スルメイカにいる寄生虫とイカの独特な体の構造を紹介!

スルメイカ市場のお魚たち

魚介類の”イカ”について、寄生虫の話や不思議な身体の構造の話をしていきます。

記事冒頭の写真は「スルメイカ」という種類のイカで、今回はお魚屋さんで買ってきたこのスルメイカを使って話を進めていきたいと思います。

スルメイカって、日本における消費量を見るとイカ類どころか魚やエビ、貝を含めた魚介類の中で一番なのだとか。

食材としてどう消費されるかと言えば加工品が多いでしょうが、スルメイカの刺身も我々日本人にとっては無くてはならない料理と言えます。

しかし、刺身などの生食は寄生虫による食中毒の危険が知られており、注意すべきポイントがいくつかありますので、このあと詳しく解説していきます。

さらにイカの身体は、見れば見るほど不思議な構造をしています。

他の魚介類と一線を画す画期的(!?)な、身体の造りも紹介していきますよ。

スポンサーリンク

スルメイカにいる寄生虫2種を紹介!

スルメイカのイメージって、干物の「するめ」のイメージが強い人が多いかもしれません。

干物の食感に引っ張られて、「硬そうなイカ」と思われがちですが、それは全くの誤解です。新鮮な刺身で味わえるイカ類に独特の食感はスルメイカも同じ。

しかし、記事冒頭で書いたように、注意すべきなのが寄生虫による食中毒です。

具体的に言えば「アニサキス」。ホッケの記事でも登場したヤツですね。

イカの寄生虫①:アニサキス

どんな寄生虫か、動画を用意しました。

動画ではホッケの身に潜んでいましたが、イカ場合も同様です。イカの場合はサイズがもう少し小さいかも。

アニサキスに寄生されたイカを生食すると、運が悪ければ典型的な食中毒の症状に見舞われるでしょう。

  • 激しい腹痛、悪心、嘔吐、
  • 下痢、下腹部痛、腹膜炎症状
  • 血圧低下、呼吸不全、意識消失

お医者さんに直行してください。

アニサキス症の予防策としては、

  • 冷凍する(-20℃以下で24時間以上)
  • 加熱する(60℃以上で1分以上)
  • 切り刻む

「切り刻む」って意外と知られていないけど、アニサキスはとても小さいながら肉眼で確認できる程度のサイズの生き物なので、物理的に体を切断すれば死滅します。そのため、「単によく噛んで食べる」という予防策も時に語られるほど。

刺身で「イカそうめん」にして食べたり身に格子状の細かい切れ目を入れるのは、イカの身の中に潜むアニサキスを切り刻む目的もあります。

イカの寄生虫②:ニベリニア

お次は「ニベリニア」。アニサキスと違って人間には無害な寄生虫です。

今回のスルメイカにも寄生していたので写真を撮っておきました。

イカのどこに寄生するかと言えば、どこにでも吸着しています。上の写真は、スルメイカの外套部の裏側に張り付いていました。

小さくて一見ゴミのようですが、手で払ったり水で洗い落としても取れない場合、ニベリニアである可能性は高いですよ。

気になる人体への影響は、ありません。

極端な話、生きているニベリニアをそのまま口に放り込んでも大丈夫です。

とはいえ、見た目が悪いので取り除いた方が良いでしょう。

食べ物は見た目も重要ですからね。

スルメイカで見る「イカ」の特殊な生態

さて、イカのおもしろい特徴や身体の部位、解体方法を見ていきましょう。

斬新な泳ぎ方「噴射型」

イカの体には「漏斗(ろうと)」と呼ばれるホースの先端のような部位があります。下の写真の赤丸の部分。

何とここから海水を吐き出してロケット噴射のような原理で前に進みます。面白いですねぇ。

漏斗には他にも外敵の目を眩ませる墨を吐き出す「口」にも使われます。ちなみに、食べ物を食べる「口」とは別です。

腕の数は10本

ご覧の通りです。

上の写真で左右の一番はしっこにひときわ長い腕を出してますが、これは触腕という、獲物を捕まえる等の時によく使われる長くて大きめの腕です。吸盤も他に比べでかい。

↑この通り

ちなみに、吸盤の先端には、ネジ部品のパッキンとかワッシャーのような、硬めの輪っかがついています。

エンペラ

ちょうど矢印の先っちょのような部位をこう呼びます。「ミミ」とも。

こちらはエンペラを裏から見たところ

エンペラの役割は、魚で言うところの「鰭(ヒレ)」に相当します。

つまり泳いでいる時に体を安定させたり、方向転換したりする役目。

実際に泳いでいるところを見るとウネウネと波打つような動作をしていて一目瞭然です。ゆっくり移動する時の推進器官としての役目もあるようです。

なお、なぜ「エンペラ」と呼ばれるか。それは「エンペラー(皇帝)」から来ているという説が有力みたいですよ。

ナポレオンの帽子に形が似ているからだとか。諸説あるそうですけどね。

イカの目

摩訶不思議な腕やエンペラとは逆に、「目」はちゃんとしてます。

↑「目」らしい「目」すぎて、かえって不釣り合いな感じがするのは僕だけでしょうか。

スルメイカの場合は目が薄い膜で覆われています。

外套の外し方

イカの胴体の部分を外套と言います。

これは引っ張るだけで楽にカパっと外せます。

まさに人間が外套(コート)を脱ぐように簡単。

外套の中にはイカの大事な器官がたくさん入っていて、呼吸をするエラもあり、外套から取り込んだ海水を先ほど書いた「漏斗」から吐き出すという仕組みになっています。

外套の中に「肝」と「墨袋」がある

外套の中に入っているのが肝と墨袋です。

塩辛や墨煮などに使われる大事な部分。

墨袋は破ってしまうと想像以上に真っ黒になるので注意が必要です。

墨袋は、肝を覆っている膜に張り付いていますが、下の写真のように指で引っ張って剥がします。

ちなみに、外套の裏には何やら人工的なプラスチックのパーツのようなものが張り付いていまして・・。

これは軟骨で、貝殻の退化したものなんだとか。

太古の昔イカの祖先はアンモナイトのような生物だったのでしょうね。

イカの口はどうなっている?

腕の付け根の真ん中に口があります。

下の画像で真ん中の黒くなっているところが口です。

この口をもう少し細かく見ていきましょう。

イカの口には「顎板」があります。つまり、人間と同じように大きな食べ物を噛み切ることができるのです。腕も合わせて使えば、大きな獲物だって捕食することができるのですね。

こんな感じです↓

これは口の部分から飛び出ている状態です。鳥のくちばしのようですね。

↓別の角度から

実際、くちばしのように硬いです。カラストンビなどと言う通称があるようですね。

スルメイカは寄生虫に注意して美味しく食べよう!

「アニサキス」には要注意です。加熱すれば問題ありませんが生食はよく確認しましょう。

ただしもう一方の寄生虫「ニベリニア」は無害なので大丈夫。見栄えはよくないので取り除きましょうね。

スルメイカは特に日本の食卓に欠かせない海産物です。イカの生態などのあれこれを知っていれば、食事中の会話にも困らないんじゃなイカ??

タイトルとURLをコピーしました