おいしい魚「ヤマトカマス」のカマス(叺)って何?意味を調べて考えたこと

市場のお魚たち

紅葉の秋に旬を迎える魚「カマス」のお話です。

上の写真は正確には「ヤマトカマス(大和叺)」という種で、単に「カマス」と言ったら普通はこのヤマトカマスのことを指します。

見た目と旬が秋という特徴から、カマスのことを秋刀魚(サンマ)と勘違いする人もいるかもしれませんね。

もしくは、さすがにサンマと見間違うことはなくても、サンマの親戚みたいなものだろうと考える人はいるのでは?

確かにシルエットはよく似ていますが、カマスは白身魚。スズキ目サバ亜目カマス科に属していて、サンマとは全く別物です(サンマはダツ目ダツ上科サンマ科)。

そんなカマスの名前の意味は、「叺(かます)」という大昔の道具袋の呼び名が由来となっています(ただし「梭子魚」と書く場合もある)。

という袋はその昔、藁(ワラ)で作ったもののことを指していましたが、時代とともに麻を使ったミシン縫いの袋も叺と呼ばれるようになったとか。

ともあれ、叺という袋に似ているという理由がカマスの名前の由来なのです。

(しかし魚のカマスの姿からは想像しにくいと思うのは僕だけではないはず。)

今回は、そんなカマスの名前について考えてみました。

スポンサーリンク

おいしい魚「カマス」の意味(「叺」という”袋”が由来)

さて、冒頭で書いた通りカマスの名前の意味は「叺(かます)」という道具袋のこと。

どんなものか説明すると、長方形の筵(むしろ)を折って袋状にした、色々な物を収納するために昔の人が作った道具です。

筵(むしろ)ってのはこんなやつ↓

筵(むしろ)を、袋状にしたものがこちら↓

これが叺(かます)です

口が上の袋のように大きく開くので、この魚をカマスと呼ぶようになったとする説が有力だそうです。

なるほど。

カマスの口は本当に「叺」なの?

しかし、カマスが叺と呼ばれる袋のようだと言いますが、本当にカマスの口って大きく開くのでしょうか。

こじ開けてみました。

・・・微妙!

もっとバカみたいに口を大きく開ける魚ってたくさんいると思うのですけどね。

「カマス = 袋の叺(かます)」って説は大目に見てもちょっと無理があるのでは??

「カマス」という名前が持つストーリーは、もっと別のものがあるのではないでしょうか。

「馴染みの道具として使われていた」説

名前の由来となった叺(かます)という袋状の道具は、昔、水産関係の仕事で良く使われていたらしいです。

ひょっとして、魚の口の大きさ云々というより、馴染みのある道具としての名前が付けられたパターンなのではないのかな?

大量に取れた魚(カマス)を入れる袋が「叺」だった、とか・・・。

カマスの見た目が似ているって根拠よりは説得力があるのではないでしょうか。

「噛む、食らわせる、やっつける」の「かます(咬ます)」ではないか

もう一つ可能性があります。

「しょうもないボケをかます」とかで使われる「カマス」じゃないですかね。

要するに「ツッこむ」とか「叩く、食らわせる」等のニュアンスではないかと。「ぶちかます」とか分かりやすいでしょうか。

というのも、この後詳しく書きますが、カマスという魚は攻撃的な性格の種が多いようです。

もしかしたらその昔、漁のときに「かまされた」人がいたのではないでしょうか

「梭子魚」の話

さて、「カマス」の呼び名の由来はいったん脇に置いといて、ここではカマスの別の呼び名を紹介しましょう。

記事の冒頭でも書きましたが、「梭子魚」と書いて「カマス」と読みます。

ところが、これ実は当て字で、もともとは「さしぎょ」と読むそう。

意味は、江戸時代の機織の横糸「梭(さ)」に似ていたから。

「梭(さ)」と聞いても全く想像できませんね。

googleで画像検索すればたくさん出てくるのですが、「梭(さ)」とは、細長いひし形の部品で、確かにカマスという魚にとても良く似ており、由来としては非常に説得力はあると感じました。

カマスの生態からヒントを探してみた

カマスの生態を調べて、由来に関する情報がないか調べてみましょう。

最初にもちらっと書きましたが、旬は初秋。あと実は春にも旬が来ます。2度美味しい魚です。

体長はそれほど大きくありません。せいぜい30㎝を少し超えるくらいです。群れを成して主に沿岸域を活発に泳ぎ回ります。そして魚食性。イワシなどの魚を貪欲に食します。

泳ぎは得意なようです。

バラクーダの話

さて、カマスの近縁種も調べてみました。

同じ「カマス科カマス属」に「オニカマス」という、とんでもないバケモノ魚がいます。

体長が2メートルを超え、積極的にヒトを襲う魚として知られているそうです・・。

デカい上にめちゃくちゃ泳ぎも速く、特に熱帯の海では実際に被害が報告されており、サメと同様に気をつけなければならない魚だそうです。

さらに、このオニカマスは「シガテラ毒」という毒素を体に持っていることがあるらしく、「食べてはいけない魚」としても広く知られています。

そして、カマスの英名は「バラクーダ(Barracudas)」となります。

「バラクーダ」という名前の雰囲気は、オニカマスのモンスターぶりにピッタリな気がしますね。実際、「バラクーダ」の名前を冠した戦闘機や魚雷などが存在したそうです。

カマスの名前はやはり「ぶちかます」が由来では?

オニカマスやバラクーダの話からも分かるように、カマスと呼ばれる種は総じて攻撃性が高いということが言えます。

つまり、何が言いたいかといえば、やっぱり「カマス = 咬ます」なのでは??

タイトルとURLをコピーしました