タチウオ(太刀魚)の食べ方は?おすすめ料理を紹介

市場のお魚たち

珍魚中の珍魚、タチウオ(太刀魚)の紹介です。

僕がお魚屋さんで買ってきた上の写真のものは、鮮度がだいぶ悪くて「錆びた刀」みたいになってますね。

こうなってしまっては刺身だとちょっと怖いので、火を通して食べましょう。

タチウオ(太刀魚)は刺身もイケますが、食べ方のオススメはあえて「塩焼き」なんです。マトウダイサゴシのように、火を通すと格段に味が良くなる魚でもあります。

銀白色の見た目をそのままダイレクトに楽しむのであればやはり刺身ですけどね。

見た目を取るか味を取るか。しかし、今回のように鮮度が微妙な時は火を通すのが無難でしょう。

なお、タチウオは鮮度が落ちると体表面の銀色が剥がれてしまい、見た目的にはアウト(鮮度的に)な印象を持つかもしれませんが、全然食べれますよ。銀色の物体は繊細ですごく剥がれやすいんです。

ついでと言っては何ですが、タチウオの特徴についてもサラッと紹介します。

  • タチウオ(太刀魚)の体の銀色は一体なんなの?
  • 実は釣りで人気の魚!サーベリングやドラゴンという用語もある。
  • タチウオの生態は?深海魚?青魚?

それでは、タチウオ(太刀魚)の食べ方他、順に見ていきましょう!

スポンサーリンク

タチウオ(太刀魚)の食べ方は「塩焼き」を試してもらいたい

繰り返しになりますが、タチウオ(太刀魚)の食べ方は塩焼きなんです!フライパンを使って焼く料理でも良いでしょう。ムニエルとか。

火を通すことで格段に旨味が増す魚ですので、それを生かした料理にすると良いかなと。

鮮度の良いものだと必ず刺身にしたがる傾向があるものですが、太刀魚は焼いて食べて欲しいのですよ。

ただし、見た目が美しいのはやはり刺身。焼いた場合、どうしても体表を覆う銀色の膜はボロボロになってしまうのです。とても繊細。

見た目が気になるということでしたら、衣をつけてフライにするのも良いでしょう。

火を通すことは同じですが、油で揚げるということは、フライパンで焼く方法よりも水分が外に逃げてしまう調理法なので、しっかりと衣をまぶすことが重要です。外はカラッと中はシットリという出来上がりになりますよ。

さばき方は?

こんな見た目のタチウオですが、普通に三枚におろします。

直線的な体のラインなので、思いのほか簡単に処理することができますよ。パッと見で「三枚おろし難しそう」と思われがちですが、実際にやってみるとスズキとかよりもむしろ簡単だと感じるはずです。(スズキって料理も釣りも人気だけど、処理するのは意外と難しいですからね)

あと、この魚には鱗(ウロコ)がありませんので、その点でもお手軽度は高め。ウロコを引くと魚種によっては台所がウロコだらけになってしまいますからね。

また、これも見た目の話で、食べる部分が少ないイメージを持ちやすい魚ですが、意外とそうでもないです。細く薄いシルエットとは裏腹に、可食部はそこそこ。

タチウオ(太刀魚)とは一体どういう魚なのか?

おすすめの食べ方を紹介できたので僕的には満足ですが、こんな珍魚すぎる見た目の魚を深掘りしない手はありません。

生態などの情報も軽く整理しておきましょう。

体表面のギラギラは結局なんなの??

先ほども書きましたが、太刀魚はウロコがない魚です。その代わり、全身がグアニン質の層で覆われているのです(グアニン質ってなんだろうね)

金属っぽい体表の色は謎の物質「グアニン質」そのものなんですね。

この物質はとても剥がれやすく、鮮度が落ちるとこの通り↓

まさに「錆びた刀」状態。

このグアニン質は生きている間も剥がれることがありますが、その場合は代謝により再生します。

そして、なんとこの太刀魚のギラギラはマニキュア等のラメの材料に使われていたんですって!(太刀魚すげーぞ)

で、そのスゴイ物質「グアニン質」とは一体何か?

コトバンクを読んでも僕には、1ミリも理解できませんでした笑。残念。

まぁ、魚のウロコを鎧だとするなら、タチウオの場合はステルスのタイツ的なものに身を包んでいるイメージでしょうか。防御力は低いけど外敵に発見されにくい、みたいな。

実際、タチウオの銀白色(生きている時は青みがかっている)は、海の中では保護色になっていると思うんですよね。

実は釣りで人気!「ドラゴン」や「サーベリング」は太刀魚の為の言葉

船でも陸からでも釣れます。ルアーでもウキ釣でも。

歯が鋭い魚用の仕掛けを使った釣りを「サーベリング」と言います。まさに太刀魚釣りのことですね(サワラ等にも使われる言葉)。

そして、大型の太刀魚(最大では2メートルを超える個体も)のことを「ドラゴン」と呼んで特別視するそうです。夢があるじゃないですか。

タチウオ(太刀魚)は深海魚?青魚?

堤防からも釣れるということで表層にいるケースもありますが、400mの水深にまで生息域は広いそうです。成魚だと夜は深場にいて、昼間は海面近くまで移動して餌を探します。

生息域を考えると深海魚でしょう。顔の特徴も深海魚の面構えをしていると感じます(目が大きく、何よりコワモテという深海魚的な特徴をしている)。

しかし、一方では「青魚」だという意見もあるよう。寿司ネタでは「光り物」だともされます。この2つの言葉のそれぞれの意味は、

  • 光り物・・・皮目が美しい魚のことで、白身魚も含まれる(シロギスなど)
  • 青魚・・・・背中が青い魚のことで、白身魚も含まれる(アジなど)

です。

つまりタチウオ(太刀魚)は、光り物であるけど、青魚ではないと個人的には考えます。

が、そもそもこの「青魚」という分類は非常に曖昧で、正解は無いってのが現状みたいですね。

青魚というのは、背が青い魚。なぜかというと、上からの外敵に対する保護色(海の色と同系色)だからと言われています。海の色は水深によって見え方が変わってきますから、つまり青魚という言葉は表層付近を泳ぐ魚が多く持つ特徴を指していると思います。

深海魚の太刀魚は青魚とは違うのでは?と考えるわけです。そもそも背中青くないと思いますし。

ちなみに身の質はというと、タチウオは白身魚に分類されるというのが一般的でしょう。

凶暴すぎる顔

まずはこれを見てほしいのですが、

凶暴すぎでしょこの顔やばい。怖い。。。極悪フェイス。

海に潜っている時に出会ったらパニック間違いなしですよこれ。しかも大型魚ですし。怖い。

食性は、この顔の見た目通りの肉食で、この凶暴な口で小魚などを食べているようです。

タチウオの取り扱いは、この鋭い歯で攻撃されないように注意が必要です。

名前の由来

まあ、言わずもがな、その姿形が刀の抜き身のようだからですよね。

しかし、彼らの特徴の一つとして立ち泳ぎするケースが見られることから「立魚」であるとの説もあるそうです。

英名でもやはり、「カットラスフィッシュ」とか「サーベルフィッシュ」とか。カットラスってのは海賊が持っていそうな刀剣のことですよね。

タチウオ(太刀魚)は焼いて食べると美味しいよ!

いかがでしたでしょうか。太刀魚。

この珍しい姿形にはつい目を奪われてしまいますよね。

そして再三の繰り返しですが、オススメは”焼き”でぜひ。

鮮度が良いものは値段が高くてなかなか買うのが難しいですが、機会があればこのブログでもまた紹介していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました