魚の苦玉(にがだま)とは!?その正体は人間にもある臓器「胆嚢(たんのう)」のこと!

魚の苦玉(にがだま)市場のお魚たち

先日、コショウダイを捌(さば)いていたら、緑色をした謎の物体がお腹の中から出てきました。

なんだこれは・・・・。なぜ緑色??

明らかに毒々しい色をした物体の正体は、苦玉(にがだま)と呼ばれる魚の臓器で、つまり胆嚢(たんのう)のことです。

ちなみにジブリ映画「千と千尋の神隠し」に出てくる「にがだんご」ってアイテムとは全く無関係ですので念の為。苦玉を食べても1ミリも良いことありません。(むしろ食べちゃダメなやつです。)

ということで今回は、「苦玉」についての話を書いていきます!

今回の記事では魚の内臓系の画像が出てくるので、苦手な人は離脱することをオススメしますよ。

スポンサーリンク

魚の苦玉(にがだま)って何?

魚の苦玉(にがだま)は「胆のう」のこと。

胆のうは人間にもある臓器で、食べ物を消化するための内臓の一つですね。

これが魚の場合、別称で「苦玉」と呼ばれるわけでして、逆に人間の胆のうは苦玉とは呼ばれません。

苦玉と呼ばれる理由(味がニガい)

魚の胆のうがなぜ「苦玉」かと言うと、食べると苦いからです。

魚を処理する際、厄介な部位であるため包丁などで間違って破かないように注意しましょう

苦玉を破いてしまい胆液が魚の身にかかろうものなら、苦味が身に着いてしまい洗っても落ちません。

・・・と言われていますが、すぐに身を洗い流せばセーフなことも多いです。実際に苦玉が破れてしまった魚の処理については後述してます。

ところで、アユ(鮎)サンマを丸ごと焼いて食べたとき、苦味を感じることがありませんか?

これら魚の苦味の正体は胆のうの味。この2匹は苦玉が美味しいとされている数少ない魚でもあります。

いろんな魚の苦玉を紹介

さて、どんな魚でも苦玉は存在すると書きましたので、魚たちが持っている苦玉を画像で紹介していきましょう。

ヒラメ

下の写真はヒラメのもの。

ヒラメの苦玉(にがだま)
ヒラメの苦玉(にがだま)

赤丸で囲んでいるのが苦玉です。他の臓器に混じって明らかに変な色の物体なのですぐにわかりますね。

マトウダイ

マトウダイの苦玉(にがだま)
マトウダイの苦玉(にがだま)

ヒラメとはだいぶ遠縁のマトウダイですが、色や形はヒラメと共通しているようですね。

このように、どのような魚でも見分けがつくのも苦玉の特徴なのです。

スズキ

スズキには苦玉は見当たりませんが・・・・、
ひっくり返すと後ろ側にありました

このように、臓器類はフニャフニャと柔らかい物質の集まりなので、締めた魚の取り扱いによっては右に寄ったり左に寄ったりして、思った場所に見当たらないケースもあります。

だいたい、下の赤丸の部分にあるので魚を捌くときの目安にしましょう。

コショウダイで説明

魚のお腹に包丁を入れるときは苦玉を破らないように気をつけてくださいね。

破れたらどうなる?どうすれば良い?

破らないように注意をしていても魚の臓器はとても繊細なので、ふとした拍子に傷ついてしまうこともあります。

また、野締めの魚(漁獲した後そのまま氷の中で死んだもの等)は、雑に扱われたりして自然に苦玉が破れていることも多いです。

破れた苦玉に遭遇したら、すぐに流水で臓器ごと洗い流して綺麗にしましょう

また、身に色が移って変色していることもありますので、その部分はなるべくそぎ取ればOKです。魚の身に苦味がうつると言われていますが、すぐに洗い落とすか、色がついた部位を削ぎとれば大丈夫です!

コロダイを捌いてみると、
苦玉が破れて胆液が漏れ出している状態

例えば上のコロダイのケースでは、臓器をまるっとお腹から引っこ抜いて流水で洗い落とせば問題ありません。

こちらのスズキは微妙に胆液が漏れ出しているが・・・、
臓器を取り除いて三枚おろしにしたが、腹骨の膜まで胆液が染み付いている状態
腹骨と腹膜を削ぎ取っても、中の身まで胆液が染み込んでいる

上の画像のように、腹骨の膜の下まで色が変わっている場合もあります。

この場合は、染み込んでいる身の部分を包丁で削ぎとれば大丈夫です。

ギリギリを削ぎとれば問題なし!

苦玉は魚の厄介な部位なので即刻除去を!

ということで、緑色の丸型、もしくはフットボール型の臓器を発見したら、慎重に取り除いてください。そいつは苦玉です。

魚の種類によっては緑色ではないパターンもあるので注意。

肝や白子、真子など、魚の臓器や卵は美味なものも多いですが、魚取り扱いに慣れないうちは慎重にした方が良いですよ。寄生虫がいることもありますので。

タイトルとURLをコピーしました