【カンパチ(間八)】ブリ属3種の中でトップオブ高級魚

カンパチ(間八)市場のお魚たち

カンパチが安くなっていました。

刺身で言ったら高級魚ですが、まさかの「日が経ってるので火を通して召し上がってください」の一言。

高級魚が安く手に入るのには理由があるってことですか。そうですか。

せっかく普段手に入りづらい魚が手元にあるので、いくつか特徴を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブリ、ヒラマサ、カンパチで「ブリ属3種」

まず、よく言われるブリ御三家的な話。

これらは全部違う魚です。出世魚とかの関係性ではありません(僕は大きさで名前が変わる、同じ魚だろうと勝手に思ってました汗)。

出世魚といえば、

  • 大きく成長し
  • よく知られた食用魚

であれば、たいてい出世魚です。ブリ、ヒラマサ、カンパチも、それぞれ大きさによって名前の変わる魚ですね。

カンパチの特徴、ブリ、ヒラマサとの違い

カンパチの顔の特徴を紹介します。

まずブリとの違いですが、口端が丸みを帯びています(下写真の小さい丸)。ブリの場合、ここが角ばっているのでとても分かりやすいのですよ。

そして、若干分かりづらいですが頭に暗い褐色の線が走ってますね。これがヒラマサとの違いです(下写真の細い丸)。

ちなみに、この頭の線は左右にあって、上から見ると漢字の八の字に見えることから、「間八」と呼ばれるんですよね。大きく成長するにしたがってボンヤリとしてくる線なので、大型のものはより判別しづらいと言われています。

体に走る特徴的な黄色の縦帯

これはブリ属に共通の特徴です。種によって、明度や色が少し違っていて、見分けポイントにもなっています。

カンパチの線は、ブリよりも鮮明であることが多いです。

ちなみにブリ属のウロコ(鱗)は、細かくびっしりと着いていて撮りづらいです。

前にヒラメの記事でも紹介した、「すき引き」で鱗を削ぎ落とします。

ブリ、ヒラマサ、カンパチ、一番高いのはどれ?

一般的には、カンパチが一番高級です。次にヒラマサ、最後はブリです。

ただ、ブランド化したブリはめちゃくちゃ高いですし、大きさや鮮度、時期、漁獲された場所によっても価格は様々に上下するので、あくまで一般的な話ではありますが。

カンパチの各部位をチェック

背ビレ
背ビレその2
尾ビレ

この尾ビレ、泳ぐの得意そうな形。これは絶対速いよ。

尻ビレ
胸ビレ
腹ビレ
口の中

カンパチは白身魚

ブリ属は白身の魚です。

外見は赤身の魚みたいですし、同じ白身でもマダイスズキなどとは味わいが異なり、イメージとしては赤身の魚に寄ってる感じです。

最後に

カンパチといえば高級魚ですが、やはり鮮度や大きさの問題で安く売られていることもあります。

今回はラッキーでしたが刺身で食べれなかったので、また次回に期待を膨らませつつ、ブリ大根でも作ろうと思ったのでした。

タイトルとURLをコピーしました