【シログチ(白愚痴)】別名「イシモチ」の食べ方は刺身や塩焼きが美味!なぜもっとフィーチャーされないのか?

シログチ(イシモチ)市場のお魚たち

シログチという魚がいます。

別名の「イシモチ」という呼び方のほうが広く知られているかもしれませんが、とにかく、この魚を知っている人ってどれくらいいるのでしょうかね。

釣りの対象魚なので、釣り人さんのブログや掲示板ではよく紹介されているのを見ますが、スーパーなどで、それも鮮魚の状態で(切り身でも)イシモチが売り場に並んでいるところってあまり見ないですよね。

つまり、一般的にあまりメジャーな魚とは言えないのではないでしょうか。魚が好物という人でも、自分で釣って食べるのを除いて、しゅっちゅう食べてるって人はいないんじゃないかと僕は思います。

・・なぜでしょう。

「イシモチって実は美味しいよ」と言っているのは釣り人だけです。イシモチを悪く言う釣り人はほとんど見たことがありません。美味しい魚なら、なぜもっと市場に広く出回らないのか。シンプルに疑問です。

その辺の話を、美味しいイシモチの食べ方と共に考えてみました。

スポンサーリンク

イシモチ(シログチ)の美味しい食べ方を紹介

まずは、イシモチの良さを知ってもらうため、美味しい食べ方の紹介です。こちらのブログで、美味しい食べ方がたくさん紹介されてましたので参考にしてみました。

その中でも、僕的にはシンプルに刺身と塩焼きを推したいですね。

身の質、皮、焼いて食べるとちょうど美味しい感じになっている魚と言えるのですよ。

食べ方:刺身で

適切に処理されたイシモチは刺身でも美味しい、という話、実は知りませんでした。なので「推しの食べ方」じゃなくて「僕がやってみたい食べ方」です。

鮮魚店では、「活け締め」の刺身用魚が売られていますが(マダイスズキヒラメなど)、イシモチは野締めの状態で並べられていることが多いと思うのですね(僕はイシモチが刺身用に売られていることみたことないです)。

イシモチだとブランド力がないから刺身用には売らないのかな?刺身で食べられるのは釣り人の特権なのかな?

「刺身用に買う」のは難しいけど、「釣って刺身にする」のは簡単な魚。良く釣れるからです(僕が初めて船に乗って釣りをした時、一番多く釣れた魚はイシモチでした)

食べ方:塩焼きで

これは、野締めの状態のイシモチでも、新鮮なもので、且つ買った後の処理を丁寧に行えば美味しくいただけるのでオススメです。

イシモチに関して良く言われるのが、「皮目に生臭いヌルヌルがある」ってこと。

ウロコをとった後、体の表面を丁寧に洗い流すのはもちろんですが、多少の焦げ目がつくくらいにじっくり焼けば、生臭さが香ばしい風味に変わりますよ。

しかもイシモチの皮は薄いので、焼いた時の仕上がりが「繊細なパリパリ」状隣、高級感が増します。

水分を適度に含んだ身質は、焼くことでふっくらと柔らかく、もともと繊維っぽくないので口当たりがとても上品に感じられますよ。

イシモチ、シログチの名前の意味(ちなみに)

ところで、「イシモチ」と言う名前の由来をご存知でしょうか。

これは頭のあたりに「石」みたいな骨がある(耳石[じせき]と言う)ためにこう呼ばれています。

こんなのです↓

大きさが分かりづらいので、スプーンと並べてみます。

結構小さいけど、頭を割ったりするときに引っかかるので、地味に邪魔な骨です。

ともあれ、イシモチは漢字で書くと「石持」となり、この石が呼び名の由来となっています。

さらに、この魚は浮き袋を使って“鳴く”んですよ。

前の記事で書いたホウボウなんかと同じですよね。シログチという標準和名も、グーグーと鳴く様子を「愚痴(グチ)」を言っているようだ。ってところからきているみたいです。

イシモチ氏、なぜもっとフィーチャーされない?

話を戻しますが、とにかくイシモチは美味しいのですよ!「刺身で食べるのは釣り人の特権」なんて書きましたが、刺身はイシモチが一番ウマいと言う釣り人もいるそうですし。

それに、上で少し書いた通り、鮮魚店で売られていたりもします。それも非常に安価に・。

僕が海釣りでイシモチを釣った時は、バカバカ釣れてました。おそらく、漁でもたくさん獲れるから安くなるんじゃないのかな・・。

たくさん獲れるのに、市場には出回らない。なぜなのでしょう。

鮮度の問題

イシモチは水分が多い魚なので鮮度落ちが早い、という話があります。

なるほど。「一般消費者向け」という点ではマイナスですね。しかし、そもそも魚とは基本的にどれも鮮度は落ちやすいです。イシモチが群を抜いて特別に劣化が早いという訳ではないでしょう。

それに、惣菜として売るという方法もあるはず。鮮度の問題は、出回らない理由としてはやや弱いように感じられます。

蒲鉾(かまぼこ)など加工品の原料で使われる

シログチって実はそうらしいんですよね。

これには説得力ありそうです。漁獲量は多いけど、ほとんどが加工品として消費されてしまうとのことなら、鮮魚が市場にあまり出回らないのも頷けます。

これは当たりっぽいです。原因のほとんどはこれでしょうね。

イシモチの漁獲量が減っている?

中国や韓国では、イシモチが盛んに獲られているようで、特に韓国では、イシモチの塩漬けした干物が良く利用されるため、韓国の人にとってはおそらく(日本に比べると)メジャー食材なのでしょう。

他国の漁獲量増加と日本の漁獲量現象の関係について、こちらの資料に書かれています。要点としては、どうもイシモチの分布が日本よりも中国や韓国の方に多く、そちらで漁獲量が多くなると、日本で獲れる量は減ってしまうんだよ。ってことのようです。

そもそも、漁獲量が減ったので、さらにマイナーな存在になったという可能性はあるでしょうね。

見た目が残念・・・

ここからは、僕の完全な偏見が含まれますが、イシモチの見た目に関して、美味しそう!ってならないポイントが多いんじゃないかと思うんですよね。

また、体の“色”が、ちょっと安っぽい光沢感な気が・・。青魚のような「金属のような光沢」ではなくて、どこかプラスチック感がありませんか??この見た目は、魚としては「美味しそう!」とはならない気がするんですよね。

あと、これも僕が勝手に思っているんですけど、見た目が“普通すぎる”んじゃないかと思うんですよ。いかにも魚らしい魚といった姿形をしていて、インパクトに欠けているのでは?

えげつない見た目で、美味しい魚って多いじゃないですか。アンコウとか、マトウダイとかも。見た目と味のギャップでだいぶポイント稼いでいるんですよね奴らは。対するシログチは普通すぎて記憶に残りづらいんじゃないかと。

それが、さらに“安っぽい印象”を与えているのではないかと思うんですよね。

うーん残念でならない。

食べ方は、イシモチをぜひ「塩焼き」で!(刺身も可)

ちなみに、イシモチを鮮魚店で買ったところ、子持ちでした。

イシモチのポテンシャルの高さを知っている僕としてはもっともっと人気が出て欲しいんですけど、ただそうすると価格が上がってしまったりして、それはそれで困るんですよねぇ。

春から秋口にかけては旬の季節ですので、もしイシモチを入手するチャンスがあれば塩焼きで。鮮度とかの関係で難易度は高めですが刺身もぜひ。

安くて美味しい魚イシモチ、オススメですよ。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました