか?

目が大きいところは、メダイとかに少し似ている印象もありますが、顔の造形が独特ですね。

背中側が平らで、腹側が尖った逆三角形▽の形をしています。この体型は魚の中でも結構珍しいのではないでしょうか。個人的にはちょっとETに似てると思ってます。

ボラの口は菱形

口も独特の形したボラ。

開くとひし形です。とても珍しい。

肉食の魚とはまた違うような何とも言い難い形ですよね。しかも口が前に少し伸びます。

ボラがエサを食べる時はバイト(噛みつく)するのではなく、対象を吸い込みます。

ボラは目にも特殊な構造を持つ

ボラの特徴的な顔のパーツはまだあります。目です。

写真だと分かりづらいですけど、目の周りが、広い範囲で透明な弾力のある膜で覆われています。

これは脂瞼(しけん)といって、コンタクトレンズ状の器官なのですが・・・。

分かりやすく説明するのが難しいです。

ちょうど、人間が作業用のゴーグルをつけたり水中眼鏡をしているような感じ、とでも言いましょうか。。。おそらく目を保護するための膜なんですね。不思議です。

ボラは海底の砂地に顔を突っ込んで食事をしますが、特徴的な口や目を覆う器官は、その食事スタイルに関係していると想像できますね。

ボラの鱗(ウロコ)は美しい!

ボラのウロコが美しいのも特徴の一つと言えるでしょう。

鯉(コイ)を思わせるような、立派なウロコを持っています。“イセゴイ”の地方名もその辺りが由来なのかもしれませんね。

ボラにまつわる有名な慣用句(言い回し)

ボラの歴史は古く、慣用句にも使われます。

  • 出世魚のボラ、最終系が「トド」であることから、「トドのつまり」と言われるようになった
  • 若魚の時は、「イナ」。これは「いなせ(粋である様子)」の語源
  • 幼魚のときの「オボコ」は、「オボコい(可愛い)」の語源

日常会話の言い回しに使われるほど、ボラが昔から身近な存在であったことの証明だと思います。

ボラの溢れる魅力を少しでも伝えられたら良いですが。

とどのつまりカラスミだけでなくボラ本体をもっと食べましょう!(強引)

タイトルとURLをコピーしました