スケトウダラはどんな魚?マダイとの違いと刺身料理について

白身魚

スケトウダラ、あるいは「スケ(ソ)ウダラ」と呼ばれる魚は、明太子の原材料として欠かせない食材です。

スケトウダラの卵巣を加工して明太子や辛子明太子となるわけですが、他の部位は干物をはじめとした様々な加工品にされることがほとんど。

刺身や煮物など、スケトウダラを一次利用で食べる(鮮魚の状態で入手して食べる)機会は少ないでしょう。

それゆえ、スケトウダラがどんな魚か詳しく知る人は多くないと思います。

そもそもスケトウダラとは?

マダラとの違いは?

刺身でも食べれるの?

今回はここらへんに着目してみました。

スケトウダラとは?刺身で食べれるの?

あまりにも有名な「明太子」が注目されがちですが、スケトウダラ本体にもスポットを当ててみましょう。

たまに、加工品にされていない丸のままの鮮魚が手に入ることがあります。

鮮魚の状態でたくさんは出回りません。大量に流通するのは加工品業界だからです。

筆者ならば、もし近くの鮮魚店にスケトウダラが大量に売られている場面を見たとして、界隈の加工品工場に何かあったか、工場から溢れるほど大漁だったというふうに想像を膨らませると思います。

そんなことはどうでも良いとして、とにかく加工前のものを見るのは意外と珍しいと言いたいのです。

存在は身近だけど実態はあまり知られていないスケトウダラ。

スケトウ“ダラ”というくらいですから、タラ系の魚だと想像する人は多いでしょう。

正解です。マダラなどと同じタラ科の「スケトウダラ属」に分類されるのが、スケトウダラです。

スケトウダラとマダラの違い

スケトウダラはマダラの仲間。

「タラ目タラ科スケトウダラ属」に属す魚です。

マダラは「タラ目タラ科マダラ属」で、スケトウダラやマダラの仲間にはコマイ属の「コマイ」もおり、こちらも練り物や干物に加工されやすい魚。

タラ科の中で似てるのはスケトウダラとマダラなので、両者の違いを挙げてみます。

こっちはマダラ

スケトウダラは、マダラに比べると、

  • ヒゲが短い
  • 目がでかい
  • 下アゴが突き出ている
  • 全体的に小さい
  • 模様が微妙に違う

などの特徴があり、マダラより一回り小さい体をしています。

見慣れていないと間違えてしまうこともあるかもしれませんが、上記ポイントを押さえて冷静に観察すると違いはハッキリしているので大丈夫です。

上記の相違点を抑えていれば間違うことはほぼ無いでしょう。

スケトウダラは刺身で食べれる?

スケトウダラを刺身で食べるとしたら?

・・と、興味を持つ人がいるかもしれませんので、注意点も交えて解説しておきます。

結論から言えば刺身でも十分おいしいけど注意も必要です。

味はとてもあっさりして「人それぞれ好みかな?」と思いますし、鮮度イマイチの青魚系を食べるくらいなら、スケトウダラの刺身のほうが美味しいと個人的には思います。

マダラと同様、身に含まれる水分が多いので、昆布締めやピチットを使った身の凝縮はした方が美味しくなるでしょう。

タラ科の生食は注意が必要です。

スケトウダラの場合、生食はハードルが高いと言わざるを得ません。

もっと強く言えば、よほど新鮮なものでない限りスケトウダラの生食は避けるべきかもしれません。

というのも、寄生虫(アニサキスやシュードテラノーバ)がほぼ寄生しています。筆者もスケトウダラを処理していて何回も遭遇していますので、生食はあまりオススメしません。

タラ系は、アニサキス系の寄生虫がよくいるのですが、それ自体はめちゃくちゃ珍しくはないです。

加工品が主流の魚は、メインの流通網から脱線して市場に出回ることが多いとかの理由があるのか知りませんが、鮮度の良い状態で売られていることが少ないように思います。

アニサキスなどの対策は、一つは鮮度の極めて良い状態で処理するのが手取り早いです。

理由は、アニサキス達は宿主の死後に内臓から筋肉へ移動を始めるからです。鮮度が良ければ内臓に残ったままなので、内臓さえ処理してしまえば問題ないことがほとんどです。

鮮魚のスケトウダラはあまり出回らないことが多い気がするので、ピチピチのものでない限り生食は避けたほうが無難です。

スケトウダラの白子は旨い

タラの白子と言えば高級品ですがそれはマダラの話で、スケトウダラのものはちょっと格が落ちます。

だけどスケトウダラの白子も旨い。

卵巣は「明太子」として超有名ですが、精巣もイケます。

スケトウダラの精巣

さっと湯にくぐらせてぽん酢で食べるのが美味しいですよ。あとは天ぷらにしたりも。

今回は小麦粉をつけて多めの油でソテーしてみました。

明太子、たらこ、辛子明太子の違い」についても記事を書いてますので良かったら覗いてみてください。

スケトウダラの加工品ってどんなものがあるか気になると思います。

丸干しや棒鱈などに代表される干物に始まり、かまぼこや竹輪などの練り製品など、スケトウダラは幅広く加工品として利用されています。

ただ、普通に焼き魚として食べたり、ホイル焼きや鍋物でももちろんOKです。火を通せば寄生虫リスクもなくなるし安心。

火を通して食べるスケトウダラは、やっぱり淡白であっさり系。

固くならず、むしろホロホロと崩れるタイプの身質はマダイと同じです。

魚が苦手な人には好まれる味だと思いますし、バターなど乳製品との相性が良く洋食にもピッタリな魚です。

スケトウダラを漢字で書くと「介党鱈」

スケトウダラを漢字で書くと「介党鱈」。単なる当て字なので、漢字には意味がありません。

では「スケトウダラ」の名前には、何か由来があるのでしょうか?

結論から言うとよく分かっていないようです。

名前の由来は諸説アリ。

  • 「佐渡」が由来で「スケトウ(漢字で「佐渡」)」と呼んでいた
  • 昔「スケソ」と呼ばれていて、後に「助宗鱈」という漢字が当てられた
  • 「鮭の鱈」が「スケタラ」に転訛し、それが由来となった
  • 漁が難しいので「助っ人」が必要だったから

いずれも切り口が全く異なる説でどれが正しいのかは謎です。

「タラ」という言葉は、そもそも「斑(まだら)」が由来との説が有力で、つまり体の不規則な斑紋の見た目が理由です。

漢字の「鱈」は、雪のように白い身を意味したり、雪の降る冬にたくさん獲れる魚であることを指したりと様々です。

スケトウダラは深海魚

スケトウダラは水深200〜500mほどに生息する深海魚で、体長は約70㎝。

寿命はよく分かっていないようですが、15年ほど生きるという説も。

産卵期は、12月〜翌3月頃の間で地域毎に変動し、肉食性で、小魚や甲殻類の他に貝類なども捕食対象と、マダラほどではなくとも食いしん坊なのでしょう。

北太平洋に広く分布していて、日本だけなく様々な国で食べられている魚です。

この大きな口でエサを丸呑みにします

体表はマダラと同様にヌメっとしており、深海魚の特徴を持ちます。

背びれが3基、尻ビレが2基
タイトルとURLをコピーしました