連子鯛(レンコダイ)と“鯛”の違いは?味はまずい?

魚介類

関東ではやや珍しい魚「キダイ(黄鯛)」の紹介です。

キダイというのは標準和名で、釣りの対象魚や食用として取り扱う際は「レンコダイ(連子鯛)」と呼ばれることが多いため、以降、レンコダイの名前を使っていきます。

なんと言ってもこのレンコダイは、マダイチダイクロダイなどと同じタイ科の魚というのが大きな特徴の一つ。しかも食材の値段としてはマダイなどと比べ安価です。

味はというと、世間ではマダイやチダイに比べるとちょっと劣るとされます。

実際のところ、どうなのでしょうか??

ということで今回は、ややマイナー魚のレンコダイを深堀りしていきます!!

スポンサーリンク

連子鯛(レンコダイ)と“鯛”の違いと食べ比べ

まずレンコダイという魚は、日本地図で見ると、南の方に分布する魚と言えます。長崎などで多く漁獲される魚だそう。

南の方に住む魚は、多くが鮮やかな黄色やオレンジの色をしており、レンコダイも標準和名「キダイ(黄鯛)」の名の通り、体色に黄色が入っています。

一方、レンコダイと同じタイ科に属し、鯛の王様、いや、魚の王様と言っても過言でないマダイが獲られる地域も、どちらかといえば本州の南の方のイメージ(瀬戸内海とか)。

しかし実際には、マダイの漁獲される地域というのは全国にバラけているようです。人気の魚ゆえでしょうか。

この2種(レンコダイとマダイ)にはどのような違いがあるのでしょう?

レンコダイ、マダイとの違いは顔にあり

レンコダイとマダイは、個別に見るとよく似ているようでも、並べてみるとけっこう違います。

まず色、黒みがかった赤のマダイに対し、レンコダイはビビットな鮮やかタイプ。

鼻すじも、やや外に膨らんでいるマダイに対し、レンコダイはへっこんでいる(口が少し出ている?)のも見分け方のポイント。

そしてなにより一番分かりやすいのが、レンコダイは鼻や背びれにうっすらと黄色が入っているという特徴。

体の大きさも、だいたいレンコダイのほうが小さめです。

鮮やかな赤に黄色が少し入っていて、鼻先がへこんでおり、体に黄色が入っている少し小さめのヤツはマダイではなくレンコダイです。

また、少しマニアックなポイントですが、レンコダイの歯は臼歯(平らな歯)がなく、すべて尖っています。

マダイは、甲殻類を食べるための臼歯が発達しているので、歯を見れば分かるでしょう。

両者の生息域

マダイとレンコダイの生息域の違いは次の通り。

  • マダイは海岸近くから水深の深いところまで幅広く分布している。
  • レンコダイは、マダイに比べ沿岸の方から水深200メートルくらいで確認されること多し。

レンコダイの生息域は、(意外と?)海岸の岩礁域よりも沿岸の方に分布しています。

瀬戸内海などの内海にもいるそうな。

レンコダイとマダイの寿命比較

  • マダイは20年〜40年の寿命と言われている
  • 対するキダイは不明(10年ほどとも言われている)

レンコダイはマダイより短命。体もマダイのように大型化せず、「大型化しない=寿命も対して長くない」の典型的な魚かもしれません。でも、1年で生涯を終える魚もいるなかで、まぁまぁ長生きしますよね。

レンコダイはまぁまぁ美味

さすがにマダイには及びませんが、そこは同じタイ科の魚。味は抜群ですよ。

身は少し水っぽいというか、あっさりした感じがします。

見た目はマダイと同じですし、マダイと言われて出されたら見破るのは難しいレベルかもしれません。

レンコダイは丸のまま”塩焼き”で食べよう

手のひらほどのサイズで市場に並ぶことの多いレンコダイ。

鱗をとって鰓(えら)と内臓を除去し、丸のまま焼いて食べるのが良いですよ。

小さくても骨はしっかりとしているので、小骨に気をつけて。

タイトルとURLをコピーしました