マハタをゲット!ってこれマハタ?(模様がない謎のハタ)

市場のお魚たち

こんにちは。ぺピート(@resto_Pepeeto)です。

マハタといえば、大きな顔、分厚い唇、そしてシマシマ模様ですよね。

とある魚屋さんで「マハタ」として売られていたのがこちら。

これほんとにマハタ!??

まるでマゾイクロソイのような見た目ですね。一体どういうことなのでしょうか・・。

スポンサーリンク

謎の魚の正体とは?

ということで、マハタと言われているけどちょっと様子の違うこの魚、細部をチェックしてみました。

鮮度

もしかしたら、鮮度が悪くてこのようなことになってしまうのかも?

エラをみた感じだと鮮度はそこそこ良さそうですね。状態があからさまに変化したのではなさそうです。

「ソイ」との違い

冒頭でも書いた通り、色合いからソイに似てる気がしたのですが・・。

背ビレの形が明らかに違います(ソイはもっと背ビレが大きい)し、顔もよく見るとソイとは異なります。

これはやはりマハタの特徴のような気が。

マハタの背ビレは後ろの方が大きいんですよね。この辺りソイ類とは違うんですよ。

というか、ウロコも細かいし、エラ蓋の特徴など、よく観察するとソイとは全然違かった。汗

マハタの顔じゃない気がする

でも、この顔。

マハタってもっと顔が大きくてたらこ唇のイメージがあるんですけどね。この顔だけ見ると本当にマハタとは思えません。

その他の部位

腹ビレ

胸ビレ

口を開けてみた。

マハタの特徴発見!

尾びれを観察している時でした。

マハタの特徴発見です!

そう、この「尾びれの先っちょが白い」というのはマハタの特徴なのですよ。

こいつ、やはりマハタか??

さらに、尻ビレの写真をよく見ると・・・。

体にうっすらと縞模様が見えませんか!

僕には見えます。やはりこの魚は「マハタ」のようです。

最後に

危うく「謎の魚」として処理するところでした。

それにしても、海の中ではこんなにも振れ幅が大きいのでしょうかね。同じ種の魚なのに。それともこういうものなのかな。

不思議なマハタの紹介でした。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました