細長い魚「ヤガラ」を紹介!一目見たら忘れられない高級魚

ヤガラ(矢柄)魚介類

料亭などで利用される高級魚「ヤガラ」をご紹介します。

細長くいびつな見た目はとても特徴的で、魚にあまり興味のない人でも簡単に覚えやすい形をしていますね。

ヤガラという名前は漢字で「矢柄」と書き、つまり武器として使われる「矢」の柄(え)のこと。見た目がそっくりなところから名前が来ているのでしょう。

深海魚には見た目が奇抜なものが多く、コイツも海の底深くに住んでいるのかと思いきや、ヤガラは深海魚ではありません。割と浅い海に住んでいるのです。

ハッキリとした目が深海魚っぽいですが・・。

食材としての流通量は少なく、それもまた高級魚として扱われる要因で、プロの料理人でもない限り手に取ることは滅多にない珍魚指数の高い魚でもあります。

今回は、そんな謎多き魚である「ヤガラ」を掘り下げてみたいと思います。

スポンサーリンク

細長い魚は超高級魚!?「ヤガラ」とは?

ヤガラの細長い見た目は、食用魚であるということさえ疑いたくなりますが、ちゃんと食べれるどころか、高級食材として扱われます。

しかも、「超」がつく高級魚。家庭の食卓で見ることはほとんどないでしょう。割烹料理や寿司ネタとして、お高い料理に使われることの多い魚です。

そもそも漁獲量が少ないことも値段が高騰する一因ではあるかもしれませんが、なんと言っても味が文句なしに良い魚であり、高値であっても文句なしの魚です。

味覚、そして何よりインパクトのある体のフォルムを細かく紹介していきます。

ヤガラは「白身」の高級魚

超高級魚であるヤガラの旬は秋から冬と言われています。

しかし年間を通して味は良く、通年で漁獲されますが漁獲量は常に少なめです。

身質は白身ですが決して淡白ではなく、甘みもありバランスの良い味わい。刺身にすると非常に美味で高級魚と言われることも納得です。

骨はしっかりと太いので処理はしづらいですが、その骨から良い出汁が出るので煮物でも美味しいですよ。

ヤガラを三枚におろしてみたところ、ヤガラに似て細長い魚であるタチウオと比べて非常に捌きづらいと感じました。骨が多く太いので歩留まりも良くはありません。まさに唯一無二の魚。

特徴的な「吻(ふん)」を観察してみた

「吻(ふん)」とは、人間で言うところの「口」に当たる部分で、食べ物を取り込む器官なのですが、ヤガラの「吻(ふん)」は他の魚にはない独特の形状をしています。

鳥のクチバシのように硬く、細長いカタチ。

このへんからもうカチカチに硬い

見た目の割に大きくは開口できず、いわばスポイトのような作りになっていることにも驚かされます。

「吻」のほんの一部、先っちょだけ多少は開口するようになっている
最大で開いてもこの程度

ただし、ヤガラはその変わった口で何か特別な餌を食べているわけではなく、他の魚と同様に小魚や小さな甲殻類を主に食べています。

興味深いのはその食べ方。

細長い形状を利用して、岩やサンゴの隙間から獲物を効率よく捕食できるようになっています。

ヤガラは「大型魚」

細長い体のヤガラは、全長1メートルを越すまでに成長します。

ヘビのように、ニョロニョロと全身を使って泳ぐ姿を想像しがちですが、実際は尾びれあたりを他の魚と同様に少しクネクネさせる程度で、ヘビの動きとは少し異なります。

体の割に小さなヒレを忙しく動かす姿は、ヘビよりもウマヅラハギなどの魚と似ていると言えるでしょう。

「尾びれ」の形が不思議

ヤガラの尾びれは上下が二股に分かれて、真ん中から針のように細い「鰭条(きじょう)」と呼ばれる部位が伸びていることが特徴的。

この形、まるで「矢」の羽の部分

詳しい解説はwikipediaなどを見ていただくとして、要するに「鰭条」とは矢柄の骨の一部です。

ヤガラには鱗はありません。ただし、体の真ん中を通る「側線(そくせん)」と呼ぶ骨張った筋状の部位が発達し、尾びれの鰭条にまで達しています。側線も含めて、ヘビのようなニョロニョロではなく、トゲトゲしいので扱いにはご注意を。

実際、なかなか食べる機会はなさそうな魚ですが、割烹料理店などを訪れる機会があれば、ぜひヤガラを注文してみてください。

見た目はこんなでも美味しい、というのは魚の常。

上品な味わいにビックリすること請け合いです。

タイトルとURLをコピーしました