「クチビ」と呼ばれる魚の正体とは!?いろいろと”惜しい”ハマフエフキのことです

市場のお魚たち

クチビと呼ばれる魚をご存知でしょうか。

クチビとは漢字で「口火」のこと。口の中が燃えるような赤い色なのでそう呼ばれていて、実は標準和名のハマフエフキ」という南国系の食用魚の別称になります。

ちなみに、もっと一般的な呼び名に「タマン」があり、特に釣り人にはこう呼ばれるケースが多い印象です。

さて、クチビとは徳島あたりの地方名で、他に「クチビダイ(口火鯛)」とも呼ばれているのですが、このクチビをさらに調べてみると、色々と惜しい魚であることが判明しました。

一体どう惜しいのか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

クチビはどんな魚?いろいろ”惜しい”魚です

標準和名「ハマフエフキ」の徳島方面での地方名である「クチビ」。

見た目は堂々とした風格で迫力のある重量級の魚ですが、実は「もうちょっとなのに!」というポイントが残念ながら満載の魚であります。

まず、超個人的に思うことを一番最初に書いておきます。

似てませんか??

「この飛行機、どこかで見たことがあるけど思い出せない!!」という声が聞こえてきそうです。

もうその時点で惜しい、残念。

この飛行機が何かと言えば、「風の谷のナウシカ」に出てくる「ブリック」というペジテの輸送船ですよ。

国民的アニメに出てくる乗り物に似ているとこまでは良いけれど、「ブリック」というかなり微妙な機体だったというオチが残念でならないという話。惜しい!!

クチビは沖縄三大高級魚!・・ではない残念さ

上でも書きましたが、見た目はどっしりと迫力があって高級感さえ漂っていると思うんですよね。

実際、関東の市場でも結構な高値で売られているのを見たことがあり、高級魚であることは間違いないと思います。

ところで、「クチビ」って名前は地方名で、タマンという呼び名が一般的と書きましたが、タマンとはもともとは沖縄での呼び名です。

沖縄において、クチビ(タマン)は敷居の高い魚として認知されていますが、同地には「三大高級魚」というのがいて、

のことを言います。基本はこの3種。

人によって3大高級魚に「タマン(ハマフエフキ)」を推す人がいるケースもあるという、なんとも「惜しい」高級魚なのです。

準レギュラー止まりのタレントさんみたいな状況。

味の評判はどうなのか。これもやっぱり惜しい

「高級魚」ということは、味も良いはず。

この点は、さすがというか、おいしい魚だと僕は思いますよ。クセがなく、独特の旨味があります。

しかし、釣り人たちのネットでの評価はイマイチ。

腹出して、キンキンに冷やすと
食えますし、普通かなと!
臭いの居るし、
持ち帰りが悪いと
辛い場合が有りますが
単純に磯物だから
仕方ないって考えてます。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14149718779

しかし、味は…美味しいとは言えない…
フエフキ系統は癖のある魚が多いですね…
バラフエダイ何かは特に…

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14149718779

激マズではないけど、大きい奴ほど美味しくないような気がします。
同じ道具、ポイントで釣れるコロダイの方が比べるとおいしいです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14149718779

夜釣りや底もの外道ですね。
個体によって差がありますが抜群にうまいとはおもいません。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14149718779

普段塩焼きにするけど、まあ普通の白身。
ベラのほうが旨いかな。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14149718779

これは惜しい!笑

人によるのか、個体差なのか。

繰り返しになりますが、僕が食べたものは、脂が良く乗っていてとても美味でしたけどね。汗

クチビの特徴、生態、食べ方など

クチビが「惜しい魚」であることは分かってもらえたでしょうか。

僕はこの魚、もっともっと評価されて良いと思うんですけどね。

気を取り直して、ここからはハマフエフキの他のポイントを紹介していきたいと思います。

名前の由来は不明

標準和名の「ハマフエフキ」という名前、由来はどうやらハッキリしないようです。

漢字で書くと「浜笛吹」となるので、普通に考えて「浜で笛吹いてる魚」みたいな由来かとは思いますけど。

学術的には「フエフキダイ」と同じ仲間ですので、やはり特徴的なその口が名前の由来ではないでしょうか。

ちなみに「クチビ」とは、冒頭で書いた通り口の中の赤い色から。漢字では「口火」。

地方名いろいろ

沖縄では「タマン」や「ターマン」と呼ばれ、高級魚として扱われることは既に書きました。

四国や九州の方では、クチビやクチビダイの他に「クチミ」、「クチミダイ」、「クチビデエ」などと呼ばれるそうです。

クチビは大きい魚、長寿の魚

最大で1メートル近くまで成長する魚で、寿命はなんと20年を超えます。だいたい釣り人からヌシと呼ばれる魚の正体はコイツですね、たぶん。

他の多くのフエフキダイ属の特徴と同じく熱帯の海域に属し、沿岸の浅い海のサンゴ礁などで良く見られます。

独特の模様、立派なヒレに大きなウロコ

顔には独特の模様があります。この辺りの特徴はやはり南国っぽいですね。

鱗は大きくて硬いので取りづらいです。そしてヒレはおおむね鋭く尖っているので注意が必要ですよ。

クチビ:おすすめの食べ方

僕が買ったものは、脂が良く乗っていて「刺身」が一番おいしかったです。

まぁこれは人によるかもしれませんので、焼き魚とかがとりあえず無難かもしれませんね。

しかし、総合的に僕がオススメしたいのは「煮物」です。

アラからとても良いダシが出て、上品とさえ言えるような味わいでした。

焼くと身が締まるような感じなので、煮物であれば、しっとりと煮汁を絡めて食べられるので、ちょうど良いと感じたわけです。

最後に

以上、クチビの話でした。

いや〜惜しい。

でも「惜しい」ということは、それなりに評価も高い魚ということです。何度も書きますが、脂の乗ったものは刺身で食べてなかなかの味でしたよ。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました