【珍魚】シマガツオ(エチオピア)は「まずい」のか?味や値段をレポートします

リアル「とつげきうお」のシマガツオ(エチオピア)市場のお魚たち

エチオピア」という不思議な名前で呼ばれる海水魚がいます。

正式名称は「シマガツオ」と言い、食用魚だけど普段の食卓にはまず出てこないであろう珍魚。

  • 別名である「エチオピア」の由来は?
  • 海の中での生態はどのようなものなのか?
  • 食用魚としての”味”はどうなのか?

・・・などなど、あまり知られていない魚なので興味をそそられますね。

ということで今回は、エチオピアこと「シマガツオ」について、なるべく詳しく紹介していこうと思うのですが・・。

ちなみに、味に関してはもっぱら「酸っぱい」との噂があり、僕がこの魚を買い求めた魚屋の主人もやはり「酸っぱい魚だよ」と言っていました。

酸っぱい魚と聞いてもまったく想像ができませんよね。

それと見た目は少しモンスター感のある魚で、個人的にはドラクエに登場する「とつげきうお」に似ていると思うのですが、どうでしょうか。

まぁそんな話はさておき、名前や見た目がインパクト大!な、とつげきうお・・もとい、シマガツオの情報を一つずつ検証してみましょう。

スポンサーリンク

シマガツオ(エチオピア)は酸っぱくて「まずい」??

シマガツオの味うんぬんの前にまず言いたいのが、

この魚、ウロコの硬さが尋常じゃないということ。

通常、魚の鱗は専門の道具である「ウロコ取り(下のようなやつ)」でガシガシ取ります。

ウロコの形は魚によって千差万別。取りやすい魚、なかなか取りづらい魚、色々なものが存在します。

他の魚のウロコとは比較にならないほど、超絶ガッチガチのウロコを持つシマガツオ。

ウロコ取りではなく「すき引き」でウロコを除去しましょう。

シマガツオは独特な味だが酸っぱくはなかった

脱線しましたが、この魚を買ったお店の人も味については「酸っぱい」と言っていました。

魚の味を表現するときに「酸っぱい」ってちょっと想像しづらいです。酢締めにするでもなく、まして痛んでしまっている訳でもなく、酸っぱいとは一体どういうこと?

取りづらいウロコを地道に除いて捌いたシマガツオの半身がこちら。

身質はピンクがかった白身で、深海魚らしくプリプリとしていて触った感じはメダイとかに似ているかな?という印象です。

メダイよりも脂が多く感じれられ、見た目は普通に美味しそうですけど・・・。

実食してみました。

・・・・・。

食べてまず言えることは、すごく味のある魚だということ。鮮度の関係もあるでしょうが、刺身の味は微妙でした。

食べた部位が、繊維の集中する尾びれに近い部分ってこともあると思いますが、筋っぽくて少し血生臭い感じ。

人によってはクセがあり苦手と感じるかも。

ただ、酸っぱくはない!

確かに酸味は感じられる。それもごくわずかで「言われれば確かに酸味ある?」程度ですが。

事前情報との違いに戸惑いつつ、なぜ酸っぱくなかったのか考えてみました。

漁獲の時期や場所によって味が変わる可能性

僕の食べたシマガツオは、確かに酸っぱくなかったです。

しかしシマガツオをネットで検索すれば、その味は酸っぱいと言う情報が散見されます。

この違いは何でしょう??

僕の考えでは、おそらく個体による違いではないかと思います。

例えば、雑食の魚であるメジナはその食性の影響で、とんでもなく臭い個体に出会うことがあります。

僕も過去に、体臭が魚類界ナンバー1じゃないかと思うメジナと遭遇したことがあったのですが・・・。

魚は、人間がそうであるように、同じ種の中でも個性がそれぞれあります。

特に、雑食系の魚は好んで食べるものが大きく異なる場合があるそうで、食べるものの違いが、味にも影響するということはよく言われる話です。

あと住む場所によってもそう。

極端な話、適応力の高い魚がドブのような川で生き延びていた場合、味が悪くなってしまうということですね。

おそらくこのシマガツオもそうじゃないのかと思いますよ。

食べているもの(または住んでいる場所)の影響で、酸味が強くなるのと、そうでない個体がいるのではないでしょうか。

珍魚のシマガツオ(エチオピア)の値段は?

シマガツオ(エチオピア)は一般的には珍魚とされる魚です。

釣りの対象魚でもあるそうですが、お魚屋さんとかで売られるのは稀なケースでしょう。

かと言って、希少な魚だから高価なのかというと、そうではありません。

見た目、名前、そして味の評価が低いことから、とても安価で叩き売りされることが多いです。

僕が買った時は1キロあたり800円でした。これは安いですよ。

処理しづらいのも値段が安い一因

さて、話を少し戻して、シマガツオの解体の話をします。

とつげきうおのモデルじゃないか、と思うくらいのモンスター顔を観察してみましょう。

口を開けると、こう・・。

口の中、真っ黒なタイプの魚ですね。これはモンスター感が増します。こわい・・・。

一体どんなものを食べてきたのか・・・

って、ん??

え???

!!!????

びっくりしたヒトデかよ噛み切った人間の指かと思ったびっくりさせてくれるな!つかヒトデとか食べてるの?かわいいな!!

・・・

すみません、取り乱しました。笑

とにかく、このシマガツオはウロコが硬くて処理しづらく、料理人泣かせの魚と言えるのです。簡単に取り扱えない点も、値段が安い原因の一つなのかもしれませんね。

ウロコとりで地道に鱗を取り除くよりも、すき引きで処理した方が簡単でしょう。

最強レベルで硬い鱗(ウロコ)

すき引きが良いと言いつつ、あえてウロコ取りで処理してみました。

僕も初めて見る魚なので恐る恐る触っていくのですが、普通に鱗を引こうとしたら、

めっちゃくちゃ取りづらいです!!この鱗。

冒頭で紹介した鱗引きでは無理でした。

出刃包丁でガリガリ削るように取るのですが根っこが深くてだいぶ苦戦。

ちなみにこの時点で、この魚を買ったことを後悔してます。

取った鱗がこちら↓

頭に近い方の鱗は棒状の形(鱗を何枚か縦に繋げたような)になっていて、皮に深く埋没するような造りになっていました。

鱗自体は硬いわけではなく、ただただ取りづらい。根っこが深い雑草のよう。

なぜこのような構造になっているのか、謎の多い魚です。

無理やり鱗を削り取った為、皮も一緒にめくれてしまった

以前、扱ったことのあるシイラと、ある意味似たような方向性の魚と言えるかもしれない。

しかし、ウロコの取りづらさはエチオピアが上です。

シマガツオ、なぜ「エチオピア」??

ここからは気になる名前に関する話を書いていきます。

冒頭でも書いた通り、シマガツオはなぜかエチオピアと呼ばれるんですが、その由来はいったいどこにあるのでしょうか。

残念ながら謎らしいです。

でも、なんの脈略もなくいきなり「エチオピア」とか言われて気になりますよね。本当かどうか分からないけど、よく一般的に言われている理由があります。

昔、日本でシマガツオの漁獲量が増えた時、その当時の日本と親交が深かったエチオピアという国が世間で話題だった為、ちょうどそれに肖って付けられた。みたいな話。

真偽のほどは不明ですが、そういうことにしておきましょう。

ちなみに標準和名である「シマガツオ」の方は、「マナガツオ」に姿形が似ているということで魚類学者の命名によるもの。

「シマ」とは「島」のことで、南方で取れるという意味がこめられているそうですね。

体の各部を観察

せっかくなので、各部位の写真も載せておきます。

この尾ビレに注目するとこの形、鰆(サワラ)とかマグロにちょっと似ている気がします。

引き締まった固そうな尾ビレ、泳ぎが得意な証拠ですね。とつげきうおの元ネタ説が再浮上してきました。

シマガツオは焼けば美味しい!

シマガツオの刺身の味は、ちょっと形容しがたい。魚の味ということは間違いないのですけど、僕は美味しいと思いますが、人によっては苦手な人がいるかも。

そして、酸っぱくはなかったです。前述の通り、個体による違いだと僕は結論付けました。

ちなみに、火を通して食べるとめちゃくちゃ美味しい魚でした!!

けっこう脂乗ってると思ったんですけど、焼いてみると食感は意外とあっさりしてましたね。

もしかしたら、個体によってはパサついてしまう場合もあるかもな、という印象でした。

タイトルとURLをコピーしました