ハチジョウアカムツ(八丈赤鯥)と高級魚ノドグロの関係とは?

市場のお魚たち

ハチジョウアカムツという珍しい食用魚のことをご存知でしょうか。

名前に付く「ハチジョウ」は、この魚が八丈島周辺の海域で多く見られることから付いた名前ですが、それよりも気になるのは「アカムツ」という部分。

「アカムツ」と言えば別称「ノドグロ」のことですよね。泣く子も黙る超高級魚ですから、ハチジョウアカムツがノドグロと関係した魚なのか、非常に気になるところです。

でも残念。

この2匹は近縁種とは言い難い存在なのです。具体的にどう違うかというと・・・。調べてみましたので後述してます。

さて、ハチジョウアカムツはご覧の通り見た目が良く、食べてみると味も良い魚であることに気づくでしょう。

でも、やっぱり残念なのがその名前なのです。

「アカムツ」って名前が、ハチジョウアカムツの評価を逆に下げているような気がしてなりません。

今回は、ハチジョウアカムツとノドグロ(アカムツ)の関係性について、はっきり白黒をつけておきたいと思います。

スポンサーリンク

ハチジョウアカムツとノドグロ(アカムツ)は無関係

ハチジョウアカムツとノドグロの具体的な違いは以下。

  • ハチジョウアカムツは「フエダイ科ハマダイ属
  • ノドグロ(アカムツ)は「ホタルジャコ科アカムツ属」

見た目はなんとなく似ている両者ですが、上記のようにそれぞれが別の科に属しています。

・・と、言われてもピンと来ないかもしれませんね。

つまり、生物学上の話ですが、強引に例えるとしたら人間とサルくらい違います。

属する「科」が違うということは、それほど大きく違うということなのですね。

同属には高級魚「ハマダイ」も

ハチジョウアカムツが「ハマダイ属」ということで、近縁種にはハマダイという魚がいます。

ハマダイは別名「オナガダイ」とも呼ばれる高級魚ですね。オナガダイと聞くと、確立されたブランド感がある魚という印象ですが、同属であるハチジョウアカムツは、ハマダイと同様に味も見た目も良いのにパッとしない。

やはり名前のせいでは?と思ってしまうのですよね。

「ノドグロのニセモノ」的な印象がどうしてもつきやすいです。

「ハチジョウアカムツ」としてフィーチャーされるべき

名前を「ハチジョウムツ」や「アカハマダイ」とかにして、ノドグロ(アカムツ)とは切り離すべきだと思うんですよね。

そうすれば、今よりもっとハチジョウアカムツが人気になるような気がしますよ。

いかんせん、「アカムツ」では名前負けしてしまいます。

あたかもアカムツの仲間であるような名前に対し、実は関係が無いってギャップはマイナスイメージとなることがほとんどでしょう。

名前にある”ムツ”ってどんな意味?

ところで、アカムツの中にある「ムツ」の意味は、「むっちりしている」や「脂っこい」ということでして、クロムツの記事でも書きましたが、身に脂がのっているのでこう呼ばれるわけです。

そのクロムツは「ムツ科」に属し、クロムツ、アカムツ、ハチジョウアカムツの3匹は、見た目は結構似ているけどそれぞれが全く仲間ではないという、不思議な関係性の魚たちです。

ハチジョウアカムツのことで言えば、他の2種と比べ「脂っこい」という印象はあまり無いですね。

ハチジョウアカムツは深海魚

ハチジョウアカムツの目に注目。

目が大きいのは深海魚の特徴です。視界が悪いので「目」が発達するんですよね。

この牙の形、並び、「ムツ科」の魚みたいだ

沖縄では「マチ」と呼ばれる魚の一つ

いっぽう、ところ変わって沖縄ではハチジョウアカムツのことを「ヒーランマチ」という名前で呼ぶそうです。

沖縄ではムツ全般のことを「マチ」と言うのですよね。近縁種のハマダイは「アカマチ」と呼ばれます。

ハチジョウアカムツの食べ方

血合いが綺麗な白身の魚で、刺身にすると見た目も味も良いです。

生で食べて、上品で上質な旨味が感じられますし、焼いても煮ても間違いのないタイプでしょう。先ほど書いた通り、「ムツ」の名前の脂っこいという印象は弱め。

皮は硬いため、刺身を皮付きで食べる場合は皮を焼いたり湯引いたりすると良いかもしれませんね。

ノドグロのことは一旦忘れるべし

今回は、アカムツに近くて遠い魚「ハチジョウアカムツ」の紹介でした。

アカムツと聞いて、普通はノドグロのことをまず考えますが、それは忘れてください。

ハチジョウアカムツは、ノドグロとは違う魚で、時に高級魚として扱われることもある価値の高い魚です。

(でも名前が違ければもっと価値は上がっていたと思う)

タイトルとURLをコピーしました