【ヒメダイ(姫鯛)】姫っぽくない深海魚。ゴージャスな名前の由来は?

市場のお魚たち

目がでかい高級魚「ヒメダイ(姫鯛)」の紹介です。

まず名前がステキ。「姫」ですからね。ゴージャスです。

なぜ「姫」という名前なのかは謎らしいですが、僕の勝手な予想では、

  • 目がでかい(可愛い)等の「見た目」から
  • 歴史(例:昔、〇〇姫が好んで召し上がった。等)から
  • 間違い(例:黄目鯛がいつの間にか「ヒメダイ」に・・みたいな)

などの説があるのでは?と考えています。

何の脈略もなく「姫鯛」なんて呼ばないでしょうから、何かしらの由来はあるはずですが、今となっては想像するしかないので少し残念ではあります。

ということで、今回は「ヒメダイ 」について、どんな魚なのか詳しく見ていきます!

スポンサーリンク

ヒメダイ(姫鯛)はどんな魚?

ヒメダイは深海魚です。

その証拠の大きな目。

暗い海を生きるための深海魚の多くが持つ特徴ですが、ヒメダイ の場合、生息域は100m以深ということで、深海魚の定義としては微妙ではあります。

体の特徴

大きな目が可愛いので「姫」と名前がついたのでは?という安易な発想は置いておき、それでもなかなか愛くるしい見た目の魚ではありますね。

南の海の高級魚!関東でも

沖縄では「グルクンマチ(クルキンマチ)」などと呼ばれて王道の高級魚ですし、関東でも文句なしの高級魚。しかも流通量が少ないのでレア度も非常に高く、なかなかお目にかかれません。

沖縄でメジャーな魚であることから、ヒメダイ は南方系の魚だと言えます。

近縁種は?

ちなみに体長は50センチくらいまで大きくなるようですね。

スズキ目フエダイ科に属します。近い種にハマダイがいて、こちらは1メートル前後にまで成長します。

(もしかして、小さい魚だから「姫」なのかも??)

呼び名の話

先ほど触れた沖縄での呼び名「グルクンマチ(クルキンマチ)」ですが、沖縄では本種を含むいくつかの魚を「マチ類」と呼んでおり、ヒメダイの他、アオダイ(ヒチューマチまたはシチューマチ)やハマダイ(アカマチ)などが「マチ」に分類されています。

和歌山や広島では、ハマダイ(アカチビキ)ハチビキと同じく「チビキ」という名前を含む別名として「ホンチビキ」などと呼ばれているようです。

あとは主に関東で「オゴダイ」とも。こちらもメジャーな呼び方で、標準和名の「ヒメダイ」と呼ぶか、人によって分かれるところですね。

他にも「アカトンボ」や「アカキコイ」など地方によって様々な呼び名があるようです。

「姫」という呼び名に関する手がかりは皆無。

ヒメダイはまず「刺身」で

ヒメダイは刺身でいただきたいですね!

鮮度が良すぎると噛みごたえがやや強く、甘みはあまり感じられませんが、1日〜3日くらい寝かせると甘みが増します。食感もまろやかになりますよ。

焼いても煮付けても間違いなく美味しい魚です。

刺身だと皮は硬いですが、ソテーして食べる時は、その皮が逆にパリッと美味しいアクセントになるでしょう。

ヒメダイの名前の由来は結局分からなかったので、ご存知の方がいたら教えてください。

タイトルとURLをコピーしました