フエダイ(笛鯛)の仲間はとても多いけど・・・。「アカホシフエダイ 」という実在しない魚の話

フエダイ(笛鯛)市場のお魚たち

「フエダイ科」には、とても多くの種類の魚が存在しています。おそらくフエダイ科は魚類の中でトップクラスの大所帯でしょう。

ある日、お魚屋さんで「アカホシフエダイ 」っていう札のついた魚を買ったのですが、後から調べてみたら、そんな名前の魚は実は存在しなかったという話。

もしくは、産地でのみ呼ばれる地方名という可能性はありますが、少なくともGoogleの検索結果にはそれらしき記事は皆無。

一体、この魚の正体はなに?

おそらく標準和名「フエダイ(笛鯛)」って魚で、フエダイ科の代表的な種類かと思います。

お魚大好き日本人は、とにかく同じ魚を地方ごとに独自に呼び名をつけることがほとんどで、もしかしたら「アカホシフエダイ」という名前もその一種かもしれません。

とにかく今回の記事では、そんな謎の魚を「フエダイ」だとして紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

とにかく種類の多い「フエダイ科」は南の海の高級魚

フエダイ科に属する「フエダイ」は、沖縄ではアカンチャ、イクナー、イナフクーなどと呼ばれて高級魚として扱われます。

フエダイの最大の特徴といえば、体の真ん中よりやや後ろにある白い斑点。まるでそこだけ鱗が剥げたような中途半端で小さい模様です。

今回紹介する謎の魚を勝手にフエダイだとしたのも、「斑点の有無」が決め手でした。

ところで、フエダイはとても味がよく、西日本から南では特に珍重され高級魚として扱われます。

関東ではどうかと言うと、昔はわかりませんが、今はだいたい高値がつく魚です。フエダイに限らず、フエダイ科の魚は総じて味がよく大型のものが多いので、やはりどれも高いイメージ。

フエダイ科の仲間たち

では、フエダイの属する「フエダイ科」にはどんな仲間がいるのでしょうか。

以前紹介したハマフエフキも同じ科で近縁種。意外なところではアオダイヒメダイシマチビキも、顔など姿はあまり似ていませんが、同じフエダイ科となります。

他、フエダイ科は種類が多く、100種を超えます。いずれも南国系の海に多く、カラフルな模様、そして前述の通り大型魚が多い科です。

色の組み合わせ、つまり鰭が明るい黄色で体はオレンジのような赤色なので、パターンはやはりフエダイの特徴と合致します。

やっぱり間違いないでしょう。「アカホシフエダイ 」という名前で売られていたこの魚は「フエダイ」です。

フエダイとは”笛鯛”との説が有力

ちなみに、フエダイの顔を見ると、まるで口笛を吹いているような形相ですよね。

フエダイ(笛鯛)の名前の由来はここから来ているという説が有力ですが、正確なのところは分かっていません。

種類の多いフエダイ科なので、さらに地方名も加味すると、ひょっとしたら「アカホシフエダイ 」は本当に存在するのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました