【魚の方の「タラちゃん」】マダラ(真鱈)を紹介

市場のお魚たち

マダラは冬に旬を迎えるイメージが強いですが、5月、6月頃にお魚屋さんの売り場に並んだりします。

実は、夏に漁獲されるマダラって美味しいんですよ。活発に動きよく食べるからですね。

他にもよく似たタラ亜科の魚でスケトウダラというのがいますが、「タラ」と言えばマダラのこと。

そして、みんな大好き僕も大好き「サザエさん」にも、「磯野タラオ」として、名前の同じ幼児が登場します。通称「タラちゃん」ですよね。

こうしてマダラという魚の写真を見ると、およそ「タラちゃん」とはイメージが結びつきませんけど、どんな理由があってマダラの名前を冠したのでしょうかね。ついでに調べてみました。

とりあえず、マダラという魚の特徴でパッと思いつくのは、

  • 冬が旬の淡白な白身魚で有名
  • ヒゲがある
  • 肝が大きい
  • 幼児の方のタラちゃんも超有名

といったところでしょうか。

食材としての認知度は高めと言えるでしょう。

有名な魚ではありますが、今回はもう少し詳しいマダラの生態に迫ってみました。

スポンサーリンク

マダラ(魚)とは?タラちゃん(幼児)になった理由

さて、なんとなく冬の食材っていうイメージが強いマダラですが、実は通年で漁獲されて食べることができます。

そんなマダラの特徴を紹介していきましょう。

タラちゃんとの関係

アニメ「サザエさん」に登場する準レギュラー的存在の「タラちゃん」

名前の由来は深い意味はなく、作者さんの思いつきだそうです。笑

タラヲじゃなくてタラオですぅ〜

魚のほうのタラちゃんはけっこうゴツいので、あまり関係はなさそうという想像はできましたけどね。笑

でもすぐに思いつきで名前が連想されるほど、広く知られた魚ということでしょう。昔から日本の食卓の代表的な魚であるということです。

旬は冬、だけど・・。

高級食材であるマダラの白子は、冬に市場で見かけますし、身の方も鍋物でよく使いますよね。淡白な味ですし、熱を通すとホロホロとした食感で、クリームなんかとの相性も良く、シチューの具にしても美味しいですよね。

あとホイル包み焼き。これはもう間違いないです・・。

まあとにかく冬に旬を迎える食材であるというのが共通認識ではないかと思います。

じゃあ春から夏にかけて、マダラって美味しくないの?っていうとそんなことなくて、身は夏の方が旨いという人もいるくらいです。夏の方がよく動くから、ということらしいですね。なるほど。

とにかく、この魚は冬のイメージが強いですが、5月、6月頃でも市場に並んでいたりするのです。

ちなみに、刺身は難易度高いかもしれません。鮮度落ちが早いっていうのが一番の理由ですが、あと寄生虫(アニサキス)もいます。

ただ、魚が嫌いな人でも、タラなら食べられるという人はいるはず。

食感、味、どちらもクセがなく万人ウケしちゃうんですよね。

ヒゲがある

さて、マダラの顔をよく観察すると・・・、

ヒゲがあります。

チョロっと出てます。
きっと生きるために必要な触覚なのだろうと思いますけど、その用途は不明。マダラの特徴の一つです。

ヒレと肝の話

ところでこの魚、鰭(ヒレ)が多くない?と思いました。いろんな箇所のヒレがちょっとづつ多いです。背ビレは3つ、尻ビレは2つあり、他の魚と比べると1〜2個多いのです。珍しい特徴ですね。

他の特徴としては、肝(キモ)がバカでかい。というか、内臓系が全部デカいです!

ちなみにマダラの内臓系はほとんど食べられます。モップの先っちょに似た臓器もあり、それも食べられます。

フライパンで焼くときの注意

今回、マダラは普通にソテーして食べました。

マダラをフライパンで焼くと、水気が多いので皮目がパリッとせず、しかも身が柔らかいので崩れてボロボロになりがちです。

フライパンでうまく焼くコツは、

  • 半日ほど、切り身に薄く塩をあてラップをせずに冷蔵庫内で水分を飛ばす
  • 小麦粉をまぶして油多めの強火でソテーする。
  • 「ピチット」を使って水分を抜く

いずれかの方法でやれば皮目もパリッと焼けます。ちなみに僕は③の方法を使っています。「ピチット」は楽天でも買えて便利ですよ。

マダラはやっぱり「ホイル包み焼き」で!

ちなみに、マダラは深海でも活動するそうです。体表はヌメッとヌルヌルしていて、確かに深海生物の特徴を持っているように思います。

見た目からは想像できない淡白な味、というのは魚にはよくあることです。そんな意外性のある魚を今後も記事にしていこうと思います。

以上、今回はマダラについての記事でした。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました