【アジ(鯵)の仲間】オキアジという珍しい魚を紹介します

スポンサーリンク
魚介類

家庭料理の代表的な魚と言えば、まず「アジ」が思い浮かびます。

単に「アジ」と言っても、細かく見れば実はいろいろ種類がいて、一般的に知られているのは「マアジ」という種類でしょう。

今回紹介するのは、そんな知名度抜群のマアジの仲間である「オキアジ」という魚です。

有名なマアジに対し、オキアジは知る人ぞ知るマイナー魚。

マアジと同じ「アジ科」の魚ですが、流通量は劇的に少なく、家庭の食卓に登場することはまずないと思います。

しかし、オキアジはこの上なく美味しい魚との呼び声も高いので、今回はオキアジについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

アジ科の魚「オキアジ」とは?

日本国内のマアジの漁獲量は、魚介類ぜんぶの中でトップ10に入るくらいメガトン級の存在。

対するオキアジは、同じアジ科ではあるけど比較にならないほど流通しない魚です。

オキアジはマアジの仲間

オキアジは「アジ科」の魚で、マアジの仲間です。

マアジと言えば特徴的なのが「稜鱗(「ぜんご」や「ぜいご」と読む)」の存在で、オキアジにも稜鱗がちゃんとあります。

体の真ん中から尾ビレまで一直線に線が走っていますが、これが稜鱗です。

稜鱗(ぜんご)に触ると硬く鋭いトゲ状になっていて、安易に触れると指が切れます。

面白いのは、稜鱗(ぜんご)はアジの仲間にしか見られないこと。

何故、アジの仲間にしかないのか?と気になりますが、その謎はハッキリとは解明されていません。

「アジ類の感覚器官の発達に関係しているのでは?」とか、もっと単純に「後方からの捕食者の攻撃に対する防御のためでは?」など諸説あるようです。

稜鱗はウロコの一種ですが、ウロコというのは、外敵の攻撃から身を守る鎧のような役割があると考えられています。

しかし「感覚器官の発達」と聞くとなんだかピンときませんね。

そもそも、オキアジに限らず魚には「側線」と呼ばれる感覚器官が体の表面についています(側線についてはアイナメの記事で説明してます)。

稜鱗のあるオキアジなどのアジ類にも側線があり、稜鱗が側線と同じ所についているので、何らかの感覚器官なのでは?と推測されているという話のようですね。

オキアジの別名

オキアジのことを「マナガツオ」と呼ぶ地域があるそうです。

マナガツオは超高級魚で、確かにオキアジと似てなくもないけど、間違えてしまうと大変なことになるので気をつけましょう。

見慣れると全然ちがう魚なので、まず間違えることはないと思いますが。

オキアジの他の別名には、ドロアジが有名でしょうか。内臓に泥を含んでいることがありこう呼ばれるとか。

オキアジは他の魚同様に、上記以外にも多数の呼び名を持ち、地方によっては話が通じないこともありそうです。

オキアジに限らず、日本での魚の呼び名は超ややこしくて、例えば「カイワリ」という魚の別名が「オキアジ」だったりと複雑な迷宮のようになっています。

オキアジは流通量少なく美味

オキアジは、名前の通り沖合に生息していて、しかも海の底の方に住む性質があります。

磯釣りでは狙いづらいですし、船からの網にもかかりづらい魚と言えるでしょう。

単に個体数が少ないのかもしれませんが、いずれにしても、オキアジのレア感は高いのです。

各部のヒレの特徴から、遊泳力は高そうですね。

オキアジについて、マアジと同様に赤身と白身の中間的な味わいである。とよく言われます。

筆者も刺身でいただきました。

切り身の見た目はサワラ(ちなみにサワラは赤身の魚)に近いと感じましたが、食べてみると「アジ」そのもの。

マアジと比べても遜色ないと思います。

サイズもあるので歩留まりも比較的良く、認知度のためか値段もリーズナブル。

鮮度落ちは早そうですが、入手できたらラッキーな魚と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました