魚介類

【完全マスター】鮎(アユ)の天然物、養殖物の見分け方

天然の鮎(アユ)は日本の夏の風物詩の一つ。俳句の季語にもなっています。 日本人にとって昔から特別な存在でもある鮎、その漁獲量ナンバーワン地域はなんと茨城県だそう。 同県の那珂川や久慈川では天然物の鮎が遡上することで有名ですが、...
2020.06.22
魚介類

イシガキダイ(石垣鯛)には毒がある!?「シガテラ」に注意すべき魚!

イシガキダイ(石垣鯛)は磯釣りの対象魚として人気が高く、また、食べても美味な魚として知られています。 しかし、シガテラ毒には注意が必要。 シガテラ毒を保有する石垣鯛を食べると「食中毒」になる恐れがあるため、厚生労働省からも危険...
2020.06.21
魚介類

結局「ホヤ」って何者なの??何の仲間なのか調べてみました

ホヤは「ナマコ」または「貝」の近縁種と思われがちですが、違います。 いったい何者なのか、何の仲間なのか、調べてみました。
2020.06.19
スポンサーリンク
魚介類

シマガツオの「味がまずい」は本当か?でもその前に名前とか色々と珍魚すぎた

「エチオピア」という不思議な名前の海水魚をご存知でしょうか。 正式名称は「シマガツオ」と言い、食用だけど普段の食卓にはまず出てることはないだろう魚です。 とにかく不思議な謎多き魚。 別名「エチオピア」の由来とは?海の中で...
2020.06.17
魚介類

「こまい」がうまい!干物で有名な魚の話

コマイは鮮魚で見かけることの少ない魚。たいていは干物に加工されて市場に出回っています。 味が良く、amazonや楽天市場などの通販サイトでも手軽も買うことができてオススメの食材ですよ。 今回、珍しく鮮魚の状態で入手しましたが、果たして・・・。
2020.06.16
魚介類

カラスミだけじゃない!見れば見るほどおもしろい「ボラ」という魚

高級食材の「カラスミ(唐墨)」といえば、ボラの卵のことです。 お腹から取り出した卵を塩漬けして乾燥させれば、黄金色の「のべ棒」状の物体の出来上がり。これがつまり「カラスミ」と言うわけです。 スライスしてそのまま食べたり、チーズ...
2020.06.15
魚介類

サゴシ(青箭魚)は青魚?【白身魚、赤身魚、青魚の話】

サゴシ(成長するとサワラと呼ばれる)はメジャーな食用魚ですが、白身魚、赤身魚、青魚、一体どれが正しいのでしょうか。
2020.05.05
魚介類

おいしい魚「サゴシ」の漢字表記「青箭魚」の意味とは?

サワラは食用として有名な海の魚ですが、サワラの若魚、つまりまだ成魚となっていない若い個体のことを「サゴシ」や「サゴチ」と呼びます。 同じ魚でも成長の度合いで呼び名が変わるというのは、サワラが出世魚であるからです。 同じ魚に複数...
魚介類

【アイナメ】高級感漂う上品な名前を持つ魚の値段とは?

アイナメの値段は2000円〜3000円が相場(野締めはもっと安い)。漢字で書くと「鮎魚女、鮎並、愛魚女」などで上品な雰囲気漂います。そんな高級魚アイナメの捌き方、食べ方を紹介していきます。
2020.05.03
魚介類

目鯛(メダイ)とは?キンメダイ(金目鯛)やマダイ(真鯛)との違い

メダイ(目鯛)とは、どんな魚でしょうか。 メダイは海水性の白身魚で、食材として認知度はそれほど高くありませんが、歩留まりの良いコスパ最強の食用魚であり、味もとても良いのでかなりオススメの魚です。 ちなみに、名前が似ている超高級...
2020.04.30
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました