【高級魚】アカチビキ(ハマダイ、オナガダイ)の刺身はとにかくパーフェクトすぎた

ハマダイ(オナガダイ、アカチビキ)魚介類

アカチビキという魚は、「ハマダイ(浜鯛)」や「オナガダイ(尾長鯛)」とも呼ばれる海水魚のこと。

その優美な見た目は高級魚のオーラを放っていますが、味も非常に良い白身の食用魚です。

見た目がゴージャスで味も良い。スポーツ万能のイケメンと言ったところでしょうか。

アカチビキ(ハマダイ)は暖かい海に分布する魚で、沖縄では3大高級魚のひとつとして数えられる特別な魚です。

 (補足)沖縄の三大高級魚

  • マクブー
  • アカジンミーバイ
  • アカマチ(アカチビキのこと)

そんなアカチビキの細かい情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

高級魚アカチビキ(オナガダイ、ハマダイ)はこんな魚

お魚界の才色兼備「アカチビキ」、実は深海魚です。暖かい海域の大陸棚、水深200m〜500mほどに分布します。

大きな目や鮮やかな体色は、深海魚としての特徴と言えるでしょう。なお、1メートルを超える大きさまで成長する大型魚でもあります。

呼び名(地方名)いろいろ

さて、アカチビキに限らず、お魚大好き日本人は同じ魚をいくつもの名前で呼びます。アカチビキも例外ではないので、呼び名についても一部だけ紹介してみたいと思います。

ハマダイ(浜鯛)

名前に「鯛」と付いているけど、「マダイ(真鯛)」の仲間ではありません。

にも関わらず「○○タイ」と呼ばれるのは、魚の世界では良くあることで、このアカチビキ(ハマダイ)も同様です。

ちなみに「ハマダイ」という名前は「標準和名」なので、様々な地方名が存在する中で全国的に通用する呼び名だと言えるでしょう。(標準和名で通用しないケースもありますが)

オナガダイ(尾長鯛)

冒頭でも登場した呼び名、関東で一般的な呼び名と言えば「オナガダイ(尾長鯛)」です。または単に「オナガ(尾長)」。

長い尾ビレが名前の由来となっていることは、説明するまでもなさそうです。

僕も、「アカチビキ」と呼ぶより「オナガダイ」の方が馴染みがあります。

この尾びれの長いことは、成長とともに顕著になっていきます。大型になると、上葉(尾びれの上の部分)が細く糸状になるほどに。

アカチビキ(赤血引)

全国的にあまり馴染みがないであろう「アカチビキ」という呼び方は、主に和歌山あたりの呼ばれ方。

アカチビキの名前に含まれる「チビキ」という言葉は、いくつかの魚の名称群として用いられます(ホンチビキハチビキ、ロウソクチビキなど)。

「チビキ」に関しては、実はちゃんとした「ハチビキ科」という生物学上の分類が存在します(ハチビキやロウソクチビキなどが属する)。

しかしアカチビキは「フエダイ科」に属していて、学術的に言えばハチビキ科の魚とは遠縁なのですね。

ちなみに、「チビキ」とは「血引き」と書き、「身が血のように赤い」と言う意味があります。

一方、「ハチビキ」とは「半端なチビキ」のことで、本チビキ(ヒメダイのこと)に対する「偽物のチビキ」といったニュアンスがあるそう。もう何がなんだか分かりません。

とにかく「チビキ」と言う名称群は厄介なことこの上なく、前述のヒメダイ(スズキ系スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属)を「本チビキ」と言ったり、今回紹介しているハマダイを「アカチビキ」と言ったりする他、「科」を跨いで「ハチビキ」や「ロウソクチビキ」などにも使われるので、かなりややこしい。

アカマチ

沖縄での呼び名です。

記事の最初でも書きましたが、マクブー、アカジンミーバイと並んで、「沖縄三大高級魚」とされています。

その他の呼び名

他にも高知などで使われる「ヘージ」という呼び名もあるそうです。

なお、標準和名である「ハマダイ」の由来についてはよく分かっていないようですね。真っ赤な見た目とは関係なさそうな名前に思えますが・・・。

アカチビキの生態とは

アカチビキの生態も簡単に紹介しておきます。

深海魚で、暖かい海に暮らす魚であることは既に書きました。

伊豆諸島や沖縄など、比較的暖かい海域で獲られる魚ですが、茨城でも見られます。

食性は肉食で、小魚や甲殻類、頭足類などを捕食しますが、未熟な若い個体だと、甲殻類を噛み砕くのはまだ無理かも。この口と牙では。

真っ赤な背中から伸びる、淡い朱色の背びれがとても綺麗で見入ってしまいます。高級魚の風格とでも言いましょうかね。見た目とその価値がつり合った魚と言えるのではないでしょうか。

この魚は割と大きく成長します。最大で1メートルを越す個体もいるのですね。所属するフエダイ科の中でも最も大きな魚となります。

高級魚としては、より大型のものに高値が付くという魚です。

味、食べ方

アカチビキを刺身で食べてみました。

新鮮ならばやはり刺身が一番のオススメ。皮はしっかりとして固いので、生で食べるなら除去した方が良いかもしれません。

しかし皮と身の間が非常に旨味があり、皮霜作りなどで食べると良さそうですよ。

味にクセはなく、真鯛だと言われて疑いなく食べてしまいそうなくらいです。上品な甘味もあり、白身独特な味わいは刺身で食べるのがやはりベストだと感じます。

若魚であれば食感、味ともにより繊細ですが、大型になるほど値も上がる魚で、味も大型魚の方が良いとされています。他の多くの魚にも言えることですが、若魚の状態だと身は繊細で崩れやすいです。

身は焼いても硬く締まらないので、単純に塩焼きでも美味しいでしょうし、アラから上品な出汁が出るので、煮物にも最適ですよ。

アカチビキ(ハマダイ、オナガダイ)はぜひ刺身で!

刺身に切っても美しく、もちろん味も完璧なアカチビキをぜひ。

マダイ(真鯛)も高級魚ですが、このアカチビキも、見た目と味がどちらも良いという意味では、全く劣っていないと感じました。

高級魚(味の良い魚)は、見た目が残念なことが多いです。ヒラメ、アンコウはとても美味しいですが見た目は残念ですよね。

タイトルとURLをコピーしました