魚介類

鮎(アユ)の英語名や、さまざまな別名を紐解いてみる

鮎(アユ)は英語名でなんと言うでしょうか?日本での多様な別名とともに紹介します。鮎の稚魚の名前や、老魚の呼び名など。
2021.06.27
魚介類

「シイラ(鱰)」は皮に毒がある食用魚ってホント?食べるとまずい??

シイラ(マヒマヒ)の紹介です。見た目はアレですが食用魚です。でも皮に毒があって要注意
2021.06.26
野菜と果物

謎フルーツ「ヤマモモ(山桃)」はどんな味??おすすめ食べ方はこれだ!

謎のフルーツ「ヤマモモ(山桃)」の味をレポート!食べ方のバリエーションも紹介します!
2021.06.26
スポンサーリンク
野菜と果物

オクラの下処理のやり方(板ずりと下茹で)

夏野菜「オクラ」は、シャキシャキ&ネバネバな唯一無二の食材。 食卓で、サラダや主菜の付け合わせに欠かせない存在と言えますよね。 そいんなオクラ、収穫前の畑でどのように実をつけるかご存知でしょうか。 家庭菜園で実った我が家...
2021.06.26
魚介類

【クロソイ(黒曹以)の寄生虫】お尻から顔を出す謎の生き物

クロソイから謎の物体が飛び出していました。これはたぶん「寄生虫」だ!
2021.06.24
魚介類

連子鯛(レンコダイ)と“鯛”の違いは?味はまずい?

関東ではやや珍しい魚「キダイ(黄鯛)」の紹介です。 キダイというのは標準和名で、釣りの対象魚や食用として取り扱う際は「レンコダイ(連子鯛)」と呼ばれることが多いため、以降、レンコダイの名前を使っていきます。 なんと言ってもこの...
2021.06.22
野菜と果物

ゴーヤの下ごしらえをやってみる!(苦味はほんのり残したい)

完全我流! ゴーヤの下ごしらえをご紹介します。 ところで、苦味を少しでも、1ミリでも残さないというのは、少し寂しい気もします。だって苦味こそがゴーヤの特徴だと思うから。 そうは言っても苦すぎると食べづらい・・。 ほ...
魚介類

【高級魚の相場】「アイナメ」の値段はおいくら??

アイナメの値段は2000円〜3000円が相場(野締めはもっと安い)。漢字で書くと「鮎魚女、鮎並、愛魚女」などで上品な雰囲気漂います。そんな高級魚アイナメの捌き方、食べ方を紹介していきます。
2021.02.18
魚介類

カガミダイ(鏡鯛)はどんな魚?気になる別名や食べ方とは!

カガミダイという魚は食材として少ないながらも一定の需要のある海水魚です。いったいどんな性質の魚なのか、見ていきましょう。
2021.02.17
魚介類

八角(ハッカク)と呼ばれる魚の捌き方と食べ方

ハッカク(八角)は北海道などでよく食べられる魚。水族館に展示されるなど珍魚としての顔も持つ不思議な体つきをしています。そんな魚の捌き方、食べ方とは?
2021.02.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました