オオニベは何がなんでも焼いて食べて欲しい【高級魚になりつつある魚の食べ方】

オオニベ(大鮸)魚介類

オオニベは、「ニベ科」に属する大型の食用魚。

イシモチ(シログチ)とは近縁種のため、体の大きさは違いますが全体のフォルムはそっくりです。

最近は漁獲量も少なくなり知名度の低い魚となりつつも、純粋な味の良さから、高級魚顔負けの値段で売られていることもあり、徐々に価値が高まっていると感じる魚です。

そんなオオニベの食べ方、焼き魚にすると非常に美味ですのでぜひ試していただきたい。

しかも醤油やみりんなど和の調味料との相性がバツグンに良いのです。

今回はひたすらオオニベの味の良さについて紹介していきます。

スポンサーリンク

オオニベの食べ方は「焼き魚」が最適!

写真のオオニベは40㎝ほどのサイズ。イシモチがMAXまで成長したのかと思うなかれ、イシモチとは別の魚です。近縁種ではありますが。

オオニベはここからさらに倍以上の150㎝ほどまで大きくなるという、ニベ科最大の魚なのです。

オオニベの焼き魚は絶品(もはや高級魚)

そんなオオニベの食べ方は、ウロコと内臓、頭を除去して3枚におろし、適宜にカットしたら皮付きのまま焼きましょう。

そして、皮に焼き色が着くようじっくりと焼き上げて食べてみてください。

皮が非常に美味しい魚です。大きい魚の割に薄めの皮がパリパリとし、食感はとても上品。そして風味が最高。

特に「和」の調味料との相性が良いように思いました。醤油をたらして食べることをオススメさせていただきます。

焼いて美味しい白身魚は数多く存在しますが、オオニベという魚は頭ひとつ抜きん出ているんじゃないかと感じるほど。

オオニベやイシモチと同じニベ科の中に「クログチ」という魚がいますが、この魚も非常に美味とされ、その証拠に「カマガリ」という別名で呼ばれるとか。(つまり「ご飯を釜ごと借りるくらいおいしい」)

オオニベもそんな「カマガリ」の近縁種なので、今回の猛プッシュも説得力があるのではないでしょうか。

刺身もイケるがどうしても「焼いて」ほしい

あらためて同じことを書きますが、オオニベは皮が美味しいので焼いて食べてほしい。

魚を食べるとき皮を外す人がいますが、理由を聞くと「食感」だそうです。じっくりと時間をかけて弱火で焼き上げれば、驚くほどパリッとしてヌルヌル食感は消え去りますよ。

オオニベの美味しい食べ方には「刺身」もあります。

もちろん、これはこれで美味でしたが、他の白身魚と変わらない印象で、むしろ淡白すぎるきらいがあるかも。

あえて刺身なら皮を生かす「焼き霜作り」にすると良いのでは?と感じました。

やはりオオニベはどうしても焼いて食べてほしい魚ですね。

歩留まり良くて安価。コスパ良い

イシモチもそうですが、オオニベも「高級魚」という世間的な認識はあまりない魚です。鮮度の良い状態でも、かなり安価で売られている光景をよく見ます。

オオニベの場合はサイズも大きくて歩留まりは良く、コスパはかなり良いほうじゃないでしょうか。

ただし、最近は漁獲量も減っているようで、魚市場でも見かけることは稀です。イシモチは季節によっては大量に売られていることもありますが、オオニベは少ないようです。

漁獲量が少なくて味の良いオオニベは、時に高級魚として扱われることもあるようで、価値が必然的に上がっていくだろうな、という魚だと言えるでしょう。

オオニベとイシモチとの違い

ところで、先ほどから話題にも上がっている近縁種のイシモチとオオニベの違いについても軽くおさらいしておきます。

まず、目立った違いと言えば、オオニベの方が頭が小さく若干シャープなところでしょうか。

加えて、イシモチと比べてオオニベは胸ビレが短いようです。

とはいえ、体の大きさを見ればおよそ倍ほどの違いがあるので、ほぼ見分けはつくでしょう。

なお、体の表面がヌメヌメとした粘液質に覆われている点は、イシモチと共にニベ科で共通の特徴となっています。

オオニベを手に入れたら食べ方は「焼き魚」一択

久しぶりにハッとする魚と出会いました。オオニベ。

今はもうレアな魚となり高級魚化しつつありますが、ちょっと昔には大量に漁獲されていたようですね。

おいしくて安く歩留まりが良いとなれば、人気が出て消費量が増えるのは当然でしょう。

昔の乱獲が現在の品薄に繋がっているとの見方もあるようですね。

ともあれ、珍しいオオニベをもし見かけたら晩ご飯のおかずにどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました