「マコガレイ(真子鰈)の煮付け」昔ながらの王道レシピ

マコガレイ魚介類

大衆魚の中の大衆魚とも言うべき「カレイ」は、夏の夕ご飯のおかずとして昔から親しまれてきました。

中でも「マコガレイ(真子鰈)」は有名。大衆魚の中の大衆魚が「カレイ」なら、「カレイの中のカレイ」はマコガレイと言っても良いでしょう。

そもそも”カレイ(鰈)”とは、海底の砂の中に隠れて、または海底の色と同化して等々、とにかく海の底で暮らしている印象が強い魚。

冒頭の写真の通り、平たい魚が寝そべったような不思議な体をしています。

一般的に、食用として「カレイ」と呼ばれる魚は、実はマコガレイであることがほとんど。つまり、数種いるカレイ類の代表格とするべき魚が、マコガレイなのです。

ちなみに他にいるカレイの仲間を挙げると、ババガレイも食用とされる魚ですし、広くは高級魚であるヒラメアカシタビラメも近縁種です。その他、高級魚とされるカレイもおり、単に”カレイ”と言っても、マコガレイの他にも様々な個体が存在しているのです。

さて、マコガレイの王道レシピと言えば、「カレイの煮付け」でしょう。

甘辛い味とふんわりした身の食感、しつこくなくあっさりしているので、食欲が減退する夏にはピッタリの料理と言えますよね。

今回は、「カレイの煮付け」のレシピを紹介しつつ、マコガレイとはどんな魚か??ということにも迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

「マコガレイの煮付け」レシピを紹介

早速ですが、マコガレイの王道の食べ方である、「カレイの煮付け」のレシピを紹介していきます。

・・・とは言え、「カレイの煮付け」に必ずマコガレイを使わなければならないわけではありません。ババガレイを使っても、それは「カレイの煮付け」と言えますし、作り方も全く一緒(魚のサイズによっては調味料の分量は変える)なので、魚の種類にあまりこだわらずに読み進めていただけると良いと思います。

材料(2人前)と準備

  • マコガレイの切り身(220g~260g)
  • ショウガ、薄く切ったものを一片
  • 酒 80ml
  • 水 80ml
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 醤油 大さじ2

マコガレイの切り身は2切れでだいたい分量になるはずです。小さければ、3切れを2人前にカットしたりしてください(ただし小さくなりすぎないように)。

とても小さいサイズのカレイならば、内臓類を取って姿のまま煮付けにしても良いでしょう。その場合、カレイは骨が太めなので、全体の分量は多めに考えた方が良いです(食べる部分が少ないため)。

重要な準備の一つとして、クッキングシートを使う鍋やフライパンの形に合わせて丸く切っておいてください。落し蓋として使用します。「重要」と書きましたが、最悪の場合無くても良いです。

作り方

  1. ある程度底のある鍋やフライパンに、分量の酒、水、みりん、砂糖、醤油を入れ、さらにショウガも入れて強火
  2. 煮立ってきたらマコガレイを皮目を上にして1に入れる。強火。
  3. 2が煮立ったら火を弱めてクッキングシートの落し蓋をし、さらに蓋をして超弱火。
  4. クツクツとした状態で10分〜15分煮る。
  5. 煮上がったら10分くらい常温で置いて味を馴染ませる。
  6. 食べる前にもう一度火にかけて温めてから皿に盛る。完成

【補足】

6で鍋を温める前、煮汁の味を見てかなりしょっぱいと感じたら水で薄めてください。

カレイは赤ちゃんの離乳食にも使える

マコガレイをはじめとした「カレイ」は、赤ちゃんの離乳食としても利用できます。

離乳食初期(生後5〜6ヶ月)から食べさせて良いそうです。優しい味わいで高タンパクな白身魚というのは離乳食にアリですね。

ただし骨の取り残しに注意!

鮮魚のマコガレイは通販で!(楽天やamazonなど)

値段はともかくとして、刺身で食べられるほどの鮮魚が通販で買える時代です。

興味のある方はぜひどうぞ。

そもそもマコガレイとは?

ここからはマコガレイがどんな魚かを掘り下げていきたいと思います。

まず、普段の暮らしについて見ていきましょう。

生息域は水深100m以上の海底で、砂泥底にいます。

カレイといえば、海底の砂と同化しているような様子を思い浮かべませんか?

マコガレイをはじめとしたカレイ類は、体色を周囲の環境に合わせて変えることができる魚なんです。保護色としての機能を持っているんですね。

実は体の色が変わる魚というのは、カレイ以外でもけっこう多いんですよ。特に海底に住む魚に多いように思います。

マコガレイはゴカイなどの底生生物を食べています。似たような姿形のヒラメはフィッシュイーターで、つまり魚を食べる為に歯が鋭いけれど、マコガレイや他のカレイはそうならないので、ヒラメと見分ける一つのポイントでもあります。

マコガレイ
マコガレイ

このように歯があるにはあるみたいですが、だいぶ控えめ。

マコガレイや他のカレイ科の体長

マコガレイは最大で40cm〜50cmほどに成長します。上の写真で紹介したものは30センチ前後といったところで比較的小ぶりの個体ですね。

マコガレイと同じカレイ科に属する他の種類と比べても、だいたい平均的な体長のようです。カレイというのはそれほど巨大にはならないんですね。

ただ、同じカレイ科でもオヒョウ属は例外です。最大で2mを超えるという巨大魚も存在します。あとマツカワガレイやホシガレイも、カレイ科の中では比較的大きくなる種類です。ちなみにこの2種は超高級魚です。

また、カレイ科の魚は概して長寿で、マコガレイでも10年以上生き、オヒョウで40年という記録もあるんだそうです。

カレイ(マコガレイ)は釣りでも人気

冬場の釣りの本命ともなるくらい、釣り業界でカレイはメジャーな存在。

砂浜からの投げ釣りは手軽に始められるし良いかもしれません。

マコガレイの名前の由来とは?

マコガレイの「マコ」とは、「真子」のことで、つまりカレイの卵(魚の卵)を意味するという説があります。

一方、「カレイ」には「涸れ鱏(かれえい)」という言葉が転化したとされる説があります。

鱏はイトマキエイ等の“エイ”のこと。見た目が似ているからでしょう。つまり“涸れ鱏”というのはそのまま「涸れた鱏のようだから」ってことなのですね。

「唐鱏(からえい)」や「韓鱏(からえい)」が元という説もあるそうで、前者については良く分かりません(“唐”つまり中国が関係しているということなのでしょうか)が、後者は、朝鮮半島で良く獲れた、あるいは朝鮮半島で良く獲れたエイに似ていたから、ということみたいですね。

地方名も例によってたくさんあって、有名なのは大分県日出町沿岸で獲れるものです。これは「城下カレイ」と呼ばれて高値で取引されます。

「鰈」と「蝶」の話

魚の「かれい(鰈)」と、虫の「ちょう(蝶)」です。

似てますよね。部首の右の部分、「葉」のくさかんむりが無い時には、「薄い」というニュアンスがあるそうです。つまりそういうこと。

カレイも、蝶も、ペラペラですよね。

ちなみに、似たような漢字では他に「喋」があります。「しゃべ(る)」と読み、舌がペラペラと動く様子を想像できます。

鰈(カレイ)、蝶(チョウ)、「喋(しゃべ)る」。

何らかの共通点があるように感じられて大変興味深いですね。

カレイとヒラメの見分け方

ところで、カレイは古く「かたわれ魚」と呼ばれていたらしいです。これは「身の一方が黒く、その反対が白いこと」などの理由なんだそうですが、

マコガレイ
マコガレイ

こういうことですね(キカイダーみたい)。

マダイなどの魚と同じようにして正面から見ると、面白いことに両目とも体の右側についていることが良く分かります。

ヒラメとの違いについては、「ヒラメとカレイの見分け方」の記事も参考にしてみてください。

カレイ科に見られるこの「両目が体の右側に寄っている」という特徴は、実は成長とともにそうなっていくのです。幼生の頃はちゃんと左右に別れて目が付いています。

また、同じカレイ科でも「ヌマガレイ」という種は、ヒラメと同じく体の左側に両目が付いています。

ただ、カレイを個別に見ると、ヌマガレイとは違うカレイなのに、ヒラメのように目が左側に寄っているという変異種も存在してややこしいです。

昔はヒラメとカレイの区別をしなかったなんて話もあるくらいですので。

大衆魚の代表「カレイ」は刺身もイケる

カレイは今も昔も大衆魚です。

しかし、マツカワガレイやホシガレイなどの高級魚や、マコガレイでもブランド物である「城下カレイ」は高値で取引されています。

また、カレイの味は「泥臭い」とのイメージを持たれている人も多いかもしれません。種類によってはそう言うこともあるかもしれませんし、確かに独特の味はあります。また、活け締めか野締めか、鮮度の具合などでも味はだいぶ変わるのですが、実は刺身でも美味しい魚なのです。

マコガレイを”煮付け”で食べよう!

子供の頃に、魚のカレイを「カレーライス」と結び付けて連想してしまった人は少なくないはず。

カレイ類の魚を初めて食べた時、つい、カレーライスの味を想像して「カレイってあっさりした味だな」と思った人も、また少なからずいるのではないでしょうか。

離乳食としても使えるカレイは、良く言えば万人向けの味と言えるし、あっさりした味には濃いめの味付けの煮付けが最適です。

夏の暑さで食欲がなくなった時には、ぜひ「マコガレイの煮付け」を。

タイトルとURLをコピーしました