チビキ類の中でも珍しい「ハワイチビキ(布哇血引)」が手に入りました

市場のお魚たち

このオレンジが過ぎるVividな体の色を見れば、暖かい海に住む魚だとわかるでしょう。

名前を「ハワイチビキ(布哇血引)」と言います。

「ハワイ」とは南国リゾートのHawaiiのことで、そっち方面で獲れるということでハワイチビキと名付けられたそうです。

日本国内で言えば、本州ではあまり見ることのない珍しい魚と言えるでしょう。沖縄や小笠原諸島の方に生息しています。

「北関東の魚市場でも、こんな魚が並ぶことってあるんだなぁ。」と疑問に思いますよね。

最近になって、ハワイチビキの他にもアオダイハチジョウアカムツシマチビキといった、南国系の魚が茨城の市場でたくさん売られているような印象を受けます。

もしかして、地球温暖化の影響なのでしょうか?

漠然とした不安を感じますね。

そんなことを考えつつ、今回はハワイチビキについて紹介記事を書いてみます。

スポンサーリンク

チビキ類の魚の中でも珍しい「ハワイチビキ」とは?

「チビキ」の名のつく魚は見栄えも味も良いです。

以前紹介したハチビキなどは真っ赤な見栄えのする魚で、中の身まで血のように真っ赤な白身魚でしたが、焼き魚で食べた味は絶品で、もっともっとフィーチャーされても良いのに。と感じたことを覚えています。

ちなみに「チビキ」という名前については、ハチビキの記事に書いてますが、要するに「血のように赤い身」のこと。

そのハチビキとハワイチビキ、同じ「ハチビキ科ハチビキ属」の仲間なのです。見た目や味の特徴も似ていると想像できますね。

今回紹介するハワイチビキについても、食べた感想を書いておきます。

透明感のある白身で美味しい!(刺身でも可)

身は下の写真のように、若干ピンクがかった透明感のある白身です。ハチビキの身の色が真っ赤だったのでちょっと意外。

味は基本的に淡白ですが、旨味もあります。

刺身で言えば、ハマダイとかに方向性の似たものを感じますね。

少し淡白すぎるきらいはありますが、ハマダイと言えば高級魚で刺身としても有名な部類の魚なので、ハワイチビキもポテンシャルとしては高いものを持っていると思います。

ちなみに、刺身も美味しいですが焼いて食べたほうが僕好み。火を通した身は硬くなりすぎず、皮目に旨味を感じられて美味しい魚でした。ただ焼きすぎると硬く繊維っぽくなるような気がするので注意は必要。

ハワイチビキは深海魚

実は深海魚で、水深250メートル以深に生息しています。

冒頭で書いたように、沖縄や小笠原諸島、ハワイ諸島などで漁獲されるようです。

かつては「ハナチビキ」などという名前でも呼ばれていたとか。

形、色が「アレ」に似てる

金魚っぽいと思うのは僕だけでしょうか。

派手な体の色も金魚っぽい。

口と尾びれが特徴的

ハチビキという魚と同じように、口を開くと同時に伸びる仕組みになっています。

口の歯は発達しておらず、そのことから食性が想像できます。

そこまで大きくならない魚やプランクトンなどを食べているのでしょう。

藻や海藻類を食べることもあるかもしれません。

尾びれがキレイに切れ込みがあり、ハサミのような特徴的な形をしています。これはハチビキも同じような形をしています。

ハワイチビキは今後市場に増えてくるかも

冒頭でも書いた通り、最近この手の南国系の魚が関東の市場でも見られるようになってきたように感じます。

今後、海水温が上昇すると益々このような南国系の魚が増えてくるかもしれません。

まぁ、美味しいから良しとする考えもあるのですけどね。

タイトルとURLをコピーしました