「たらこ」と「明太子」と「辛子明太子」の違いを解説

スケトウダラ(介党鱈)市場のお魚たち

「たらこ」と「明太子」、そして「辛子明太子」の違いのお話です。

まず、これら3つの加工品の原材料となるのは、スケトウダラの卵

「スケウダラ」と呼ぶ人が多いこの魚は、標準和名「スケウダラ」と言い、「タラ目タラ科タラ亜科」に属する魚して、以前、当ブログで取り上げたことのあるにマダラとは親戚のような関係になります。

そんなスケトウダラ本体よりも桁違いに有名なのが「明太子」。

アツアツご飯に、そしておにぎりの具材に。明太子と言ったら、普通はこのスケトウダラの卵(卵巣)のことなのです!

しかし、ここでふと疑問が・・。

「明太子」ってそもそも「たらこ」とは違うの?
「辛子明太子」とは同じものなの?

僕も気になって眠れない日が続いたので調べてみました。

結論から先に書くと、

  • たらこも明太子も辛子明太子も、スケトウダラの卵巣の加工品である。
  • 「たらこ」と「明太子」は同じものを指す。
  • 「辛子明太子」は、上の2つと違うもの。

たらこと明太子は実は同じもので、辛子明太子だけ違うんですね。

詳しく見ていきましょう。

なお、今回の記事では、魚とはいえ腹を開いて直の卵画像を載せてます。そういった画像が苦手という方はご注意ください。

スポンサーリンク

たらこ、明太子、辛子明太子の違いとは?

たらこ、明太子、辛子明太子の違いは何でしょうか?

これより詳しく解説していきます。

明太子となるスケトウダラ(介党鱈)の卵巣
明太子となるスケトウダラ(介党鱈)の卵巣

少しグロテスクな見た目ですが、明太子の面影はありますね。

たらこと明太子は同じもの

さて、既に書いた通り「たらこ」と「明太子」は同じものを指しています

つまりスケトウダラの卵巣を塩漬けにした加工品のこと。もともと「明太子」は福岡あたりの方言で「たらこ」のことを指すのですね。

言い換えると、スケトウダラの卵巣の塩漬けを全国的に「たらこ」と呼ぶのに対し、同じものを福岡やその周辺では「明太子」と読んでいたということ。

辛子明太子は違うもの

いっぽう、「辛子明太子」は、たらこ(つまり明太子)とは、微妙に出自が異なります。記事の冒頭でも書いた通り、「たらこ(明太子)」と「辛子明太子」は違うモノということですね。

「出自が異なる」と書きましたが、ルーツは朝鮮半島の伝統食品だと言われています。

朝鮮半島でも、スケトウダラの卵巣を加工する料理が昔から存在していて、昭和24年、ふくやの川原俊夫さんが、朝鮮の伝統食品を日本向けにアレンジしたものが「辛子明太子」の最初ということなんです。(詳しくはこちらも参照)

言わずもがな、たらこ(明太子)と違って、辛味が効いているのが特徴ですよね。

「明太子 = 辛子明太子」の誤解の”ナゼ”

たらこ(明太子)と辛子明太子の違いは分かりました。

しかし、単に「明太子」と聞いて、赤い色の辛いやつ(つまり辛子明太子)を連想する方は多いのではないでしょうか。

本来は別のものを指す言葉だったはずなのに。一体なぜでしょう??

これは、辛子明太子がポピュラーになりすぎて、本来は「たらこ」と同義であった「明太子」が、辛子明太子の意味で扱われるようになったからです。

コンビニのおにぎりの具材で「明太子」の表記は、生の「辛子明太子」のことを指すケースがありますよね。(正しく「辛子」をつけて表記しているコンビニもありますが。)

「焼きたらこ = たらこ」の誤解の”ナゼ”

ついでに書くと、コンビニのおにぎりで「たらこ」という具もありますが、コンビニでは、これは火を通した「たらこ(明太子)」のことを指すことが多いです。

これもまた有名になりすぎて、「たらこ」は「焼きたらこ」であるというイメージが多くの人に根付いているようですね。

「明太子」の意味とは

ところで、明太子の「明太」ってなんですかね。「子」というのは、まぁ明太子自体がスケトウダラの卵巣でしょうから、何となくニュアンスは分かるんですけど・・。

スケトウダラには「メンタイ」や「ミンタイ」という地方名が存在していて、漢字で書くと「明太」となります。

いっぽう、朝鮮半島ではスケトウダラのことを朝鮮語で「ミョンテ(明太)」と呼んでいて、つまり朝鮮半島由来の名前という訳なんですね。

さらに想像を膨らませると、「明太」って、字づら的に中国っぽいニュアンスがある気がしませんか?

もしかしたら、大もとはそっち方面から朝鮮を辿って日本に伝わってきたのかもしれませんね。

【明太子の原料】スケトウダラはどんな魚?

スケトウダラにおける「明太子問題」が解決したところで、ついでと言ってはなんですが、スケトウダラ本体にもスポットを当ててみましょう。

スケトウダラとマダラの違い

こちらは同じ仲間のマダラ

こっちはマダラ

スケトウダラは、マダラに比べると、

  • ヒゲが短い
  • 目がでかい
  • 下アゴが突き出ている
  • 全体的に小さい
  • 模様が微妙に違う

などの特徴があるようです。

見慣れていないと間違えてしまうこともあるかもしれませんが、そもそもマダラよりも小さく細身であるなど、大きく異なる箇所がいくつかあるので、上記ポイントを抑えていれば間違うことはほぼ無いと言えるでしょう。

名前の由来:漢字で書くと「介党鱈」。意味は?

結論から言うとよく分かっていません。

いくつかの説があるそうですが、wikipediaによると以下の通り。

  • 「佐渡」が由来で「スケトウ(漢字で「佐渡」)」と呼んでいた
  • 昔「スケソ」と呼ばれていて、後に「助宗鱈」という漢字が当てられた
  • 「鮭の鱈」が「スケタラ」に転訛し、それが由来となった
  • 漁が難しいので「助っ人」が必要だったから

どれも切り口が全く異なるので不思議ですね。いったいどれが正しいのか・・。謎は謎のままということです。

スケトウダラの寿命は?

水深200〜500mほどに生息する深海魚で、体長は約70㎝。

寿命はよく分かっていないようですが、ネット上では15年ほど生きると言う説も散見されますね。

産卵期は、12月〜翌3月頃の間で地域毎に変動し、肉食性で、小魚や甲殻類の他に貝類なども捕食対象と、マダラほどではなくとも食いしん坊なのでしょう。

北太平洋に広く分布していて、日本だけなく様々な国で食べられている魚ですね。

この大きな口でエサを丸呑みにします

体表はマダラと同様にヌメっとしてました。

背びれが3基、尻ビレが2基

やはり白子は旨し

タラの白子と言えば高級品ですがそれはマダラの話で、スケトウダラのものはちょっと格が落ちます。

だけど旨い。卵巣の話で盛り上がりましたが、精巣でもひと盛り上がりできそうです。

この見た目。雄の精巣です。

さっと湯にくぐらせてぽん酢で食べるのが美味しいですよ。あとは天ぷらにしたりも。

今回は小麦粉をつけて多めの油でソテーしてみました。

ちくわ(竹輪)やカマボコ(蒲鉾)、それスケトウダラです

さて、スケトウダラの卵巣や精巣以外の使い道は?

と言えば、残念ながら先ほども書いた通りひたすら加工あるのみです。丸干しや棒鱈などに代表される干物に始まり、かまぼこや竹輪などの練り製品など、幅広く加工品として利用されています。

ただ、普通に焼き魚として食べたり、ホイル焼きや鍋物でももちろんOKです。

味はめちゃくちゃ淡白だし、焼いて固くならずむしろホロホロと崩れるタイプの身質です。魚の苦手な人には好まれるかもしれませんね。

刺身で食べたい!

そう。刺身では食べないの?という疑問がわきますよね。

もちろん刺身でも十分おいしいですよ。マダラと同様に水分が多いので、その辺の処理の工夫が必要だとは思いますけど。

ただ、よほど新鮮なものでない限り、生食は避けるべきかもしれません。

というのも、寄生虫(アニサキス)が死ぬほど寄生しています。僕はスケトウダラを処理していて何回も遭遇していますので、生食は絶対しないですね。

たらこ、明太子、辛子明太子を正しく知ろう!

今回はスケトウダラにまつわる、たらこと明太子、辛子明太子のお話でした。

タラとは「魚」に「雪」と書きます。寒い時期だからこそ穫れる魚であり、昔はやはりそうした環境下で、貴重なタンパク源として保存食などに加工されるケースが多かったのでしょうね。

楽天やamazonで「ふくや」の明太子をどうぞ

ふくやの明太子は、着色あり/なしや、辛味の加減を選べます。

干し介党鱈もあります

タイトルとURLをコピーしました