コロダイはどんな魚?時期による値段と味の関係性

魚介類

コロダイ(葫蘆鯛)は「イサキ科コロダイ属」に分類される食用魚。

イサキは味の良い高級魚ですし、近縁種であるコロダイの値段も高いのかと思いきや、1kgあたり1,000円というお得な値段で売られていたりと、イサキよりは安価な魚なのです。

また、イサキに比べて体が大きく可食部が多いので、コスパの良さもポイント。

難点といえば、漁獲量が少ないため沢山は売られていないということ。また、時期によっては高値となることもあります。

今回は、知っておくべきコロダイの特色を紹介していきます。

スポンサーリンク

コロダイはどんな魚?旬の時期の値段と味

コロダイは、どっしりとした体格からクチビなどと同じ「フエフキダイ科」と思う人もいますが、実はイサキの仲間。

大きなものでは全長60㎝ほどに成長し、大型のものは身の厚みもあるので、頭や骨を除いても可食部を多く取ることができます。

コロダイの旬は冬

まず、コロダイの味と値段の前に、「旬」の時期を知らねばなりません。

コロダイの旬は「冬」。

夏に産卵期を迎え、そのため漁獲量は夏に増えます。この時期は流通量が増えるので安価なことも多い印象ですね。

入荷の多い「夏」を旬の時期と捉える考えもありますが、味が良いのは冬です。

初夏から冬まで長い時期で売られているのを目にする魚ですが、そもそもの漁獲量が少ない魚であり、見かけること自体が稀です。

コロダイの値段は?

コロダイは、手頃な値段で売られていることが多いと思います。

成魚で刺身用(神経抜きや活き締め)のものは1kgあたり2,000円〜3,000円ほどとやや高めであるものの、野締めや夏場のコロダイは、1kg/1,000円を下回るケースもあります。

ちなみに、イサキは状態の良いもので1kg/3,000円を超える高値が付くこともありますから、コロダイの方が安価であると言えます。

コロダイの食べ方(臭い個体がたまにいる)

コロダイは自身の食性の影響のためか、時に磯臭い個体に出会うことがあります。特に夏場。夏のコロダイは磯臭いイメージがあります。夏に値段が安いのはその辺の事情もあるのかもしれません。

ただし、臭いコロダイでも、ニオイの元である皮や内臓を除去してしまえば、刺身でも食べることができる場合がほとんどです。

もし運悪く強烈に臭いコロダイと出会っても、内臓を綺麗に処理して焼き魚にすれば、気になることはないですよ。

鮮度の良いもの、適切に処理されたものは刺身で非常に美味。

そこは、さすがに高級魚イサキの仲間と言えるでしょう。

コロダイの名前、食性、生息域

コロダイの名前は「葫蘆(ころ)」という言葉が由来だそう。

葫蘆(ころ)というのは、「猪の子供」のことを和歌山で「ころ」と呼ぶことから来ています。つまり「ウリ坊」のことですよね。

「コロダイ」という呼び名も、元々は同県での地方名でしたが、今では標準和名となっています。

冒頭でも書きましたが、コロダイの幼魚は横に走る縞模様がはっきりと出ていて、この縞模様が、ウリ坊(葫蘆)の瓜の模様にそっくりというわけですね。

コロダイがふだん海の中で何を食べているかというと、小さな甲殻類(エビ)やイカ、小魚などが主。

雑食とも言えるコロダイの食性を支える口はこんな感じ。

牙や歯らしい歯は、あまり発達していないようです。

甲殻類といっても、そこまでゴツくて硬いものは食べないのではないでしょうか。せいぜい小さなオキアミ類だと想像できます。

加えて、唇が厚めであることも目を引きます。

コロダイとよく似た近縁種のコショウダイは、英名で「crescent sweetlips」と呼ばれるらしく、これを直訳すると「三日月の恋人」。特徴的な唇が名前の由来ともなった魚なのです。

三日月の恋人の名を持つコショウダイとコロダイの唇は似ています。

コロダイの生息域は、どちらかと言えば暖かい海で、北海道以南の津々浦々の漁港で水揚げされるようですが、西日本産のものが多い印象。沿岸部に住む魚です。

岩礁域やサンゴ礁でよく見られ、釣りでは防波堤や砂浜からでも狙える魚なので、比較的に身近な魚と言えますが、何度も書いているように漁獲量は少なめ。

また、関東よりは西日本でよく見ることができる魚です。

タイトルとURLをコピーしました