マダラ(真鱈)は結局どうやって食べるのが一番ウマイのか

マダラ(真鱈)魚介類

冬に旬を迎えるイメージの強い食材、「マダラ(真鱈)」。

実は5月、6月頃でも市場に出回ったりしますし、さらに言えば活発に動き餌をよく食べるようになる「夏」。夏はマダラが美味な季節であることはあまり知られていません。

マダラは白身の魚で他の白身魚に輪をかけて淡白な味であることから、魚が嫌いだという人もマダラであれば食べれるという話は良く聞きます。

その認知度の高さは、日本の国民的アニメ「サザエさん」で幼児キャラの名前に使われるほど。

そう、一般的に「タラ」と言えばマダラのことで、タラ科の中で最も有名な魚であると言えるでしょう。

そんなマダラ、結局どうやって食べるのが一番ウマイのかを考えてみました。

スポンサーリンク

マダラ(真鱈)の一番美味しい食べ方とは?

冬だけでなく、夏でも美味しい「マダラ(真鱈)」。

国民的アニメの幼児キャラでもなく、うちは一族最強の男でもなく、「魚のマダラ」の話です。

マダラのベストな食べ方を考えてみました。

マダラはやはり「ホイル包み焼き」で

マダラはバターとの相性が抜群の魚。

淡白な味のマダラはバターの風味を最大限に生かすので、そのまま焼いて食べるよりも最大限の相乗効果が期待できます。

さらに、深海性の魚であることから身に多くの水分を含むマダラ。刺身では水っぽくなるので必然的に火を入れて食べることが多くなるでしょう。寄生虫も心配ですし。

その上で、身に多く含む水分を逆手に取った料理法が「ホイル包み焼き」なのです。

それは、バターの油分と自身の水分で蒸し焼きにするマダラならではの料理と言えるかもしれません。

また、バター同様にクリーム系とも相性が良いマダラは、シチューなどの煮込み料理とも相性が良いでしょう。

胡椒(コショウ)の存在も忘れてはいけません。ホイル焼きでもシチューでも胡椒を使うのは鉄板です。

「マダラ」とはどんな魚か?

さて、マダラの顔をよく観察すると・・・、

マダラ(真鱈)のヒゲ
マダラ(真鱈)のヒゲ

ヒゲがあります。

その用途は不明ですが、マダラの特徴の一つであり、何らかの感覚器官なのかもしれません

また、マダラはいろんな箇所のヒレがちょっとづつ多い魚。背ビレは3つ、尻ビレは2つあり、他の魚と比べると1〜2個多いという珍しい特徴を持っています。

マダラの内臓系は全て大きく、ほとんどの臓器が食用とされます。中でも肝(キモ)は美味ですし、白子(マダラの精巣)は高級食材で有名。

生息分布は北海道や北陸などの北国の寒い海に多く、南は茨城でも見られます。水深150〜200mに多く住み800mほどの深海でも適応できる深海性で、体長は最大1メートルを越す大型の魚です。

冬の産卵期には浅場に移動してくる為、この時期の漁獲量が増えるため「冬が旬」とする向きもありますが、先に書いた通り栄養を蓄え活発に泳ぐ夏場こそ美味であるという意見もあり、一概に「旬は冬」と言えないことは確かでしょう。

ただし、高級珍味として名高い「マダラの白子」を求めるなら、秋から冬になります。

マダラのキモや白子は鍋料理との相性も良く、内臓系を使うならば、ホイル包み焼きよりも「鍋料理」がベストかもしれません。

フライパンで焼くときの注意

マダラは「ホイル包み焼き」で食べるのがベストと書きましたが、もしフライパンでソテーする時にはちょっとしたコツが必要、

マダラをフライパンで焼くと水気が多いので皮目がパリッとせず、しかも身が柔らかいので崩れてボロボロになりがちです。

フライパンでうまく焼くコツは、

  • 半日ほど、切り身に薄く塩をあてラップをせずに冷蔵庫内で水分を飛ばす
  • 小麦粉をまぶして油多めの強火でソテーする。
  • 「ピチット」を使って水分を抜く

いずれかの方法でやれば皮目もパリッと焼けます。「ピチット」は楽天でも買えて非常に便利な道具ですよ。

タイトルとURLをコピーしました