太刀魚の美味しい食べ方は「焼き」で

スポンサーリンク
魚介類

寿司や刺身をはじめとした日本食、あるいはムニエルなどの洋食に至るまで、高級食材として広く認知された存在である太刀魚(タチウオ)。

そんな太刀魚(タチウオ)の食べ方は、銀白色の見た目をそのままダイレクトに楽しめる刺身がまず挙げられるでしょう。寿司ネタでは「光り物」と呼ばれる通りに目で楽しむことのできる魚です。

しかしマトウダイサゴシのように、「塩焼き」も捨てがたく、火を通すと格段に味が良くなる魚でもあるのです。

むしろシンプルに味わいにおいては火を通した方が美味しいと個人的には感じています。

見た目を取るか味を取るか。しかし、鮮度に問題のある時は火を通すのが無難でしょう。

今回は太刀魚のおもしろい特徴も踏まえながら、さばき方や食べ方をサラッと紹介します。

スポンサーリンク

太刀魚の美味しい食べ方は「焼き」で

太刀魚は見た目から特殊なさばき方や食べ方を想像しがちです。

しかしそんなことはなく、基本は他の魚たちと同じ。

簡単に説明します。

太刀魚の捌き方

太刀魚は、マダイスズキなどオーソドックスな魚の姿とはだいぶ異なりますが、他の魚と同じ手順で三枚におろします。

意外なことに、直線的な体のラインのため簡単に捌くことができます。

さらに、太刀魚には鱗(ウロコ)がありませんので、その点でもお手軽度は高め。ウロコを引くと魚種によっては台所がウロコだらけになってしまいますからね。

ただ、太刀魚は非常に鋭く大きい歯を持っています。捌く時にうっかり触れてしまえば、簡単に指を切ってしまいますので注意が必要です。

太刀魚の食べ方

冒頭にも書いた通り、タチウオ(太刀魚)の食べ方は塩焼きがおすすめです。

シンプルにフライパンを使って塩焼きにするだけでも良いでしょう。火を通すことで格段に旨味が増す魚なので、それを生かすべきです。

全ての魚において、「刺身」が最上級ではありません。

ただし、太刀魚の見栄えを重視するなら、焼いてしまうと銀色の皮目が生かせないのも事実。

いっそのこと衣をつけてフライにするという方法もアリですが、やはり刺身も外せない選択肢の一つです。寿司ネタにおいて、太刀魚は「光り物」と言われて昔から珍重されてきました。

「光り物」は青魚で赤身の魚が多いですが、太刀魚は青魚で白身の魚です。

なお、食べる部分が少なそうに見える太刀魚は、大きな個体であれば、思ったよりも、細く薄いシルエットとは裏腹に可食部はそこそこあります。

太刀魚の見分け方

太刀魚は鮮度が落ちると体表面の銀色が剥がれてしまい、見た目は鮮度的にアウトだと思われがちですが、意外と大丈夫です。銀色の物体は繊細ですごく剥がれやすいのです。

「釣り」で獲られた太刀魚か、「網」で獲られた太刀魚か、漁獲方法によって傷の付き方も異なってくるので、釣りのほうが良い状態で保たれていることが多いです。

太刀魚はウロコがない魚で、代わりに銀色の皮に覆われています。この、皮の銀色の部分はラメ(グアニン質という)のような仕組みで、すぐに剥がれてしまい、死後は剥がれ落ちが顕著です。

鮮度による劣化か、漁獲方法による傷なのか見極めるのが難しいならば、お店の人に聞いてしまうのが良いでしょう。

太刀魚は焼いて食べると美味しい魚ですので、見た目は割り切って購入するというのも手だと思います。

もちろん、太刀魚の銀色がキレイなままであれば鮮度は良いと言えますが、加えて注視すべきは「腹まわり」で、鮮度の悪いものはお腹が柔らかくなりがち。逆に言えばお腹を少し押して張りがあれば、鮮度は良い方だと言えるのです。

ただし、太刀魚の銀色のラメは剥がれやすいので、鮮度を確認するためとは言え、鮮魚店などで身を触りすぎるのはNGです。素直に店主に尋ねるなどした方が無難。

鮮度の良い太刀魚を刺身で食べるも良し、もったいない気もしますが、ぜひ火を通して食べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました