オレンジ色の魚!ハワイチビキ(布哇血引)を食レポ

白身魚

オレンジ色のVividな魚「ハワイチビキ(布哇血引)」の紹介です。

「ハワイ」とは言わずもがな、南国リゾートのHawaii方面で獲れるということでハワイチビキと名付けられたそうです。

日本国内では、本州ではあまり見ることのない珍しい魚と言えるでしょう。沖縄や小笠原諸島の方に生息していて、「低利用魚」や「地魚」的扱いで稀に関東の魚屋さんに並びます。

最近、ハワイチビキの他にもアオダイハチジョウアカムツシマチビキといった、南国系の魚を茨城の市場でも見かけるので、もしかして、地球温暖化の影響?と不安な気分になってしまいます。

とりあえず、地球の未来に思いを馳せながら珍しい魚を食べてみましたのでレポートします。

南国系の魚は「まずい」のでしょうか??

ハワイチビキはまずい?オレンジの魚を食べてみた

ハワイチビキは、本州ではほとんど漁獲がないことから、チビキ類の中でも珍しいと言える魚です。

南国系の見た目は和食感はないですが、見ようによっては美しいですよね。ハワイチビキの仲間でもあるハチビキも、真っ赤な見栄えのする魚ですし。

ちなみに「チビキ(血引き)」とは、「血のように赤い身」のこと。

由来となった前述のハチビキという魚は、白身魚であるにもかかわらず身が真っ赤である不思議な魚です。ハワイチビキはその仲間。

両者は同じ「ハチビキ科ハチビキ属」に属し、見た目や味の特徴も似ていると想像できますね。

ハワイチビキは美味しい白身魚だった!(刺身も可)

ハワイチビキの身は下の写真のように、若干ピンクがかった透明感のある白身です。「血引き」の名前の由来となった、血のように真っ赤な身の色とは異なるようです。

味は基本的に淡白ですが、旨味もあります。

刺身で言えば、ハマダイに似た方向性を感じますね。

少し淡白すぎるきらいはありますが、ハマダイと言えば高級魚で刺身としてメジャー級の魚ですし、ハワイチビキもポテンシャルとしては高いものを持っていると思います。

ちなみに、刺身も美味しいですが焼いて食べたほうが筆者好みではありました。

火を通した身は硬くなりすぎず、皮目に旨味を感じられて美味しい魚でした。ただ焼きすぎると硬く繊維っぽくなるような気がするので注意は必要。

ハワイチビキは深海魚だけど「あの魚」に似てる

ハワイチビキは深海魚で、水深250メートル以深に生息しています。

冒頭で書いたように、沖縄や小笠原諸島、ハワイ諸島などで漁獲され、かつては「ハナチビキ」などという名前でも呼ばれていたとか。

ところで、ハワイチビキの見た目が金魚っぽい。

派手な体の色も金魚っぽいです。

金魚はフナの仲間で、観賞用として人為的に作られたとも言える魚。

観賞用の魚に似て美しい見た目のハワイチビキは自然にこの姿になったのですね。

ハワイチビキの特徴は“口”と“尾”

ハワイチビキの口は、開くと同時に前に伸びる仕組みになっています。

マトウダイカガミダイと似ていますね。魚の口はだいたいこんな感じの構造が多いです。

口の歯は発達しておらず、そのことから食性が想像できます。

そこまで大きくならない魚やプランクトンなどを食べているのでしょう。

藻や海藻類を食べることもあるかもしれません。

ハワイチビキは尾びれにキレイな切れ込みがあり、ハサミのような特徴的な形をしているのはハチビキと同様。

ハワイチビキでサステナビリティ?

今回、オレンジ色の魚を食べてみましたが、普通に食べれる美味しい魚でした。

ハワイチビキのような南国系の魚が関東の市場でも見られるようになってきた感じがします。

今後、海水温が上昇すると益々このような南国系の魚が増えてくるかもしれません。

いち消費者としては、美味しい食べ物がたくさん出回るのは嬉しい反面、伝統的に食べてきたサンマのような旬食材がバカ高値になるのはちょっと寂しい気もします。

でも地球の持続性を考えると、無理なく自然にたくさん水揚げされる魚介類をおいしく調理するという考え方も大事な気がしました。

ハワイチビキは何ら特殊な魚でなく美味しい魚ですので、食料お買い物で見かけたらぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました