イカの摩訶不思議すぎる体の構造を解説!

スポンサーリンク
スルメイカ魚介類

イカの体の仕組みを解説していきます。

説明に使うのはスルメイカですが、イカの体の造りはだいたい同じなので、ヤリイカ、スミイカ、その他のイカでもだいたい参考になると思います。

イカの体の形は、同じ海に住む魚類と比べてだいぶ様相が異なり戸惑ってしまいがちですが、海は多様性に溢れているなぁ、ぐらいに考えておけば大丈夫です。

目や口があって、内臓があって、魚のヒレのようなエンペラがあって・・・。

形はまるで違うけど、生きるための基本的な機能は魚もイカも同じ。

見た目の違いに囚われずにやっていきましょう。

スポンサーリンク

スルメイカの処理方法と体の仕組み

イカと呼ばれる生き物は、生物学的には「軟体動物門頭足綱十腕形上目」に属します。

「頭足類」や「軟体動物」など、総称での呼ばれ方が親しみやすいかもしれません。

タコや絶滅したアンモナイトもイカの仲間です。

「イカ」という言葉の由来は、頭が角張って見えるため「厳(いかめ)しい」、あるいは「厳(いか)つい」の言葉が語源とされる説。

はたまた、昔の言葉で「白くて堅い」という意味があったとする説など、諸説ありの状況。

イカを漢字で書くと「烏賊」が代表的で、意味はイカが鳥を捕まえて食べたとする中国の伝説を元にした当て字です。

前置きは終わりで、イカの下処理のやり方を豆知識を織り交ぜながら解説していきます。

漏斗を使ったイカの斬新な泳ぎ方

イカの体には「漏斗(ろうと)」と呼ばれるホースの先端のような部位が付いています。下の写真の赤丸の部分。

スルメイカの漏斗
スルメイカの漏斗

一見するとイカの口に見えますが違います。

漏斗の役割は、海水を吐き出してロケット噴射のような原理で前に進むためのもの。

向きを調整することにより、前進だけでなく後進することも可能。

さらに、外敵の目を眩ませる墨の吐き出し口としても使われます。

しかし、食べ物用の「口」は別に持っていて漏斗から摂食はしません。

イカのエンペラとは?

イカの頭の矢印みたいな部位を「エンペラ」と呼びます。

「ミミ」と呼ぶ人もいますが、エンペラが一般的でしょう。

スルメイカのエンペラ
スルメイカのエンペラ
エンペラの裏側

エンペラは「鰭(ヒレ)」のことで、その役割は魚類の持つ「鰭(ヒレ)」と同じ。

つまり泳いでいる時に体を安定させたり、細かい方向転換をしたりする役目。

実際に泳いでいるところを見るとウネウネと波打つような動作をしているので一目瞭然です。

ゆっくり移動する時の推進器官としての役目もあるようです。

なお、なぜ「エンペラ」って呼ばれるの?と気になりますが、「エンペラー(皇帝)」から来ているという説が有力で、皇帝つまりナポレオンの帽子に形が似ているからだとの理由だそうです。(諸説あり)

イカの腕は何本?

イカの腕は、世間では「足」と言われるほうが多いですが、使い方や機能から分類すると「腕」が正解です。

さらにその本数。イカの腕は8本です。

「10本じゃないの?」と思いきや、外側の長くて太い2本は「触腕」と呼ばれ、他の8本と分けて考えるのが正解となります。

スルメイカの腕
スルメイカの腕

触腕は、獲物を捕まえる時などに使われる長くて大きめの腕です。吸盤も他に比べ大きく、腕の先端は木の葉のような形をしています。

スルメイカの触腕
スルメイカの触腕

吸盤に注目すると、先端にはネジ部品のパッキンとかワッシャーのような、硬めの輪っかがついており、吸着力を強めています。

もしイカが死も、触腕の吸盤はまだ機能することに驚くでしょう。人間の手や包丁、なんにでもくっついて離れません。

イカの目はちゃんと見えるのか?

イカには白目と黒目があり、人間の目の構造に似ています。

スルメイカの目
スルメイカの目

軟体動物の中では最も視力が良いとされています。

スルメイカの場合は目が薄い膜で覆われています。

イカの外套

イカの胴体の部分を外套(がいとう)と呼びます。

意味は、人間が寒い時に着る外套のようだから。

まるでコートを脱ぐように、外し方は拍子抜けするくらい簡単です。

スルメイカの外套
スルメイカの外套

外套を外すと、内臓、呼吸をするエラなど大事な器官が剥き出しになります。

また、外套から取り込んだ海水を漏斗から吐き出すという仕組みになっています。

外套の中に「肝」と「墨袋」がある

外套の中に入っているのが肝と墨袋です。

塩辛や墨煮などに使われる部位で有名ですね。

墨袋は破ってしまうと想像以上に真っ黒になるので注意が必要です。

スルメイカの肝と墨袋
スルメイカの肝と墨袋

墨袋は、肝を覆っている膜に張り付いていますが、下の写真のように指で引っ張って剥がします。

イカの毒性について

イカの精莢(せいきょう)には注意が必要です。

精莢とは簡単に言えば生殖器官のことで、例えるなら極小のミサイルのようなもの。

イカのオスは精莢ミサイルをメスに打ち込んで生殖を行います。

「精莢ミサイル」は冗談で、精莢はいわばカプセルの中に精子を封入する構造になっています。

種類により数や大きさも異なりますが、1匹のオスあたり約100個の精莢を持っているとのこと。

イカのオスの内臓には精莢が入っている部分があり、これを生食するとチクチクとした刺激感に襲われ、しかも精莢は極小なので、取り除くのに口腔外科へ行かないと治らない場合もあるそうです。

イカには筋肉に猛毒を持つ種類も。(「ミナミハナイカ」という名前らしい)

ただし、日本で食用とされるイカには猛毒はありませんのでご安心ください。

イカの毒性に関する誤解も紹介しておきます。

イカに毒袋はありません。内臓には墨袋に似た猛毒の部位があるとの噂が一部ありますが、たぶん上述で説明した精莢と混同した勘違いかと思います。

また、先ほど紹介した触腕に毒があるとの噂がありますが、これも誤り。

しかし、触腕に付いた吸盤は大きくて硬いので美味しくありません。

雑菌も多いとされ、触腕は切り落として捨てる人は多いです。

生食ではなく火を通すのであれば、触腕を食べても問題ありませんが、吸盤は取り除いたほうが良いでしょう。

イカの中から謎のプラスチック

イカの外套を外すと、裏に人工的なプラスチックのパーツのようなものが張り付いています。

スルメイカの軟骨
スルメイカの軟骨

このプラスチック状の棒は軟骨で、貝殻の退化したもの。

太古の昔、イカの祖先のアンモナイトなどの生物はカタツムリのような貝殻を背負っていました。

イカのクチバシの名前「カラストンビ」

イカの口は顎板(がくばん)と呼ばれ、俗称として「クチバシ」や「カラストンビ」などとも呼ばれます。

腕の付け根の真ん中に口があります。

下の画像で真ん中の黒くなっているところが口です。

この口をもう少し細かく見ていきましょう。

顎板(がくばん)は上顎と下顎に別れ、簡単に言えば上顎と下顎を噛み合わせるような動作で餌を食べるのです。

このことにより、人間と同じように大きな食べ物を噛み切ることができ、腕も合わせて使えば、大きな獲物も捕食することが可能となっています。

スルメイカのクチバシ
スルメイカのクチバシ

まるで鳥のクチバシですね。

下の写真は別の角度から

「カラストンビ」は上顎を「カラス」、下顎を「トンビ」といった具合で使われる俗称。

上下の顎を詳しく見ると形がそれぞれ異なっているので、「カラス・トンビ」と呼ばれます。

イカの生食は寄生虫にも注意

スルメイカをはじめとした食用のイカには、寄生虫がついていることがあります。

スルメイカの寄生虫(アニサキスやニベリニア)に注意してください。

特にアニサキスは食中毒のリスクがありますので要注意です。

ちなみに「ニベリニア」の方は、人体には無害なれど目視できるほどの大きさで不快なので、除去しましょう。擦ったり摘めば簡単に取り除けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました