コロダイ(葫蘆鯛)はどんな魚?値段や味わい、コショウダイとの見分け方の話

市場のお魚たち

コロダイ(葫蘆鯛)は「イサキ科コロダイ属」に分類される食用魚。

その見た目から、てっきりクチビとかの仲間だと思い込んでいましたが、高級魚「イサキ」の近縁種です。

(ちなみにクチビ(標準和名「ハマフエフキ」)はフエフキダイ科)

イサキは味の良い高級魚として有名ですし、近縁種であるコロダイの値段も高いのかと思いきや、1kgあたり1,000円というお得な値段で売られていたりと、イサキよりは安価な魚なのです。

また、イサキに比べて体が大きく可食部が多いので、コスパの良い魚と言えるでしょう。

難点といえば、漁獲量が少ないため沢山は売られていないということ。

ややマイナーな魚のコロダイについて、味わいや近縁種で姿形の似ている「コショウダイ」との見分け方を紹介していきます。

スポンサーリンク

コロダイはどんな魚?値段、味、近縁種との見分け方

コロダイは大きなものでは全長60㎝ほどに成長する海水魚。

大型のものは身の厚みもあるので、頭や骨を除いても可食部を多く取ることができます。

値段は手頃なことが多いですが、成魚で刺身用(神経抜きや活き締め)のものは高値がついていることも過去に見かけました。

味の良い魚であることは間違いないので、高級魚として扱われるケースもありますが、僕個人の所感では安くてキロ1,000円程度、高くても2,000円前後といったところでしょう。

イサキは状態の良いものでキロ3,000円と高値を貼ることもあるので、それよりは安価なことが多いです。

コロダイとコショウダイの違いと見分け方

コロダイの幼魚は、大人の頃と同じ魚と思えないくらい鮮やかな縞模様がありますが、成長とともに模様が斑点のパターンに変わっていき、その斑点も年を重ねるにつれ消えていきます。

大人になると体表の斑点は目立たないが・・、

生魚となったコロダイは、コショウダイという魚と非常に良く似ます。

コショウダイというのは、同じイサキ科「コショウダイ属」魚。その名の通り胡椒(こしょう)のように小さくて丸い斑点がある魚です。

サイズはコロダイと同程度。見た目は良く似ています。味も。

そんなコショウダイのコロダイとの見分けポイントは一つ。

コショウダイは、体全体に太くて斜めに走る縞模様がありますが、対するコロダイには斜めの縞模様はありませんので、体の斜めの縞模様の有り/無しで見分けることができます。

下の写真はコショウダイで、よーく見ると体に斜めの太い線が走っているのが分かるでしょうか。

ただし、コショウダイの縞模様も成長が進むと薄くなり、また、鮮度が悪くても分かりづらくなるのですが。

コロダイの食べ方(臭い個体がたまにいる)

コロダイはその食性の影響のためか、時に磯臭い個体に出会うことがあります。

そのような臭いコロダイでも、ニオイの元である皮や内臓を除去してしまえば、刺身でも食べることができる場合がほとんどです。

もし運悪く強烈に臭いコロダイと出会っても、内臓を綺麗に処理して焼き魚にすれば、気になることはないでしょう。

鮮度の良いもの、適切に処理されたものは刺身で非常に美味。

そこは、さすがに高級魚イサキの仲間です。

旬は冬

初夏から冬まで長い時期で売り場に並びますが、上でも書いたように漁獲量は少なめであり、見かけること自体が稀です。

ただ、夏場の方が数は多いような印象です。

そして、ニオイのきついコロダイも、夏場に多いように思います。あくまで僕の印象ですが。

コロダイの名前、食性、生息域

コロダイの名前は「葫蘆(ころ)」という言葉が由来だそうです。

葫蘆というのは、「猪の子供」のことを和歌山で「ころ」と呼ぶことから来ています。つまり「ウリ坊」のことですよね。

「コロダイ」という呼び名も、元々は同県での地方名でしたが、今では標準和名となっています。

冒頭でも書きましたが、コロダイの幼魚は横に走る縞模様がはっきりと出ていて、この縞模様が、ウリ坊(葫蘆)の瓜の模様にそっくりというわけですね。

コロダイがふだん海の中で何を食べているかというと、小さな甲殻類(エビ)やイカ、小魚などが主。

雑食とも言えるコロダイの食性を支える口はこんな感じ。

牙や歯らしい歯は、あまり発達していないようです。

甲殻類といっても、そこまでゴツくて硬いものは食べないのではないでしょうか。せいぜい小さなオキアミ類だと想像できます。

コロダイの生息域は、どちらかと言えば暖かい海で、北海道以南の津々浦々の漁港で水揚げされるようですが、西日本産のものが多い印象ですね。沿岸部に住む魚です。

岩礁域やサンゴ礁でよく見られ、釣りでは防波堤や砂浜からでも狙える魚なので、比較的に身近な魚と言えますが、漁獲量は少なめ。

また、関東よりは西日本でよく見ることができます。

コロダイを見かけたら積極的に食べてみよう!

スーパーなどで見かけることはほぼ無い魚で、切り身などでも見たことはありません。

海釣りや、旬の時期のお魚屋さんで探しましょう。

鮮度の持ちが良く扱いやすい魚であり、味も非常に良いのでモノが良ければ即買いの魚ですよ。

タイトルとURLをコピーしました