青い鯛?「アオダイ」はこんな魚!やや高級魚の値段

魚介類

スーパーマーケットではあまりお目にかかれない魚、「アオダイ(青鯛)」を紹介します。

味が良く飲食業界では割と人気の魚で、漁獲量の少なさも手伝って、高級魚として取り扱われることもしばしば。

ちなみにアオダイ(青鯛)という名前は、そのまま「青い鯛」の意味ですが、マダイなどタイ科の魚とは一切無関係です。

ちょうど夏前の6月頃から旬を迎え、魚市場では大量に売り場に並んでいたりします。

高級魚として扱われると書きましたが、夏場、大量に入荷されたりすると1kgあたり800円くらいのお手頃価格で販売されることも。

安いうえ、身もそこそこ厚くて歩留まりが良く処理もしやすいことが、業界内で人気のある理由でしょう。

スポンサーリンク

青い鯛「アオダイ」の値段や特徴

アオダイは、旬を迎える夏ごろになると、魚市場でたくさん売り場に並びます。

美味しくて値段も手頃であることに加えて、歩留まりも良くおまけに処理しやすい。料理人にとっては非常に扱いやすい魚と言えるでしょう。

そんなアオダイの値段や特徴について紹介します。

アオダイ(青鯛)の値段はキロ800円から

気になるアオダイの値段は、その年々で若干の変動はあるにせよ、1kgあたり800円くらいが底値だと思います。もちろん、日によっては高い値をつけていることもありますが。

魚の状態や、需給のバランスにより、魚市場での売値は上下するものです。

しかし、良い魚なのになんでこんなに安いのか?

それは謎ですが、認知度が低いというのは理由として一つあるかもしれません。

また、夏になると売り場にたくさん並ぶ光景を目にしますので、もしかしたら夏に大量に獲れる魚なのかも。

「鯛」だけどタイ科じゃない

アオダイ(青鯛)は、名前に「(鯛)タイ」とありますが、最初に書いたように「タイ科」ではありません。

「フエダイ科アオダイ属」の魚で、同じ「科」には、ハマダイ(アカチビキ)ハチジョウアカムツヒメダイなどの仲間がいます。

フエダイ科の多くは、暖かい海に住む種が多く、アオダイも伊豆諸島、小笠原諸島、屋久島、琉球など、日本の中でも暖かい海で多く漁獲されます。

また、同じアオダイ属の魚「ウメイロ」は、見た目がアオダイと非常に良く似ていますが、ウメイロはアオダイより認知度も高く、より高級な魚として扱われます。

「青っぽい」けど青魚じゃない

さらに、アオダイは「青っぽい魚」だからと言って、「青魚」とも異なります。

青魚は背が青い魚で海の表層近くで暮らしていますが、アオダイは、水深100メートル以深という、深めの海域で生活していることが多いようです。

また青魚の多くは赤身ですが、アオダイは白身魚です。

高知では「ウメイロ」(ややこしいですが、先ほど書いた、「種」としての「ウメイロ」とは別の魚です)、沖縄ではシチューマチやヒチューマチなどと呼ばれます。

ちなみに「アオダイ」を漢字で書くと「青鯛」となり、その青っぽい見た目の色からの由来。

なぜ「鯛」かというと、そもそも「肖り鯛」という言葉がありますが、要するに魚の王様「マダイ」にあやかって付けられたのでしょう。

アオダイは美味で値段も安い魚

アオダイのシルエットは、イサキに似ている気がします。

背ビレ

やっぱりイサキに似ています。特に背ビレの特徴はそっくり。

この口。おそらくは小さい動物を食べているのでしょう。甲殻類を食べるのはちょっとキツそうです。

アオダイは刺身でも焼き魚でも美味。

上質の白身で、なおかつ適度な弾力もあり、マダイやヒラメなどとはまた違った味わいを楽しめます。

値段が手頃で、食べる部分も多く、処理もしやすい。

夏になったらアオダイは「買い」です。

タイトルとURLをコピーしました