目鯛(メダイ)とは?キンメダイ(金目鯛)やマダイ(真鯛)との違い

メダイ(目鯛)魚介類

メダイ(目鯛)とは、どんな魚でしょうか。

メダイは海水性の白身魚で、食材として認知度はそれほど高くありませんが、歩留まりの良いコスパ最強の食用魚であり、味もとても良いのでかなりオススメの魚です。

ちなみに、名前が似ている超高級魚「キンメダイ(金目鯛)」とメダイとは親戚みたいな関係なのかと言うと・・・。

  • メダイ(目鯛)とキンメダイ(金目鯛)、実は全く関係なし
  • ついでに、名前に「鯛」ってあるけど、マダイの仲間ではない

ということで、実は関係ありません。

名前に「鯛(タイ)」とあるメダイ。いったい何者なのでしょうか!?

スポンサーリンク

メダイ(目鯛)とは?金目鯛や真鯛との違い

「メダイ(目鯛)」という名前に注目すると、「キンメダイ(金目鯛)」、「マダイ(真)」ということで、これら3種の魚は何かしらの強い絆があるだろうと察せられます。

しかし、どれも海水魚である共通点を除けば、全く赤の他人!

メダイ(目鯛)、キンメダイ(金目鯛)、マダイ(真鯛)の関係

3種の魚の学術的な分類を見てみましょう。

メダイは、「スズキ系スズキ目イボダイ亜目イボダイ科メダイ属」に属します。

キンメダイは「キンメダイ系キンメダイ目キンメダイ科キンメダイ属」ということで、メダイとはだいぶ遠縁。

名前が似ていて同じように目の大きな魚、しかもどちらも深海魚ということで、親戚くらいの関係かと思ったけど全く違いました。

そしてマダイは「スズキ系スズキ目スズキ亜目タイ科マダイ亜科マダイ属」。

同じ「鯛」なのにメダイは「タイ科」の魚ではありません。

両者が同じ「スズキ目」であることを加味しても、マンションの隣人くらい違いました。

メダイは高級魚「マナガツオ」の仲間

高級魚として有名な「マナガツオ」と近縁種でもあり(マナガツオは「イボダイ亜目マナガツオ科」)、確かにマナガツオと顔が似ているような気がします。

80㎝前後にまで成長する大型の魚であるメダイ。産卵期は冬です。

上の写真は成魚のもので、体重は5kgを超え全長80センチ近いサイズです。若魚だとウロコはほとんどありませんが、このくらいの成魚のメダイはビッシリと覆われています。

丸々と太った身は鮭(サケ)を思わせます。体に対して頭は小さく、可食部が多いであろうことも見て取れますね。

メダイの食性は肉食で、主に小魚などを食べています。サギフエを丸呑みしていたことも。

メダイは深海魚

メダイは水深400メートルから100メートルくらいの間で暮らしています。

名前の通り発達した“目”は、まさに深海魚の特徴と言えるでしょう。

また、見た目以上に体を触るとヌルヌルしているのが特徴です。

30㎝くらいの若魚だと、ウロコは小さくて(というかほとんど無い)皮は柔らかいです。その場合、身が崩れやすいので調理する時には注意が必要です。

冒頭で触れたように味はとても良く、上質な白身でクセがありません。高級魚として扱われることもしばしば。

呼び名いろいろ

様々な地方名があり、アゴナシセイジュウロウハナタレなんて呼ばれたりもするようですね(「アゴナシ」は見た目で何となくわかるけど、セイジュウロウとか謎・・)。

なお、魚の多くは口元を見ると下顎が出ていて、受け口であることが多いのです。メダイは受け口ではありませんよね。

別にアゴが極端に無いわけでもないように思いますが、「アゴナシ」なんて呼び名があるのは、他の魚たちと比べメダイが少し変わっているからではないでしょうか。

メダイを調理する時の注意

ちらっと書きましたが、メダイは美味しいんです。高級魚のマナガツオより全然安いことも魅力。

しかも歩留まりも良い。先ほど書いた通り顔が小さく身が厚い上、内臓がそれほど大きくないことが理由でしょう。

ただ、30センチ未満の若魚の時は、水分が出やすいので調理の際は注意が必要です(成長すると80センチくらいになるらしくて、成魚は扱ったことないのでわかりませんが)。

サイズの小さい若魚は皮も柔らかいので、ソテーすると身がボロボロになりやすいです。フライパンにくっつきやすいんですね。

鉄製のフライパンで焼くときは、「ピチット」を使ったり、あらかじめ塩を当てて水分を抜くなど、ちょっと工夫が必要だと思います。

飲食業界では常識的な部類の魚ですが、一般家庭レベルでは珍しい魚かもしれません。

ただ、食用として切り身などがスーパーマーケットで販売されることもあるようです。

もし運よく遭遇したならばぜひ手にとってみてください。

タイトルとURLをコピーしました