メイチダイ(目一鯛)のお値段は!?マイナー魚の市場価格の話【キロ単価800円は破格!】

市場のお魚たち

メイチダイ(目一鯛)という珍しい魚を購入。

漁獲量が少なく、料理界でもマイナーな部類です。

大型のもの(1Kgを超える)は高級魚扱いとなって値段は高めで安定。

関東の市場で、キロ単価は2000円〜3000円前後でしょうか。ただし様々な理由で価格は上がったり下がったりします。

中型のサイズは割と手頃に入手でき、加えてとても味の良い魚なのでけっこう人気度高めの魚という印象ですね。

今回、そんな珍しくて人気のメイチダイを、

キロ/800円

という、お値打ち価格でゲットしました。

鮮度もそこまで悪くなかったし、お得なことってあるものですね。

ということで、今回はメイチダイについて紹介する記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

メイチダイの値段は?キロ単価の市場価格を紹介

メイチダイの旬は、夏から秋。

夏の終わり頃に市場で見かけることがある魚で、年中買える魚ではありません。

刺身で美味しいので、活け締めだと結構な値段で売られており、高級魚扱いです。

だいたい、キロ単価2000円〜3000円で売られていることが多いです。

メイチダイ、なんといっても特徴はその名前でしょう。一体どんな由来を持つ名前なのでしょうか。

その答えはこの顔!

メイチダイの名前の由来

上の写真をよく見ると、目の上に一筋の黒い模様が縦に走っています。分かりますかね。すごく単純ですが、これが名前の由来だと言われています。

目の上に一本の筋が入った魚だから、メイチダイ(目一鯛)

ただこの筋は、成長と共に消えてしまうんだそうです。また、死後に鮮度が著しく悪くなったものも消えてしまいます。今回僕が仕入れてきたヤツはちょっとボヤけてる気がしますね。さらに鮮度が良いものはもっとはっきりとしているのでしょう。

メイチダイは鱗(ウロコ)が美しい魚

そして、メイチダイはウロコがとても綺麗な魚です。

形、大きさ、美しい比率ではないでしょうか。ちょっと小ぶりなところが上品です。そして色味が少し虹色に見えるのも綺麗ですよね。

脂がのっててオイシイ!

刺身で食べて非常に美味な魚でもあるメイチダイ。

見た目と名前から、マダイのようなあっさりとした脂を想像しますが、実際はもっと濃厚です。

今回僕が安く手に入れたものを捌いてみると、身に透明感は無く白濁した感じでした。理由は脂が乗っているからで、処理するのに使った包丁がベタベタになるほど。

メイチダイは”目”が臭い!

メイチダイは、目の付近に独特の臭みがあると言われているそうです。

僕が買ったコイツのニオイは!?

確かに独特の匂いを感じました(目から発するニオイかどうかはわかりませんが)。それは磯の香りというより、脂の匂い(ワックス臭)のように僕は感じられ、決して不快な匂いではなかったですけど。

個体差、鮮度の問題かもしれませんね。もしかしたら鮮度が良い方が逆にニオイが臭いのかも。

“鯛”じゃないけど「タイ」

いわゆる「肖り鯛(あやかりたい)」の魚です。名前に「鯛」と入っているけど、マダイ(真鯛)などと同じタイ科ではないんです。フエフキダイと同じ科(フエフキダイ科)に属しているんですね。

この「肖り鯛」って、メイチダイだけでなく日本中にたくさん居ます。たいてい〇〇鯛って呼ばれている魚は実はタイ科じゃないですよ。

メイチダイの値段はそこそこ高い!

僕はこの魚を知らなくて触るのも初めてでした。

まだまだ他にもいろんな魚がいると思うとワクワクしますね。市場に行くと、そんな初めて見る魚に出会えるので楽しいですよ。早起きの仕事で一つのモチベーションになっています。

ということで、今回はメイチダイのお話でした。また珍しい魚を仕入れたら紹介していきます!

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました