【珍魚】ホウボウとは?水族館でも見ることができる食用魚

白身魚

ホウボウは特段めずらしい食材というわけではなく、メジャーではないものの魚市場で視界の端にいつも滑り込んでくるような感じのお魚です。

古くから、刺身とか煮物とか食べ方の確率した魚介類。一方でその珍妙な見た目と興味深い生態から水族館の観賞用として定番的な海水魚でもあります。

今回は、ホウボウのおもしろポイントを紹介していきたいと思います。

  • ホウボウのユニークな見た目
  • 鳴く魚!?なぜ!?

その独特な生態は教育系のメディアなどで取り上げられることもしばしば。

最もよく知られるホウボウの特徴は、「歩く魚」であることと「凧(たこ)のような胸ビレ」でしょうが、それらについては別記事で詳しく紹介しています。

ひょうきんな姿につい目を奪われる、ホウボウの見た目と鳴き声を出すメカニズムを徹底調査してみました。

ホウボウとは?水族館で定番の食べれる珍魚

ホウボウは食材でありながら、インパクトのある見た目や生態により観賞にも適した海のお魚。

カサゴ目ホウボウ科に属する魚類で、どちらかと言えば寒い海に住む魚のイメージでしょうか。しかし北海道から関東はもちろん、時期によっては沖縄や鹿児島などでも見ることができ、意外と全国レベルの魚です。

水深100〜200メートルあたりが活動圏で、水深600メートルの深海でも見ることができるそう。砂泥地や岩場などに住む低層魚で、海釣りにおいては堤防から狙うこともできます。

特徴は色々ありますが、まずはなんと言ってもその形。

硬い頭と円錐形の体、大きなヒレ、他の魚とちょっと違う見た目に食材であることを忘れてつい見入ってしまいます。

ホウボウのユニークな見た目を紹介

ホウボウは海の中でどんな暮らしをしているのでしょうか。

広げると大きな胸ビレの使い方が気になるところ。

ホウボウの生態について、いくつかのおもしろポイントを紹介していきます。

有名なのがホウボウが歩く魚であるということ。胸ビレの特徴と合わせて別の記事で紹介しているので興味があれば覗いてみてください。

他にも凧(たこ)みたいな胸ビレや鳴き声を発す構造など、ネタの宝庫です。

ホウボウが鳴く理由とは?

ホウボウは「グーグー」と音を出す、つまり鳴く魚として知られています。

「え?どういうこと?」となりますが、人間のように声帯を持っているわけではありません。

ホウボウの鳴く仕組みは、浮き袋を使って音を出します。

浮き袋は魚における人間の肺に似た器官ですが、主な役割は「海中の位置調節(浮力調節)」です。

海水に対して魚の体は密度が高いので、そのままだと沈んでしまうわけですが、魚それぞれに居るべき深度がありますから、浮力を調節して一定の深さを維持しているということのようです。

ほとんどの魚は浮き袋を使って呼吸はせず、ホウボウも同様に浮き袋で呼吸はしません(ハイギョなど一部の魚類は浮き袋を使って呼吸します)。

その上で、ホウボウが鳴く理由はハッキリとは分かっていません。威嚇、求愛、仲間との何かしらのコミュニケーションの手段である可能性が指摘されています。

ホウボウが鳴くメカニズムは、浮き袋周辺の特殊な筋肉を使い、浮き袋を伸縮させることにより音を出しているとの説が有力。つまり浮き袋を振動させることで音を出しているのでは?ということ。

実は鳴く魚というのは他にもいて、イシモチカサゴも発音魚。発音する方法も様々で、中にはヒレの刺を使って音を出す魚も。海の中は色々な音に満ちているようです。

ホウボウのおすすめ食べ方

その昔、ホウボウは上流階級が食べる魚で、ある意味で神聖な扱いをされる魚だったみたいです。

縁起が良いということで「お食い始め」、つまり赤ちゃんに食べ真似をさせる伝統的な儀式に使われる魚として有名で、現代においても皇族のお食い始めに使われたーとか、ニュースになったりするクラスの魚なのです。

実はありがたい食材のホウボウ。オススメの食べ方はアクアパッツァです!

どんな料理か簡単に説明すると、

  • 水、白ワイン、トマトを用いた、イタリア発祥の魚の煮込み料理
  • 使う魚はなんでもOK(青魚でも美味しければ可!)
  • 魚の他に、出汁の出る魚介類を数種類入れる(アサリやムール貝など)

超簡単説明ですが、だいたいこんな感じのイタリア料理。そして、ホウボウをアクアパッツァで食べたい理由は3つ

  1. 調理が簡単
  2. ホウボウはアラ(頭など)から良い出汁が出る
  3. ホウボウは歩留まりが悪い

ホウボウは刺身でも美味しい魚ですが、生食は万人向けとは言えないですし、魚の鮮度の問題もあります。ホウボウはやはり「煮物」で、洋風であればアクアパッツァのような料理向きと言えます。

アラから美味しい出汁が取れるし、調理方法もほぼ丸のまま煮込むだけで簡単。加えて、体の割に頭が大きく食べどころの少ない、いわゆる「歩留まりの悪い」魚なので、丸のまま煮物にして身を余さない食べ方が合理的と言えるでしょう。

ホウボウに似た魚「カナガシラ」との違い

ホウボウとよく似た魚に「カナガシラ」というのがいます。

詳しくはホウボウとカナガシラの違いで説明していますが、両者の違いはざっくり言えば次の通り。

  • 胸ビレ(カラフルな模様はホウボウだけ)
  • ウロコ(ホウボウの方がツルッとしている)
  • 体の大きさ(カナガシラの方が小さいことが多い)
  • 体の形状(カナガシラの方が”すんずまり”)

知らずにパッと見ると全く同じ魚のように見えますが、このようなポイントを押さえた上で確認してみると、意外と簡単に見分けることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました