活き締め”アジ(鯵)”は通販で買える!名前の由来も紹介

市場のお魚たち

活き締めアジ(鯵)の刺身を食べた時の衝撃は忘れません。

それ以来、水族館のアジを見ただけで体のどこかのスイッチが入りおなかが鳴るようになってしまいました。

アジは白身と赤身の中間の特性を持つ魚と言われており、確かに切り身にすると血合いこそ赤身魚のそれですが、身の色は白身魚そのもの。

厳密に言えば赤身の青魚に分類されますが、青魚特有のクセが少ないので非常に食べやすい万人向けの魚と言えます、

そしてなにより「”味”が良いから”アジ”である」と言われるくらい、まさに食材として最強としか言いようがない海水魚なのです。

しかし、青魚なので鮮度落ちが早いのもまた事実。イワシカツオほどではないにしろ、捌いてからすぐ食べるのが最も美味しい魚だと言えるでしょう。

足の早い(鮮度落ちが早い)アジは、昨今、通販で買えるようになっているようになっています。

今回、通販で買える刺身用の”活き締めアジ”の商品をいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「活き締めアジ」が通販で買える!

繰り返しますが、アジは鮮度落ちが比較的早い魚です。

同じく「有名な魚」という括りで、例えばマダイと比べると差は歴然。マダイは鮮度が良すぎるものは1日くらい寝かせてからが美味しいとされているくらいですので。

やはりアジは青魚の繊細な特徴を持ち合わせています。

そんなアジの通販をいくつか紹介します。いずれも「ブランド鯵」としてよく知られた商品で高級食材ですが。

瀬付きアジ

瀬付きアジというのは、山口県の日本海沿岸に住み着くアジのことを言い、主に萩市、長門市、下関市で漁獲されています。

いわゆる「ブランド鯵」の一つで、脂質のサンプル検査も行われていて品質も期待できるでしょう。山口で水揚げされてから配送に2日以上かかる地域では注文不可となっています。

岬アジ

こちらもブランド鯵。「岬あじ(はなあじ)」と読みます。

愛媛県の西宇和郡伊方町の豊予海峡で水揚げされます。

同じ地域には「関アジ」と呼ぶ超有名ブランド鯵も存在していますが、岬アジと関アジの違いは、水揚げされる漁港の違いなので、魚本体としてはほぼ似たような性質のアジと言えるでしょう。

ちなみに、岬アジは佐多岬漁港にて漁獲されたアジのことを言います。

アジ(鯵)の名前の由来は?

ふつう、単に「アジ」と言えば「マアジ」という魚のことを指します。すでに紹介したブランド鯵である「瀬付きアジ」や「岬アジ」は、実はマアジのこと。

しかし、「アジ科アジ亜科」に属する魚類全般をまとめて「アジ」と言う場合もあります。

こうなるとシマアジやカイワリ、メアジ、ムロアジなど、たくさんの魚が一緒くたに「アジ」とされるので超ややこしいのですが、一般的に「アジ」と言ったら「マアジ」という認識で良いでしょう。

なお、マアジを含め「アジ科」に属する魚はなんと150種類もいます。有名なところではブリやヒラマサカンパチなどもアジ科に属しており、大所帯です。

同じアジ科のヒラマサの口から出てきたマアジ

ちなみに、「マアジ」をさらに細かく分類する考え方があります。

同じ「マアジ」でも違いがある

生態の違いから、マアジは「居つき型」と「回遊型」の2種類に分類されます。前者は浅い海の岩礁域に名前の通り”居つく”タイプで、後者は沖合を回遊して暮らしています。

生態の違いは、アジの見た目もさることながら、味も明らかな違いがあります。当然、市場価値も変わってきて、「瀬付きアジ」や「岬アジ」、「関アジ」などのブランド鯵は全て「居つき型」のアジです

見た目の違い

「居つき型」のマアジは別名「キアジ」や「キンアジ」などと呼ばれ、体が黄色味がかかっていて見た目まるっとしています。

あまり動かないので脂肪分が多いという特徴があります。

対する「回遊型」は「ノドグロアジ」や「クロアジ」などと呼ばれ、その名の通り背中あたりが黒みがかっていて体つきもシャープです。

よく泳いで脂肪が少なく筋肉質なタイプのマアジと言えるでしょう。冒頭で紹介した写真は「クロアジ」。

名前の由来や食性の話

さて、名前の由来は記事冒頭でも紹介した通り「味が良いからアジである」というのが通説です。

ちなみに「(マ)アジ」と言うのは「アジ類の中で代表的な」と言ったような意味が込められています。「マダイ(真鯛)」なんかと同じニュアンスでしょうね。

肉食の魚で、プランクトン、甲殻類、小魚などを食します。

産卵期は地域毎に異なり、西日本では1〜5月頃、東日本では5〜7月頃、北海道では8月頃となっているようです。

寿命は最長で12年という記録があるようですね。

マアジの特徴といえば

さて、マアジの体を注意深く見てみると、尾びれから体の真ん中を通ってなにやら骨ばった模様のようなものが走ってますよね。

これは稜鱗(りょうりん)と呼ばれるウロコの一種で、俗に「ぜいご」や「ぜんご」と呼ばれています。

前段で少し触れた「アジ亜科」に属する魚の特徴ですね。

これは触れると固く尖っています。ウロコの一種なんでしょうが剥ぎ取ることは難しく、一目見て他の魚と区別することができるでしょう。

活き締めアジの通販は「アリ」だと思う

以上、アジの通販の紹介と、生態に関することを簡単ですが記事にしてみました。

個人的には、アジのような足の早い魚でも、鮮魚の通販は”アリ”だと思います。

もちろん、一番良いのは、直前に締められたモノを食べること。

しかし、活き締めや神経抜きの処理を行えば、野締めよりも格段に鮮度は長持ちします。そうなると、通販で鮮魚を買うというのも選択肢の一つかなと思うのですよね。

もちろん値段的にも高くなってしまうデメリットはあります。

しかし、ブランド鯵であればなおさら、現地に行ったり取り扱いのあるお店に行くことと、通販で買うことを天秤にかければ、後者のメリットも十分あるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました