高級魚「クロムツ」の食べ方とアカムツ(のどぐろ)との意外な関係性を紹介!

クロムツ市場のお魚たち

「クロムツ」という魚をご存知でしょうか。

深海魚で、サイズは60㎝〜70㎝ほどの中型サイズ。冬に旬を迎える高級白身魚です。

クロムツの大きな目
鮮度が悪いので格安でてに入れた1匹!

「クロムツ」という名前の由来は後述するとして、似たような名前の「アカムツ」って魚もいるのですが、このアカムツも高級魚で「のどぐろ」の別名を聞けばピンと来る人もいるのではないでしょうか。

クロムツとアカムツ。近縁種と思いきや、どうやら違うようです。詳しい解説をしつつ、両者の違いに加えてクロムツの美味しい食べ方も紹介していきます。

スポンサーリンク

クロムツの食べ方とアカムツとの違いを解説

クロムツの名前の由来は「脂っこい」ことから来ています。実際はそこまでギトギトしているわけではなく、身に含まれた脂がクロムツの味の代名詞となっているわけです。

クロムツの食べ方

やはり一番は刺身でしょう。上質で繊細な脂が特徴であるクロムツのような魚は、刺身が最も美味しいです。

焼いて食べても美味しいですが、身に含まれる脂を味わうには生のままがベストです。

煮付けも、刺身同様にクロムツの調理方法としてはメジャーです。

刺身で食べるように、身に含まれる脂を感じることは少ないですが、ふっくらホロホロの身は口当たりがよく、火を通すことで甘みも増すように感じられるので、刺身に負けずオススメできる食べ方です。

もちろん、そのまま焼いて食べても美味しいですよ。丸焼きなら手軽に作れるし敷居も低いのでは?

クロムツとアカムツ(のどぐろ)の違い

ところで、意外なことに生物学上、クロムツの属する「スズキ目スズキ亜目ムツ科」には「ムツ属」1つの属のみで、しかもその中の種はクロムツを含め3種(4種とも)しかいないそうです。

ムツ科に属する3種(4種)の中に、当然「アカムツ」も含まれると思うでしょうが、別名「のどぐろ」で知られるアカムツは「ホタルジャコ科アカムツ属」で、クロムツとは近縁種ではありません。

名前が似ていることに加えて見た目もちょっと似ているので、クロムツとアカムツは従兄弟(いとこ)みたいなものかと勘違いしやすいでしょうが、違う科に属する魚なのです。

ちなみに、名前に「ムツ」と付く魚で、「アブラソコムツ」と「バラムツ」と言う魚がいますが、これらの魚も「ムツ科」には属しません。「クロタチカマス科」に属する魚です。

クロムツの特徴

クロムツの生息域は200〜500mということで深海魚の仲間です。大きな目は深海魚としての大きな特徴の一つです。

食用としては高級魚で旬は晩秋から冬。

秋から冬の産卵期に、成魚が水深100mほどの浅場まで移動して来るため、良く獲られるようになるというわけです。ちなみにこの時期は「寒ムツ」と呼ばれて特別扱いされたりします。

全長1メートル近くまで成長する魚であり、味わい的には大きい方が美味とされているので、大きいほど値が張ります。

クロムツの特徴と言えば、鋭い牙と真っ黒い口の中です。

クロムツ

これだけ見るとホラー感満載の魚ですね。

クロムツの名前の由来

クロムツの名前、それは「むつっこい」や「むっちり」という言葉に由来しているとされています。意味は「脂っこい」という様子。確かに「むっちり」って現代の会話でもたまに聞くことありますよね。

そして名前の由来である脂っこいというのは、その身質のこと。刺身にするとその脂が美味しいんですよ。

さて、たいてい日本で食される魚というのは、地方によって様々な呼ばれ方をされます。このクロムツもそうで、例えば「ロクノウオ」。これは仙台での呼び名ですが、江戸時代の仙台藩領主「陸奥守(むつのかみ)」に対して同じ「むつ」という名前を使うことを遠慮し「むつ→六(ろく)」に置き換えた為だそうです。

他にもムツメ、オキムツ、モツ、クジラトオシなど、様々な呼び名が存在しています。

妊婦さんは「クロムツの食べ過ぎ」に注意!?

クロムツの体内には微量の水銀が含まれるので、食べる時には注意する必要があります。具体的に言うとクロムツの身は1週間に160gまで。という目安があるそうです。

こういう中毒系の話って、魚でなくても意外と多いですよね。まぁどんな食べ物でも「食べ過ぎは良くない」ってことですよね。

逆に、体に良い物質(DHAなどの抗酸化作用のある物質)も含まれているので、食べちゃダメということではなく、適量ならむしろ食べたほうが良いということのようです。

ただ、妊婦さんはこういう系の話は過剰なぐらいに注意した方が良いではないでしょうか。

水銀は特に胎児への影響が強いらしいです。妊娠したかな?と思った段階から、このような食物の摂取は控えた方が良いと言われています。

クロムツとアカムツは近縁種ではない!

クロムツとアカムツ。

名前が似ているだけでなく、見た目も近縁種っぽい雰囲気であるし、さらにどちらも高級魚なので両者が近縁種だと勘違いしている人は多いです。

しかし、クロムツとアカムツはそれぞれ異なる科に属する遠縁の魚です。

両者の名前に含まれる「ムツ」の言葉の意味は「むっちりしている」、つまり脂っこいという意味でした。

両者、刺身や煮付けで美味しいという特徴までも共通していますが、両者の違いをしっかり抑えておきたいところですね。

タイトルとURLをコピーしました