「鯛と真鯛の違いって何?」を解決!さらに血鯛(チダイ)との見分け方も

市場のお魚たち

(タイ)と真鯛(マダイ)は同じ魚のことを指している」という説明は、半分正解だと言えます。

つまり、「鯛」って言葉を使う場面によって、意味するモノが次のように変わるのです。

  1. 「鯛」という名前を広い意味で使った場合、「タイ科」に属する全ての魚のことを指している(クロダイチダイも「鯛」だと言える)。
  2. 狭い意味で使われる場合は、「真鯛(マダイ)」のことを指す(タイ科のみならずマダイは魚の王様的な存在だから)

なんだか屁理屈に聞こえそうですね。

実際には、クロダイのことを「鯛」だとはあまり言いません。価値の高いケースが多いマダイを差し置いて、クロダイを「こっちが鯛だ」とは言いづらいってことでしょう。

クロダイやチダイを「鯛」だと言って間違いではありませんが、ふつう、「鯛」と言ったら「マダイ」のことだと覚えておきましょう。

さて話は変わりますが、マダイと同じ「タイ科」の魚で、マダイに非常によく似た「チダイ(血鯛)」という魚がいます。

両者、非常によく似ていてパッと見で見分けはつきません。

今回は、マダイとチダイの見分け方についても解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

鯛(タイ) ≒ 真鯛(マダイ) ≠ 血鯛(チダイ)

「鯛」と言えば普通はマダイのことですが、場合によっては血鯛(チダイ)のことも「鯛」と言います。それは学術的な分類である「タイ科」のことを指した時。

しかし、マダイとチダイは別物です。同じ種ではありません。

上がチダイ、下がマダイ

と言うことで、ここからは両者の見分け方を解説していきます。

ポイントは以下。

  • エラ蓋(チダイ→血が滲んだように。マダイ→なっていない)
  • 尾ビレ(チダイ→同一色。マダイ→縁が黒っぽく縁取られている)
  • 背ビレ(チダイ→前の棘だけ極端に長い。マダイ→キレイに揃っている)
  • その他(チダイはマダイよりも小さめで、色も薄め)

詳しく見ていきましょう。

そもそものマダイとチダイの種としての違い

2つの魚の生物学的な分類は次の通り。

  • スズキ目スズキ亜目タイ科マダイ亜科マダイ属
  • スズキ目スズキ亜目タイ科マダイ亜科チダイ

微妙な違いをわかってもらえるでしょうか。

続いて、見た目の違い(見分け方)です。

その①(鰓蓋)

まず一番分かりやすい見分け方として、チダイの名前の由来でもある鰓蓋(えらぶた)の特徴は、マダイにはありません。

チダイはこの通り↓

チダイの鰓蓋(えらぶた)

鰓蓋のところが血が滲んだように赤くなっていますよね

こちらがマダイ。

マダイの鰓蓋(えらぶた)

先ほどのチダイと比べると、鰓蓋は特に赤く滲んだようにはなっていないですね。

この部分で見分けるのが、ぶっちゃけ一番分かりやすいと思います。

あと、本筋とはちょっとズレますが、上のチダイとマダイの写真について補足させてください。

この二匹、「顔立ちが全然違うので、鰓蓋を見なくても分かるのではないか?」って思うかもしれませんが、今回使った写真の二匹は同じ年齢ではないので、そのせいです。若者とおっさんくらい顔の感じが違うということです。

その②(尾びれ)

そして尾びれの違いについても、料理業界では良く言われる見分けポイントです。

まずチダイの尾びれ↓

真鯛はこう↓

マダイは、尾びれの縁が少し黒っぽくなっていますよね。対するチダイは、黒くなっていません。

これが違いです。これもまた分かりやすいです。

その③(背びれ)

背びれの棘の長さの違いも良く言われます。チダイは第二棘、第三棘が少し長いのに対して、真鯛は棘が揃っているんですね。

↓前の方のトゲが極端に長いんです、チダイのは。

ただ、背びれは針状になっていて触っているうちに怪我をしてしまう恐れもありますし、それに背びれが寝てしまっているとパッと見で分からないという難点もあります。

あまりオススメできる見分け方ではありません。

その④(その他)

それと、チダイとマダイの違いとして個人的に感じるのは、チダイの方が体の色が薄いということ。

上の写真のように、なんとなく気持ち薄いという・・。わかりますかね?笑

対するマダイはもっと赤黒いという感じがします。個体差もありとても微妙なところですが、何匹も見慣れてくるとパッと見でだいたい判別できるようになるものです。

さらに、ちょっと変化球的な見分け方をひとつ。チダイの雄の外見は特徴的で、大人になるとだんだんデコッパチになります

これ、一体ナゼなのでしょう・・。面白い特徴です。雌のおでこは滑らかなのに、不思議です。まぁこのへんも一つ見分けポイントになるのではないでしょうか。

あと、チダイの方が、マダイよりも体格が小さいことが多いです。二匹並んでいる時、小さくて色が薄い方がチダイであることが多いですよ。

両者の味の違い

これは非常に難しいところです。

僕はほとんど一緒のような気がしていますが、気持ちだけ、チダイの方が水っぽい(水分が多い?)ような印象はあります。ただそれも違う魚だと初めから認識しているせいかもしれませんし、本当に微妙なところ。

それだけ、両者の味は似ているということなのでしょう。

つまり、チダイも美味しい魚なんですね。

ちなみに、チダイの方が安価であることが多いです。

チダイと真鯛を取り違えないように注意しよう!

姿形の似ている別々の魚を見分けることは、個体差や状態によって判別しづらい場合もあります。そんな時に、いくつかの見分けポイントを覚えておけば、確証を得やすくなるのではないでしょうか。

味が似ているにもかかわらず値の違う魚なので、両者を取り違えて扱うことがないように注意したいですね。

タイトルとURLをコピーしました