【魚の最適な食べ方を考える】黒グチ(クログチ)!地方名「カマガリ」の由来を知ったら相当ハードル上がった

市場のお魚たち

南の方でよく獲れる美味しい魚でクログチという海水魚がいます。

別名がおもしろくて、「カマガリ」と言うらしい。

カマガリを漢字で書くと「釜借」で、つまり「飯を釜ごと借りるくらい美味しい魚」という意味でつけられた名前とのこと。美味しすぎてご飯が進むということなのでしょう。

これは・・・。味、めちゃくちゃ期待できますね。

というわけで食べてみたところ・・・。

確かに美味しい!

そしていちばん最適な食べ方は、焼いて食べるのが最も適した食べ方であると個人的には感じました。

そんなわけで、今回はクログチ(通称「カマガリ」)を紹介していきますね。

スポンサーリンク

クログチの最適な食べ方は?

釜を借りるほどにゴハンが進む”釜借(カマガリ)”こと黒グチ。

一番最適な食べ方は”焼いて食べる”でした。

なぜそう思ったのか、理由については最後の方に書きます。

その前に、クログチと同族である「ニベ科」に属する魚について少し紹介しておきましょう。

「イシモチ」の別名を持つシログチ

以前シログチという魚を紹介しましたが、こちらもクログチと同じくニベ科の魚で、両者の見た目は非常によく似ています。名前が”白”と”黒”で違いますね。

見分け方としては、クログチの方が全体的な色がなんとなく黒みがかっています。

それと、口の中や腹の中が黒いのもクログチの特徴。

ちなみに、下↓がイシモチ(シログチ)。

あと、クログチの方がちょっとサイズ的に大きいことが多い(気がする)。

他のニベ科(グチ)の仲間、ことわざ

そんなわけでニベ科に属する魚は、代表格シログチと、それに比べやや知名度は低めなクログチがおり、さらにオオニベという大型魚もニベ科で、クログチ同様に非常に美味な魚として有名です。

さて、「ニベ」と言うと、「にべもなく」という言い回しで有名でして、「にべもない」と言うのは愛想がないって意味だそうです。

「にべもない」という言葉は、ニベ科の魚を原料とした「膠(にかわ)」という、接着剤などに使われる材料が語源です。

この「膠(にかわ)」は非常に粘り気があることから、他人との親密度合いと表現されるようになり、転じて、無愛想なことを「にべもない」と言うようになったそうです。

ちなみに、「ニベ」と言う名前も、古来の膠(にかわ)作りに由来していて、膠の原料は細かく言えば「ニベ科の魚の浮き袋」を使うのですが、昔は浮き袋のことを「へ」と呼び、「へ」を煮る。つまり、「ニ(煮る)ベ(浮き袋)」というわけですね(参考)。

ニベ科は尾ビレが特徴的

ニベやシログチと同様に、クログチも尾ビレが特徴的です。

見ての通り、真ん中が外に膨らんでいますよね。

マダイなどを見ると逆で、「く」の字型に切れ込んでいる魚や、真っ直ぐ平坦な魚が多いので、ニベ科の魚の尾びれの形は魚類の中で少数派と言えるでしょう。

クログチを焼くとウマイのはなぜ?

クログチは、皮が薄くて独特のヌメりとそれに伴う匂いがあります。(強烈な時のメジナほどではありませんが・・・)有り体に言えば、ちょっと皮目が生臭い魚。

しかし不思議なことに、焼くとそのマイナス面がプラスに代わり、美味しさに変わるのです。

皮の厚さもちょうど良く、焼くと「パリッ」とする食感に変わりとても上品。皮の厚い魚は煎餅(せんべい)のように「バリッ」としますが、クログチは違います。

水分が多い身質は焼くことでしっとり、ふっくらと仕上がり、嫌味がなく淡白すぎず、まるで高級魚のような味わいに変わるでしょう。

本題とは違いますが、イシモチにしても今回のクログチにしても、最近は茨城でも獲られるようですね。

温暖化により漁獲される地域が上がってきているのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました