珍しい果実「ヤマモモ(山桃)」の味は?食べ方や花言葉の紹介

食材ネタ

「ヤマモモ(山桃)の実」をご存知でしょうか。

ヤマモモというのは、「山桜桃(ユスラウメ、ユスラと読む)」や「火実(読み方不明 [ひみ]?)」の別名でも呼ばれる低木のこと。または、その木になる果実の呼び名です。

日本にも古くからある植物ですが、中国産が有名で樹齢千年に及ぶ古木も存在するとか。

暖かい地域に多く、山などに自生したり庭木にされたりして、割と地域密着型というか意外に馴染みのある植物だったりします。

ヤマモモの実を一体どうするかとういうと、食べます。一般的な食材として利用される果実なのですね。

ちなみにそのまま食べた味について、個人的にはそこそこイケるレベルかと思いました。

ふだん食べるには一般的なフルーツの方が好みだけど、「山で遭難して3日目くらいで目の前にヤマモモの木が現れたら確実にテンション上がる」くらいの食べ物と言えば伝わるでしょうか。伝わりづらいですかね。

今回は、このヤマモモ(山桃)の実をどうしたものかと色々調べた内容を共有します。加えてうんちく情報も少し紹介していきますよ。

スポンサーリンク

ヤマモモ(山桃)の味は??食べ方紹介

ヤマモモは「山の桃」と書きますが、見た目は似てませんし味もちょっと違う感じ。

「桃」って名前だけど普通の桃(白桃とか)の味が100点なら、ヤマモモは72点くらいでしょうか。

酸味、甘みとも両方強く、割合で言うと「酸味6:甘み4」もしくは「5:5」くらいで、意外に甘く、まぁまぁ美味しいです。

「桃」特有の優しくて爽やかな風味は一切なく、「野性味」とでも言うような青臭さっぽいものが感じられ、まさに「山」を想起させる果実と言えるでしょう。

それもそのはず、名前こそ同じ「桃」だけど、ヤマモモと桃は生物学的に遠くかけ離れた植物なのですね。

  • 「桃」はバラ目バラ科
  • 「山桃」はブナ目ヤマモモ科

とは言え、ヤマモモには種が真ん中に大きく一つ入っており、その点は桃に似ていますかね。小ささの割に可食部が少ないと言うのはマイナスポイントになるでしょうか。

ヤマモモの食べ方のバリエーションを考えてみました。

ヤマモモ(山桃)ジャム

ヤマモモは甘みも酸味も強いのでジャムにピッタリだと思います。

独特のワイルドな風味はきっと手作り感を演出してくれますよ(ポジティブに考えれば)。青臭いといっても野菜のような主張はしてこないので、拒否反応を示す人は少ないのではないかと思われます。

ただ、種が問題。処理が非常に面倒だと感じました。フレッシュの状態では、身離れが悪そうです(つまり取りづらい)。

小さくて可愛いけど種は大きく取りづらい

そこで考えたのは、種のまま火を入れてしまって、そのまま裏漉し(その時に種も除外される)すれば良いのでは?と。あくまで想像なので、今度実践してみます。

ヤマモモ(山桃)酒

梅酒を作るのとほぼ同じ手順ですね。漢名では「楊梅(ようばい、ヤンメイ)」と呼ばれるので、あながち梅と似た加工法が多いのかもしれません。

こちらのサイトで、作り方を詳しく確認できます。

焼酎を使うようです。浸けた後の山桃の実は、アルコールを飛ばせばジャムなどに再利用できて一石二鳥です。

保存も効くし、作り方も単なので、まずは山桃酒を作ってみると良いかもしれませんよ。

シロップとジュース

ヤマモモシロップは「砂糖」とヤマモモの実だけで作れて究極的に簡単です。

よく洗ったヤマモモと、同じ重量の砂糖(または3分の2くらい)を瓶の中で混ぜるだけ。10日も放置すれば、砂糖が溶けてヤマモモの風味をプラスしたシロップの完成です。

薄めてジュースに、お酒に、実を潰してドレッシングやヨーグルトに混ぜて食べたり、様々な用途に使えて便利ですよ。

さらに、シロップを薄めてジュースが作れます。炭酸で割っても良いですし、牛乳でも。好みの割合で作ることができるし、栄養満点ですね。

ちなみに、ヤマモモの実ができるのは、伊豆高原地区が最北端だそう。

伊豆高原の伊豆急行線では、やまももドリンクが自販機で売られているそうです。これは興味深い!

伊豆高原地区が実のなる最北端と言われているため、伊豆急行線の各駅では自動販売機で「やまももドリンク」というヤマモモの清涼飲料水が売られている。

wikipediaより

ヤマモモの木、加工品を通販で一挙紹介!

紹介したジャムやシロップなど、通販でも買えるので紹介しておきます。

土佐の果物 香るジャム

万大醸造 やまもも酒(720ml)

業務用シロップ浸け

ヤマモモの苗木も販売されてます!

実を付けたいのならば当然、雄木(オス)と雌木(メス)を両方植える必要があります。

しかし、実を付けてしまうと下に落ちて汚れるとか、鳥や虫が湧くとか、むしろ観賞用だけってことなら雄木だけでも良いでしょう。

ヤマモモとは?特殊な利用法や花言葉を紹介

最後に、ヤマモモの”うんちく”を少し紹介しておきます。

ヤマモモと海水魚”シイラ”の関係

以前紹介したシイラというコワモテの海水魚。高知などで行われている「シイラ漬漁業」と呼ばれる漁では、ヤマモモの葉付きの枝を利用するそうです(詳しくはこちら)。

シイラは浮遊物に群がってくるという習性がありますが、まさにその習性を利用した漁法で、なぜヤマモモの枝かといえば、葉が取れ難いため。また、それだけヤマモモの木が身近な存在ということかもしれません。シイラも暖かい地方に住む魚ですし共通項はありそうですよね。

それにしても自然のものを使うという発想は、「シイラ漬漁業」が古来より続く漁法だということが伺えますね。

ヤマモモの効能と”花言葉”

ヤマモモの実にはブドウ糖とクエン酸が多く含まれていて、ブドウ糖は体を動かすエネルギーに、クエン酸は「糖」のエネルギー変換を助けたり、カルシウムやマグネシウムを吸収する補助的な役割も持ちます。

そして、実の濃い赤色は「アントシアニン」。ポリフェノールの一種で、平たく言えば疲労回復に役立ちます。

さらに!ヤマモモの樹皮は下痢止めなどの効能を持つ生薬にも加工されるとか。

まさに山で遭難した際に見つけたらありがたい食べ物と言えそうですね。

そんなヤマモモの花言葉は「教訓」、「一途」、「ただ一人を愛する」です。

見た目の色のゴージャスさや小粒な可愛さを良い意味で裏切るような素敵な花言葉ですね。

タイトルとURLをコピーしました